Top > Search of Japanese Patents > NEW BENZYL BENZOATE DERIVATIVE AND PHARMACEUTICAL

NEW BENZYL BENZOATE DERIVATIVE AND PHARMACEUTICAL

Patent code P07A010088
File No. NU-0156
Posted date Jul 6, 2007
Application number P2005-366790
Publication number P2007-169188A
Patent number P5200216
Date of filing Dec 20, 2005
Date of publication of application Jul 5, 2007
Date of registration Feb 22, 2013
Inventor
  • (In Japanese)上村 大輔
  • (In Japanese)北 将樹
  • (In Japanese)松本 漠
  • (In Japanese)諏佐 智之
  • (In Japanese)山田 薫
  • (In Japanese)矢澤 一良
  • (In Japanese)山口 宏二
  • (In Japanese)叶 茂
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title NEW BENZYL BENZOATE DERIVATIVE AND PHARMACEUTICAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pharmaceutical acting as an angiotensin II 1 type receptor antagonist, a calcium channel antagonist, or a hypotensive agent.
SOLUTION: The benzyl benzoate derivative represented by general formula (2) is suitable for the hypotensive agent. In the formula (2), R1-R10 are each independently selected from H, a halogen atom, a hydroxy group optionally having a protecting group, an amino group, a thiol group optionally having a protecting group, a nitro group, an acyl group, an alkoxycarbonyl group, a sulfo group and a hydrocarbon group. Provided that the case where all of the R1-R10 is H is excluded.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


レニン-アンジオテンシン系は、生体内における血圧、水分量、体内電解質バランスなどの恒常性調節系として重要な役割を持つ。主要な生理活性物質はアンジオテンシンIIである。



腎臓(傍糸球体)から分泌されるレニン(1種のたんぱく質分解酵素)は肝臓で生成されるレニン基質からアンジオテンシンI(前駆体デカペプチド)を生成する。その後、アンジオテンシンIはアンジオテンシン変換酵素(ACE)により強力な昇圧作用を有するアンジオテンシンII(オクタペプチド)に変換される。



アンジオテンシンIIの昇圧機序は末梢血管平滑筋へ直接作用するとともに血管運動中枢を介して中枢性にも作用する。また、バソプレッシン分泌作用や、より低濃度におけるアルドステロン分泌作用も間接的に昇圧作用に結びつき、全身血圧の上昇をきたすと考えられる。



アンジオテンシンIIは細胞膜上のアンジオテンシンII受容体、特に1型(AT1)を介して血管収縮作用を示す。従って、AT1 受容体を拮抗させることにより、血圧降下作用が期待できる。



レニン-アンジオテンシン系に作用する血圧降下剤としては、レニン阻害剤、ACE阻害剤(カプトプリル)、の他ペプチド性アンジオテンシンII拮抗剤(サララシン)、非ペプチド性アンジオテンシンII拮抗剤(ロサルタン)等が経口剤として臨床で用いられている。



カルシウムイオン(Ca2+)はすべての細胞と細胞外液に分布し、細胞の刺激応答反応において最も重要な細胞内情報伝達物質として応答反応発現に働いており、神経細胞の興奮、筋肉の収縮、ホルモンや消化酵素の分泌、ステロイド合成、糖や脂質の代謝、細胞増殖及び分化等、多くの細胞機能に関与している。従って、細胞内のCa2+濃度調節に異常が起こると種々の疾病を引き起こし、また疾病の治療には細胞内のCa2+濃度を整えることが有効である。細胞は細胞内のCa2+濃度を厳密にコントロールするために、細胞膜に存在するカルシウムチャンネル、カルシウムポンプ、または小胞体表面に存在するイノシトール三リン酸受容体、カルシウムポンプ等、種々の調節機構を準備している。このような細胞内情報伝達過程は複数の連鎖経路からなる場合もあり、一般に細胞ごとに異なって多様である。カルシウムチャンネル(特にL型)に拮抗作用を有する化合物は血管を拡張することにより血圧降下作用を示し、高血圧症の治療薬として臨床で使用されている。



一方、血圧降下剤は対症療法剤であることから長期間にわたる反復投与が要求され、患者の煩わしさ軽減の見地から1日1回経口投与法が一般的であるが、これに伴い投与量と薬効継続の調節、目まい等の不快感の発現、他の薬剤との相互作用、服用中断による影響などの問題点が存在するのが現状である。



従って、治療の現場では、長期間服用しても安全であり、かつ確実な効果を奏する薬剤の開発が常に望まれている。



安息香酸ベンジルは各種植物の成分として知られ、香料、抗疥癬剤、殺ダニ・シラミ剤としての用途が知られている。また、それら植物をいわゆるハーブとして用いた場合の血圧降下作用に関与しているとされるが、医薬品を指向してさらに検討された例は報告されていない。



安息香酸ベンジル誘導体は種々知られているが血圧降下剤としての用途が報告された例はない。また、安息香酸の2-ブロモベンジルエステルはこれまでに文献への報告を見ない新規化合物である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、安息香酸ベンジル誘導体を含有血圧降下作用に特徴を有する医薬に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(2)又は(3)で表される安息香酸ベンジル誘導体を有効成分として含有するアンジオテンシンII受容体拮抗剤。
【化1】
 



(式(2)中、R1~3は水素、ハロゲン、ニトロ基、OMeから選択される。但し、R1~3全てが水素原子である場合は除く。R4~10は水素である。)
【化2】
 



(式( 3 ) 中、R1~5は、水素、ハロゲン、保護基を有していても良い水酸基、アミノ基、保護基を有していても良いチオール基、ニトロ基、アシル基、アルコキシカルボニル基、スルホ基並びに炭化水素基( 一部水素が、ハロゲン、保護基を有していても良い水酸基、アミノ基、保護基を有していても良いチオール基、ニトロ基、アシル基、アルコキシカルボニル基及びスルホ基から選択される1 以上の基で置換されても良い) から選択される置換基からそれぞれ独立して選択される。ここで、上記保護基はアシル基、アルコキシカルボニル基、アラルキルオキシカルボニル基、アリールメチル基、シリル基、アセトニド基、低級アルコキシアルキル基からそれぞれ独立して選択される。; X は
【化3】
 



である。n は1である。; X は* の部分に式( 3 ) のC1で示す炭素原子が位置する。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

16676_11SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close