Top > Search of Japanese Patents > BIOABSORBABLE TREATMENT AND DIAGNOSIS APPARATUS

BIOABSORBABLE TREATMENT AND DIAGNOSIS APPARATUS

Patent code P07A010118
Posted date Jul 27, 2007
Application number P2004-170363
Publication number P2005-348822A
Patent number P4500997
Date of filing Jun 8, 2004
Date of publication of application Dec 22, 2005
Date of registration Apr 30, 2010
Inventor
  • (In Japanese)藤本 英雄
  • (In Japanese)春日 敏宏
  • (In Japanese)野上 正行
  • (In Japanese)坂口 正道
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title BIOABSORBABLE TREATMENT AND DIAGNOSIS APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a treatment apparatus which is effective for a treatment of diseases due to pathogenic cells, never damages the tissues other than the pathogenic cells, and enables the treatment free from side effects.
SOLUTION: Carbon electrodes 2, 2 made of carbon and starch paste are applied to two opposing places of a spherical zinc phosphate hydrogel 1. The outer periphery of the zinc phosphate hydrogel 1 except a part where the carbon electrodes 2, 2 are applied is covered with a mixed composition 3 of polylactic acid, which is an insulator, and polyglycolic acid. When the treatment apparatus M is covered with a heating element 4 after the carbon electrodes 2, 2 are charged by applying a voltage and is directly administered to the pathogenic cells of cancers or the like by using a syringe or the like, the treatment apparatus M generates heat inside the pathogenic cells and kills the pathogenic cells.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


癌等の病原細胞の存在を起因とする病気を治療するための方法として、手術して病原細胞を取り除く外科的な療法の他に、放射線療法、温熱療法等が知られている。また、癌の治療薬としては、特許文献1の如きレチノイド等をはじめとして、多種多様な物質が開発されている。



【特許文献1】
特開平7-69893号公報

Field of industrial application (In Japanese)


癌等の病原細胞を死滅させることが可能な小型の治療装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
リン酸マグネシウムハイドロゲル、またはリン酸カルシウムハイドロゲル、もしくはリン酸亜鉛ハイドロゲルを主体として形成された本体と、その本体の対向する部位に設置された電極とを有しており、
外周が、前記本体および電極より電気抵抗の大きい物質で覆われており、
充電機能および放電機能を有しているとともに、
注射器を利用して病原細胞に直接投与可能な大きさを有していることを特徴とする治療装置。

【請求項2】
 
電極がカーボンからなるものであることを特徴とする請求項1に記載の治療装置。

【請求項3】
 
カーボンからなる電極の設置部分以外の本体の外周が、ポリ乳酸および/またはポリグリコール酸によって被覆されていることを特徴とする請求項1、または請求項2に記載の治療装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004170363thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close