Top > Search of Japanese Patents > MEDICAL DEVICE FOR INTERIOR OF BODY

MEDICAL DEVICE FOR INTERIOR OF BODY meetings

Patent code P07A010058
File No. 2005-015
Posted date Jun 22, 2007
Application number P2005-310200
Publication number P2007-117188A
Patent number P4487050
Date of filing Oct 25, 2005
Date of publication of application May 17, 2007
Date of registration Apr 9, 2010
Inventor
  • (In Japanese)小西 聡
Applicant
  • (In Japanese)学校法人立命館
Title MEDICAL DEVICE FOR INTERIOR OF BODY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a medical device for the interior of the body which can position a part to be diagnosed and treated relative to a functional element to perform diagnosis and treatment.
SOLUTION: The medical device for the interior of the body has the functional element 1 for the diagnosis and treatment and a fixing means 2 which is integrally formed with this functional element 1 and enables the functional element 1 to be mounted on a tissue by being fixed to the inside tissue from the body wall. The fixing means 2 has a suction section 7 which is fixed to the tissue by suction.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、体腔内に内視鏡を挿入して、臓器などの組織の診断・治療(手術)が行われている。内視鏡による治療は、患者の体外から体内に予めオーバーチューブを挿入しておき、このオーバーチューブに内視鏡の挿入部を挿入し、例えばこの挿入部の先端部に存在する高周波メスなどの切開具によって臓器に生じた病変部を切除することで行われている。従来ではこの切除の際、鋭利な先端形状を有するクリップによって病変部及びその周辺部を把持するため、不必要に傷をつけてしまうおそれがある。
そこで、例えば特許文献1のように、患者体内の組織における病変部を治療する際、病変部及びその周辺を不必要に傷つけてしまうのを防ぐために、吸引により病変部を保持する保持部材が提案されている。



【特許文献1】
特開2005-28006号公報(図7~図10)

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、患者の体壁から内側の組織に対して診断・治療を行う体内用医療装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
診断と治療の少なくとも一方のための機能エレメントと、
この機能エレメントと一体とされ、体壁から内側の組織に対して固定させて当該機能エレメントを当該組織に装着させかつ当該組織に対して固定解除させて当該機能エレメントを当該組織に装着解除させる複数の固定手段と、
前記複数の固定手段を繋いでいると共に伸縮動作することで当該複数の固定手段同士の相対位置を変化させる可動手段と、を備え、
前記可動手段は、前記複数の固定手段のうちの一部を前記組織に対して固定し、かつ、当該複数の固定手段のうちの残りを前記組織に対して固定解除した状態で、伸縮動作することにより、固定解除した前記固定手段の位置を前記機能エレメントと共に変化させることによって前記組織に対する当該機能エレメントの位置を変更する伸縮アクチュエータを有しており、
前記機能エレメントは、柔軟性のある弾性素材からなる本体部内に設けられており、前記本体部のうち、前記機能エレメントを挟んで前記組織側と反対側の部分に、気体が供給されることで膨張する空間部が形成されていることを特徴とする体内用医療装置。

【請求項2】
 
前記機能エレメントの前記組織上での位置を検出させるための検出手段をさらに備えている請求項1に記載の体内用医療装置。

【請求項3】
 
前記機能エレメントと前記固定手段との相対角度を変更させるために曲がり運動が生じる関節部を有している請求項1又は2に記載の体内用医療装置。

【請求項4】
 
前記固定手段は吸引により前記組織に固定させる吸引部を有している請求項1~3のいずれか一項に記載の体内用医療装置。

【請求項5】
 
前記吸引部は、前記組織に接触させる膜部材と、この膜部材との間で空間部を形成している本体部とを有し、前記吸引部は、前記空間部が吸引されて前記膜部材を介して前記組織に吸着する請求項4に記載の体内用医療装置。

【請求項6】
 
前記機能エレメント及び前記固定手段が先端部に取り付けられているとともに体外から体内へ挿入させる挿入補助器具をさらに備えている請求項1~5のいずれか一項に記載の体内用医療装置。

【請求項7】
 
前記機能エレメント及び前記固定手段は前記挿入補助器具から取り外し可能とされている請求項6に記載の体内用医療装置。

【請求項8】
 
前記機能エレメントは前記組織の状態を診断するセンサを有している請求項1~7のいずれか一項に記載の体内用医療装置。

【請求項9】
 
前記機能エレメントは前記組織に対して治療を行う医術デバイスを有している請求項1~8のいずれか一項に記載の体内用医療装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005310200thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close