Top > Search of Japanese Patents > DATA STORAGE DEVICE, DATA RETRIEVAL DEVICE, DATA REPRODUCTION DEVICE, DATA RETRIEVAL PROGRAM

DATA STORAGE DEVICE, DATA RETRIEVAL DEVICE, DATA REPRODUCTION DEVICE, DATA RETRIEVAL PROGRAM

Patent code P07P005176
Posted date Jun 29, 2007
Application number P2005-356985
Publication number P2006-313524A
Patent number P4792576
Date of filing Dec 9, 2005
Date of publication of application Nov 16, 2006
Date of registration Aug 5, 2011
Priority data
  • P2005-111301 (Apr 7, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)石井 光雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title DATA STORAGE DEVICE, DATA RETRIEVAL DEVICE, DATA REPRODUCTION DEVICE, DATA RETRIEVAL PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To associate content data with the address where the content data is stored in data storage.
SOLUTION: A memory system 1 comprises a convolution arithmetic section 22 for convoluting a first data row inputted through an input part 10 in a first real number value by function operation based on a chaos dynamical system function, and a controller 20 that associates the first real number value with a data storage position of a storage section 30 and stores the associated data associated with the first data row at the data storage position.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、半導体メモリや各種の記録媒体から構成されるとともに、データを記憶するデータ記憶装置ないしデータベースが利用されている。



特にデータ記憶装置として半導体メモリを用いるものが広く知られている。このような半導体メモリは、通常、固有のメモリアドレスによって指定される記憶単位としてのメモリセル、このメモリセルの集合からなる広大な記憶領域としてのメモリ空間を有している。



上記のメモリセルないしメモリ空間について、半導体メモリの一種であるDRAM(Dynamic Random Access Memory)を例に挙げて説明する。DRAMは、その内部に規格に応じた所定のビット数に応じた数のコンデンサを内蔵している。そして、DRAMは、各コンデンサに電荷を蓄えることによって、各コンデンサに1ビットのデータを記憶し、各コンデンサに蓄積した電荷が時間と共に減衰しないように、定期的な増幅を行うことによってその記憶内容を保持している。このようなDRAMでは、上記の各コンデンサが記憶単位としてのメモリセルに相当するものであって、これら各メモリセルおよびそのメモリ空間上の位置は固有の番号(メモリアドレス)によって指定される。



このようなメモリに記憶されたデータを利用して、入力された画像データや音声データをパターン認識処理する場合、認識すべき画像データや音声データを、既にメモリに記憶されている複数の画像データや音声データ(既知パターンデータ)とを対比することによって、認識対象データがいずれの既知パターンデータと一致ないし近似するかを判定することになる。



例えば、二次元画像の画像データをパターン認識処理する場合、通常、次の手順が採用される。まず、認識対象となる二次元画像の画像データから、その二次元画像に含まれるパターンを特徴づける特徴量、すなわち、画像の色や形状をあらわす情報や画像に含まれる線分の長さ、傾き、太さなどをあらわす情報を好ましくは複数抽出する。同様に、既知パターンデータとしてメモリに記憶されている各画像データについても上記の特徴量を抽出する。そして、認識対象データと既知パターンデータとの間で、各特徴量ないしこれらの組み合わせを対比することによって、複数の既知パターンデータの中から認識対象データと最も特徴量の近い既知パターンデータを特定し、特定された既知パターンデータが認識対象データの認識結果とされる。
【特許文献1】
特開平5-144276(1993年6月11日公開)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、画像データ、音声データ、音楽データ等のコンテンツデータまたはそのリンク情報等を記録するデータ記憶装置、このデータ記憶装置を用いるデータ検索装置およびデータ再生装置、データ検索プログラムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
データを記憶する記憶部と、
外部から入力された第1のデータ列をカオス力学系関数に基づく関数演算によって第1の実数値に畳み込む第1の畳み込み演算部と、
上記第1の実数値を上記記憶部のデータ格納位置に対応づけ、上記第1のデータ列に関連づけられた関連づけデータを上記データ格納位置に格納する格納制御部とを備えることを特徴とするデータ記憶装置。

【請求項2】
 
上記カオス力学系関数は単峰関数であることを特徴とする請求項1に記載のデータ記憶装置。

【請求項3】
 
上記第1の実数値は0より大きく1未満の範囲内であることを特徴とする請求項1または2に記載のデータ記憶装置。

【請求項4】
 
上記第1のデータは複数ビットで構成されることを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載のデータ記憶装置。

