Top > Search of Japanese Patents > CELL STRUCTURE FOR CUSHION AND CUSHION

CELL STRUCTURE FOR CUSHION AND CUSHION

Patent code P07A010049
File No. 2004-036
Posted date Jun 22, 2007
Application number P2005-121040
Publication number P2006-296640A
Patent number P4538652
Date of filing Apr 19, 2005
Date of publication of application Nov 2, 2006
Date of registration Jul 2, 2010
Inventor
  • (In Japanese)▲高▼橋 洋子
  • (In Japanese)永井 清
Applicant
  • (In Japanese)学校法人立命館
Title CELL STRUCTURE FOR CUSHION AND CUSHION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cushion capable of preventing the development of compression disorder in the buttocks caused by keeping a sitting posture for a long period of time.
SOLUTION: This cushion is provided with a plurality of cell structure bodies 1 as a cushion material. The cell structure body 1 is provided with an inside cell 2 filled with air, and an outside cell storing the inside cell 2 and filled with gel. These cell structures 1 can disperse the body pressure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般的な車椅子は折りたたみが可能となるように、座面がシート(布)により構成されている。このような座面を有する車椅子に長時間座り続けると、臀部の血行が阻害されたり、しびれたり、ひどい場合には、褥そうの原因になるという問題点がある。このような圧迫障害は、特に臀部の座骨部分において体圧が過度に作用するために発生する。従って、座った際に体圧を分散させることのできるクッションが種々提案されており、従来知られているものとしては次のようなものがある。例えば、大きな1つの袋部材に空気が充填されたクッションや、大きな1つの袋部材にゲルが充填されたクッション(例えば特許文献1)がある。なお、このような圧迫障害は車椅子における座面部分以外にも、ベッドにおいて、腰部など大きな体圧が作用する部分にも生ずるおそれがあり、このような部分においてもクッションが設けられている。



【特許文献1】
特開平9-154672号公報(図3)

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、クッション材として用いられるセル構造体、及び、これを用いたクッションに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
袋状のカバー部材及び前記カバー部材内に入れられた複数のクッション材を備えているクッションの、前記カバー部材内に入れられて前記クッション材として用いられるクッション用セル構造体であって、
空気が充填されている内部セルと、この内部セルを収容していると共にゲルが充填されクッション用セル構造体の外殻となる変形自在な外部セルと、を備え
前記内部セルは、空気が充填されていることにより前記外部セルの形状を保持する保形機能を有した芯部材として、前記外部セル内に存在していることを特徴とするクッション用セル構造体。

【請求項2】
 
前記外部セルは前記内部セルと前記ゲルとを封入している変形自在な外部袋部材を有し、この外部袋部材の外周側に、当該外部袋部材よりも表面の摩擦抵抗が小さい外周部材が設けられている請求項1に記載のクッション用セル構造体。

【請求項3】
 
前記ゲルは遠赤外線放射材と共に前記外部セルに充填されている請求項1又は2に記載のクッション用セル構造体。

【請求項4】
 
前記外部セルの内部に前記内部セルが2個以上収容されている請求項1~3のいずれか一項に記載のクッション用セル構造体。

【請求項5】
 
袋状のカバー部材と、前記カバー部材内にクッション材として複数入れられたセル構造体と、を備えているクッションであって、
前記セル構造体は、空気が充填されている内部セルと、この内部セルを収容していると共にゲルが充填され当該セル構造体の外殻となる変形自在な外部セルと、を備え、
前記内部セルは、空気が充填されていることにより前記外部セルの形状を保持する保形機能を有した芯部材として、前記外部セル内に存在しており、
前記袋状のカバー部材内に複数の前記セル構造体が入れられていることによって、各々が独立している前記セル構造体一体となるように纏められていることを特徴とするクッション。

【請求項6】
 
前記セル構造体は少なくとも2種類のものからなる請求項5に記載のクッション。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005121040thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close