Top > Search of Japanese Patents > TACTILE INFORMATION TRANSMITTING DEVICE

TACTILE INFORMATION TRANSMITTING DEVICE meetings

Patent code P07A010119
Posted date Jul 27, 2007
Application number P2004-173998
Publication number P2005-352258A
Patent number P4482686
Date of filing Jun 11, 2004
Date of publication of application Dec 22, 2005
Date of registration Apr 2, 2010
Inventor
  • (In Japanese)藤本 英雄
  • (In Japanese)坂口 正道
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title TACTILE INFORMATION TRANSMITTING DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tactile information transmitting device capable of easily transmitting information in a short time without the need for previous learning.
SOLUTION: The tactile information transmitting device is equipped with a contactor 4 capable of directly or indirectly coming into contact with the skin H of a human body and a control means 7 for performing control so that the contactor 4 moves as specified, and transmits information by using a tactile sensation by contact friction generated with the skin H as the contactor 4 moves. The contact friction is generated with the skin H as the contactor 4 controlled by the control means 7 moves and this contact friction is sensed by a tactile sensation and transmitted as information to the brain. For example, rotary motion, reciprocal motion, etc., correspond to the movement of the contactor 4. The direction of the rotary motion of the contactor 4, the direction of the reciprocal motion, etc., can be understood by sensation without previous learning. Further, it does not take time to understand contents without learning the rotating direction and moving direction. Consequently, the information can easily be transmitted in a shorter time than before.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


人体に備わる知覚には、視覚,触覚,味覚,臭覚,聴覚が有る。この中で触覚は他の知覚と比べて特定の器官に依存せず、ほぼ全身に存在する。このような特性を利用して、触覚により情報を伝達する技術の一例が開示されている(例えば特許文献1を参照)。この技術では、圧電アクチュエータの高さまたは厚みを変位させ、指が圧電アクチュエータに触れることで情報を伝達するものである。
【特許文献1】
特開平6-18341号公報(第3-4頁,図1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、接触摩擦による触覚を利用して情報を伝達する触覚情報伝達装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
人体の皮膚に直接的または間接的に接触可能な接触子と、
前記接触子が所定の運動を行うように制御する制御手段とを備え、
前記接触子の運動に伴って皮膚との間で生ずる接触摩擦によって触覚を利用して情報を伝達する触覚情報伝達装置であって、
出発地から目的地までの経路情報と地図情報とを記憶する記憶手段と、
現在地の情報を取得する位置情報取得手段とを備え、
前記制御手段は、前記位置情報取得手段が取得した現在地の情報に基づいて、前記地図情報における現在地を特定し、前記目的地に向かう方向に対応する角度の運動を前記接触子に行わせるように制御することで角度情報を伝達するものであり、
前記接触子は回転部材であり、
前記制御手段は前記角度情報を伝達するにあたって、前記回転部材の回転速度を制御する触覚情報伝達装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載した触覚情報伝達装置であって、前記制御手段は、前記目的地に到達したことを判定すると、前記目的地への到達を利用者に報知するため、所定のパターンで前記回転部材を回転運動させる触覚情報伝達装置。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載した触覚情報伝達装置であって、前記回転部材は板部材である触覚情報伝達装置。

【請求項4】
 
請求項3に記載した触覚情報伝達装置であって、前記板部材は円形状のものである触覚情報伝達装置。

【請求項5】
 
請求項1から4のいずれか一項に記載した触覚情報伝達装置であって、前記接触子には、皮膚と接触する接触面に凹凸を設けた触覚情報伝達装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004173998thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close