Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)エマルションの製造方法およびその装置

(In Japanese)エマルションの製造方法およびその装置 achieved

Patent code P07A010090
File No. Y03-P202
Posted date Jul 13, 2007
Application number P2002-567454
Patent number P3746766
Date of filing Feb 13, 2002
Date of registration Dec 2, 2005
International application number JP2002001186
International publication number WO2002068104
Date of international filing Feb 13, 2002
Date of international publication Sep 6, 2002
Priority data
  • P2001-048097 (Feb 23, 2001) JP
  • P2001-238624 (Aug 7, 2001) JP
Inventor
  • (In Japanese)樋口 俊郎
  • (In Japanese)鳥居 徹
  • (In Japanese)西迫 貴志
  • (In Japanese)谷口 友宏
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title (In Japanese)エマルションの製造方法およびその装置 achieved
Abstract (In Japanese)簡便に、しかも迅速にエマルションならびにマイクロカプセルを生成させることができるエマルションならびにマイクロカプセルの製造方法およびその装置を提供する。
マイクロチャンネル(2)中を流れる連続相(5)に対し、分散相(6)を前記連続相(5)の流れに交差する向きで分散相供給口(4)より排出し、前記連続相(5)の剪断力によって、前記分散相(6)の供給チャンネルの幅より径の小さい微小液滴(7)を得る。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、微小なエマルション(マイクロスフィアを含む)の製造装置は薬品の製造過程において用いられており、いくつかの製造法が提案されている。例えば、第1溶液中に第2溶液を滴下する方法から、2重管の内側より空中に向けて第1溶液を滴下、外側より第2溶液を滴下する方法などさまざまである(例えば、特表平8-508933号公報参照)。また、空中への液滴散布方法としては、インクジェットプリンタなどで用いられている圧電によって液滴を噴出させる方式がある。
【特許文献1】
なし

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水、油、および化学的に不活性な液体中での、微小なエマルションの製造方法およびその装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
マイクロチャンネル(2)中を流れる連続相(5)に対し、分散相(6)を前記連続相(5)の流れに交差する向きで分散相供給チャンネル(3)の分散相供給口(4)より排出するとともに、前記連続相(5)が前記分散相供給口(4)に一部入り込み、前記連続相(5)の剪断力によって、前記分散相供給チャンネル(3)の幅よりも径の小さい微小液滴(7)を生成することを特徴とするエマルションの製造方法。

【請求項2】
 
両側に形成されるマイクロチャンネル(22,23)中を流れる連続相(24,25)の合流ポイント(26)で、前記連続相(24,25)の流れに交差する向きで分散相供給チャンネル(27)より分散相(28)を送り出して微小液滴(29)を得ることを特徴とするエマルションの製造方法。

【請求項3】
 
第1の連続相(137)が流れるマイクロチャンネル(133)と分散相(138)が流れるマイクロチャンネル(132)との第1の合流点(135)で前記第1の連続相(137)と分散相(138)とが合流して該第1の連続相(137)と分散相(138)からなる2相流を生成し、該2相流が流れるマイクロチャンネルと第2の連続相(139)が流れるマイクロチャンネル(134)とを直交させてできる第2の合流点(136)前記第2の連続相(139)と前記2相流を合流させることにより、前記分散相(138)からなるエマルション(140)を生成することを特徴とするエマルションの製造方法。

【請求項4】
 
(a)製造装置の本体(1)と、
(b)該本体(1)に形成された連続相(5)が流れるマイクロチャンネル(2)と、
(c)前記本体(1)に形成され、前記マイクロチャンネル(2)に交差する向きで形成される、分散相供給口(4)を有する分散相供給チャンネル(3)と、(d)前記マイクロチャンネル(2)中を流れる連続相(5)に対し、前記分散相供給チャンネル(3)と同じ径を有する分散相供給口(4)から分散相(6)を連続相(5)の流れに交差する向きで供給するとともに、前記分散相供給チャンネル(3)の幅より径の小さい微小液滴(7)を生成する手段とを具備することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項5】
 
(a)製造装置の本体(21)と、
(b)該本体(21)に形成される分散相供給チャンネル(27)と、
(c)前記本体(21)に形成され、前記分散相供給チャンネル(27)の片側に前記分散相供給チャンネル(27)と交差するように形成される連続相(24)を生成する第1のマイクロチャンネル(22)と、
(d)前記本体(21)に形成され、前記分散相供給チャンネル(27)のもう一方の片側に前記分散相供給チャンネル(27)と交差するように形成される連続相(25)を生成する第2のマイクロチャンネル(23)と、
(e)前記第1のマイクロチャンネル(22)と第2のマイクロチャンネル(23)からの連続相(24,25)の合流ポイント(26)で、前記連続相(24,25)の流れに交差するように分散相(28)を送り出して微小液滴(29)を生成する手段とを具備することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項6】
 
(a)第1の連続相(137)が流れるマイクロチャンネル(133)と、
(b)該マイクロチャンネル(133)と交差する、分散相(138)が流れるマイクロチャンネル(132)と、
(c)前記第1の連続相(137)と分散相(138)とを、前記第1の連続相(137)が流れるマイクロチャンネル(133)と分散相(138)が流れるマイクロチャンネル(132)とが合流する第1の合流点(135)で合流させて、前記第1の連続相(137)と前記分散相(138)からなる2相流を生成させる手段と、
(d)前記2相流が流れるマイクロチャンネルと直交する、第2の連続相(139)が流れるマイクロチャンネル(134)と、
(e)前記第2の連続相(139)と前記2相流とを、前記2相流が流れるマイクロチャンネルと前記第2の連続相(139)が流れるマイクロチャンネル(134)とが合流する第2の合流点(136)で合流させることにより、前記分散相(138)からなるエマルション(140)を生成する手段とを具備することを特徴とするエマルションの製造装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002567454thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close