Top > Search of Japanese Patents > METHODS FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE OXAZOLINE COMPOUND, OPTICALLY ACTIVE TRANSITION METAL COMPLEX AND ASYMMETRIC DIELS-ALDER REACTION PRODUCT

METHODS FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE OXAZOLINE COMPOUND, OPTICALLY ACTIVE TRANSITION METAL COMPLEX AND ASYMMETRIC DIELS-ALDER REACTION PRODUCT

Patent code P07A010112
Posted date Jul 27, 2007
Application number P2004-067752
Publication number P2005-255593A
Patent number P4892674
Date of filing Mar 10, 2004
Date of publication of application Sep 22, 2005
Date of registration Jan 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)増田 秀樹
  • (In Japanese)實川 浩一郎
  • (In Japanese)松本 健司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title METHODS FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE OXAZOLINE COMPOUND, OPTICALLY ACTIVE TRANSITION METAL COMPLEX AND ASYMMETRIC DIELS-ALDER REACTION PRODUCT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new optically active bisoxazoline compound.
SOLUTION: The invention relates to the optically active bisoxazoline compound expressed by general formula (1). In the formula R1, R2 and R3 are each independently H, a halogen atom, an alkyl, a cycloalkyl, an aryl, an arylalkyl, an alkoxy, an aryloxy, an alkenyl or an arylalkyloxy, each R1, R2 and R3 is the same or different and optionally form a ring by coupling. X is OR4 or NR5R6. R4 is H, an alkyl, an alkenyl, an aryl or an arylalkyl, R5 and R6 are each independently H, an alkyl, an alkenyl, an aryl or an arylalkyl. Every R4, every R5 and every R6 are each the same or different.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年における工業的な合成プロセスは、環境に配慮した方法によって行うことが重要視されてきている。特に、触媒を用いた合成手法は、通常では困難な反応を温和な条件でかつ高効率で行うことができるため有用である。なかでも、不斉配位子-金属錯体化合物による触媒的な不斉合成は、有用な不斉化合物を大量に合成する上で特に重要なものとなっている。図5に示すビスオキサゾリン配位子-金属錯体化合物は、ディールスアルダー反応やシクロプロパン化といったC-C結合生成を初め、酸化反応、還元反応、ポリマー化等の様々な合成反応の触媒となるためそのような不斉触媒の代表的なものである(特許文献1)。



一方、ビスオキサゾリン配位子-金属錯体触媒による不斉ディールスアルダー反応においては、適用できるジエンと求ジエン体に制限があった。不斉ディールスアルダー反応の対象を拡大する試みとしては、高温や強いルイス酸などを用いる手法が主として行われていた(非特許文献1)。
【特許文献1】
特開2003-12675号
【非特許文献1】
Kinsman,A.C.;Kerr,M.A.Org.Lett.2000,2,3517-3520

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光学活性ビスオキサゾリン化合物、それを用いた光学活性遷移金属錯体化合物関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)
【化1】
 





(R1、R2、およびR3はそれぞれ独立して、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アリールアルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アルケニル基またはアリールアルキルオキシ基を示し、全てのR1、全てのR2、および全てのR3はそれぞれ同一であっても異なっていてもよく、それらは任意に結合して環を形成してもよい。Xは、NR5R6であり、R5およびR6は、それぞれ独立して水素原子、炭素数1~20のアルキル基または炭素数2~20のアルケニル基である。全てのR5および全てのR6はそれぞれ同一であっても異なっていてもよい。)で示され光学活性ビスオキサゾリン化合物。

【請求項2】
 
前記R5およびR6は、一方が水素原子であり他方が炭素数1~20のアルキル基である、請求項1に記載の化合物。

【請求項3】
 
前記R5およびR6は、一方が水素原子であり他方がイソプロピル基またはtert-ブチル基である、請求項2に記載の化合物。

【請求項4】
 
下記一般式(2)
【化2】
 





(R1およびR2はそれぞれ独立して、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アリールアルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アルケニル基またはアリールアルキルオキシ基を示し、全てのR1および全てのR2はそれぞれ同一であっても異なっていてもよく、それらは任意に結合して環を形成してもよい。Xは、OR4またはNR5R6である。R4は、水素原子、アルキル基、アルケニル基、アリール基またはアリールアルキル基を示し、R5およびR6はそれぞれ独立して水素原子、アルキル基、アルケニル基、アリール基またはアリールアルキル基を示す。全てのR4,全てのR5および全てのR6はそれぞれ同一であっても異なっていてもよい。)
で示される光学活性なアミノアルコールと、
下記一般式(3)
【化3】
 





(R3はそれぞれ独立して、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アリールアルキル基、アルケニル基、アルコキシ基、アリールオキシ基またはアリールアルキルオキシ基を示し、R7はそれぞれ独立して、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アリールアルキル基、アルケニル基、アルコキシ基、アリールオキシ基またはアリールアルキルオキシ基を示す。全てのR3および全てのR7はそれぞれ同一であっても異なっていてもよい。)
で示されるマロン酸誘導体と、
を反応させて、
下記一般式(1)
【化4】
 





(R1、R2、およびR3はそれぞれ独立して、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アリールアルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アルケニル基またはアリールアルキルオキシ基を示し、全てのR1、全てのR2、および全てのR3はそれぞれ同一であっても異なっていてもよく、それらは任意に結合して環を形成してもよい。Xは、OR4またはNR5R6である。R4は、水素原子、アルキル基、アルケニル基、アリール基またはアリールアルキル基を示し、R5およびR6はそれぞれ独立して水素原子、アルキル基、アルケニル基、アリール基またはアリールアルキル基を示す。全てのR4,全てのR5および全てのR6はそれぞれ同一であっても異なっていてもよい。)で示される光学活性ビスオキサゾリン化合物を製造する方法。

【請求項5】
 
少なくとも一つの遷移金属化合物と、
一般式(1)
【化5】
 





(R1、R2、およびR3はそれぞれ独立して、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アリールアルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アルケニル基またはアリールアルキルオキシ基を示し、全てのR1、全てのR2、および全てのR3はそれぞれ同一であっても異なっていてもよく、それらは任意に結合して環を形成してもよい。Xは、NR5R6であり、R5及びR6は、それぞれ独立して水素原子、炭素数1~20のアルキル基または炭素数2~20のアルケニル基である。全てのR5および全てのR6はそれぞれ同一であっても異なっていてもよい。)で示される光学活性ビスオキサゾリン化合物と、
からなる遷移金属錯体化合物。

【請求項6】
 
前記R5およびR6は、一方が水素原子であり他方が炭素数1~20のアルキル基である、請求項5に記載の化合物。

【請求項7】
 
前記R5およびR6は、一方が水素原子であり他方がイソプロピル基またはtert-ブチル基である、請求項6に記載の化合物。

【請求項8】
 
前記遷移金属化合物における遷移金属原子は、銅、ニッケル、コバルト、鉄、ルテニウム、およびパラジウムからなる群から選択されるいずれかである、請求項5~7のいずれかに記載の化合物。

【請求項9】
 
不斉炭素-炭素結合生成反応の触媒である、請求項5~8のいずれかに記載の化合物。

【請求項10】
 
ディールスアルダー反応の触媒である、請求項5~8のいずれかに記載の化合物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004067752thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close