【請求項5】
 
上記記憶部に上記第1のデータ列が格納されることを特徴とする請求項1ないし4のいずれか1項に記載のデータ記憶装置。

【請求項6】
 
上記記憶部は半導体メモリからなっており、
上記制御部は、上記第1の実数値を上記半導体メモリのメモリアドレスに対応づけることを特徴とする請求項1ないし5のいずれか1項のデータ記憶装置。

【請求項7】
 
請求項1ないし6のいずれか1項のデータ記憶装置を用いるデータ検索装置であって、
外部から入力された第2のデータ列を上記カオス力学系関数に基づく関数演算によって第2の実数値に畳み込む第2の畳み込み演算部と、
上記第2の実数値を上記記憶部のデータ格納位置に対応づけ、該データ格納位置に格納されたデータに基づいて、上記第2のデータ列に対応するデータを特定する検索制御部とを備えることを特徴とするデータ検索装置。

【請求項8】
 
上記第1のデータ列および第2のデータ列は、画像データであることを特徴とする請求項7に記載のデータ検索装置。

【請求項9】
 
上記第1のデータ列および第2のデータ列は、画像データの少なくとも一部の画像領域から抽出された特徴を示す特徴量を含むことを特徴とする請求項7に記載のデータ検索装置。

【請求項10】
 
上記第1のデータ列および/または第2のデータ列は、上記特徴量を複数含むとともに、
上記第1の畳み込み演算部および/または第2の畳み込み演算部は、上記カオス力学系関数に基づく関数演算において、画像データの狭い画像領域から抽出された特徴量から、画像データの広い画像領域から抽出された特徴量の順に、上記第1のデータ列および/または第2のデータ列を実数値に畳み込むことを特徴とする請求項9に記載のデータ検索装置。

【請求項11】
 
上記第1のデータ列および/または第2のデータ列は、上記特徴量として、画像データの少なくとも一部の符号化処理によって得られた複数次数の周波数成分を含むとともに、
上記第1の畳み込み演算部および/または第2の畳み込み演算部は、上記カオス力学系関数に基づく関数演算において、低次の周波数成分の特徴量から高次の周波数成分の特徴量の順に、上記第1のデータ列および/または第2のデータ列を実数値に畳み込むことを特徴とする請求項9または10に記載のデータ検索装置。

【請求項12】
 
上記第1のデータ列と第2のデータ列との少なくとも一方は、同じ配列が繰り返されていることを特徴とする請求項7ないし11のいずれか1項に記載のデータ検索装置。

【請求項13】
 
キーワードの入力を受け付けるキーワード入力部と、
画像内容を示す文字列情報と関連づけられた辞書画像データを複数格納する辞書画像データ格納部と、
上記辞書画像データ格納部に格納された複数の辞書画像データの中から、上記キーワード入力部にて受け付けられたキーワードと類似または一致する文字列情報と関連づけられた一の辞書画像データを特定する辞書画像特定部とを備え、
上記第2の畳み込み演算部は、上記辞書画像特定部にて特定された一の辞書画像データを、上記第2のデータ列として第2の実数値に畳み込むとともに、
上記検索制御部は、上記第2の実数値を上記記憶部のデータ格納位置に対応づけ、該データ格納位置に格納されたデータに基づいて、上記キーワードに対応する画像データを特定することを特徴とする請求項7ないし12のいずれか1項に記載のデータ検索装置。

【請求項14】
 
請求項1ないし6のいずれか1項のデータ記憶装置を用いるデータ再生装置であって、
上記第1の実数値に、上記カオス力学系関数の逆関数に基づく逆関数演算を施すことによって、上記第1のデータ列を再生するデータ再生部を備えることを特徴とするデータ再生装置。

【請求項15】
 
コンピュータを、
請求項7ないし12のいずれか1項に記載のデータ検索装置における、
上記第1の畳み込み演算部、上記格納制御部、上記第2の畳み込み演算部、および上記検索制御部として機能させることを特徴とするデータ検索プログラム。

【請求項16】
 
外部から入力された第1のデータ列をカオス力学系関数に基づく関数演算によって第1の実数値に畳み込む第1の畳み込み演算部と、
上記第1の実数値を記憶部のデータ格納位置に対応づけ、上記第1のデータ列に関連づけられた関連づけデータを上記データ格納位置に格納する格納制御部とを備えることを特徴とするデータ記憶装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005356985thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close