Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING CHARCOAL FOR ADSORPTION

METHOD FOR PRODUCING CHARCOAL FOR ADSORPTION

Patent code P07A010194
File No. 9
Posted date Aug 8, 2007
Application number P2001-251336
Publication number P2003-054926A
Patent number P4065935
Date of filing Aug 22, 2001
Date of publication of application Feb 26, 2003
Date of registration Jan 18, 2008
Inventor
  • (In Japanese)北村 寿宏
  • (In Japanese)片山 裕之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title METHOD FOR PRODUCING CHARCOAL FOR ADSORPTION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To produce charcoal which has a large specific surface area by using carbon dioxide as a reaction gas in an inert gas and simultaneously progressing carbonization and activation.
SOLUTION: By volume, 1 to 10% carbon dioxide as a reaction gas is fed into an atmosphere of an inert gas. The carbonization temperature of wood is controlled within the temperature range of 700 to 1,000°C, and the wood is carbonized, and simultaneously, the reaction of C+CO2→2CO is caused, and activation is performed, so that its specific surface area is increased.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来,吸着剤としては活性炭が広く利用されてきた。活性炭は,椰子殻等の特殊の植物系材料を原料として一度炭化した後に,これを再度加熱し,水蒸気や二酸化炭素等を含む特定の雰囲気中で賦活を行い製造されている。この場合,原料が特定の原料に限定され,しかも,製造に炭化と賦活の2段階のプロセスを必要とする等の要因があり,木炭の歩留まりが低く,価格が高いものになっている。即ち,活性炭の製造方法は,一般的に,炭化と比表面積を大きくする処理の賦活から成る2段のプロセスで製造しているものである。



また,特開平9-241014号公報に開示された活性炭の製造方法は,植物系又は鉱物系原料から一段焼成するだけで活性炭を製造するものであり,0.5~5容量%の酸素を含むガスとの接触の下で,植物系原料を400℃以上で焼成するものであり,また,鉱物系原料を500℃以上で焼成するものである。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は,廃木材等の木材から吸着性の大きい木炭を製造する吸着用木炭の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
酸素を含有させずに,窒素ガス,アルゴンガス,ヘリウムガス,水素ガス及び一酸化炭素ガスの群から選択されるガスの少なくとも1種を含む不活性ガスの雰囲気中に,反応ガスとしての二酸化炭素を供給して木材を,800~900℃の範囲内に温度調整して,前記木材を炭化させると同時に,CとCO2 とによる2COの反応を生じさせて賦活を行わせ比表面積を増大させる制御を行うことにより,比表面積を増大させることから成る吸着用木炭の製造方法。

【請求項2】
 
前記不活性ガスとして窒素ガスを使用し,前記窒素ガスに供給される前記反応ガスの前記二酸化炭素の供給量は,1~10容量%に制御して前記二酸化炭素を炭化炉内に流通させることから成る請求項1に記載の吸着用木炭の製造方法。

【請求項3】
 
炉からの排ガスを木材炭化炉へ導き,その熱エネルギーによって前記木材の炭化処理を行うことから成る請求項1又は2に記載の吸着用木炭の製造方法。

【請求項4】
 
前記木材として廃木材をサイジングしたものを用い,前記木材の炭化処理を行って前記木炭及び木酢液を製造することから成る請求項1~3のいずれか1項に記載の吸着用木炭の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001251336thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close