Top > Search of Japanese Patents > AQUACULTURE METHOD OF ROOT CROPS

AQUACULTURE METHOD OF ROOT CROPS

Patent code P07A010204
File No. 23
Posted date Aug 8, 2007
Application number P2003-167951
Publication number P2005-000091A
Patent number P4143721
Date of filing Jun 12, 2003
Date of publication of application Jan 6, 2005
Date of registration Jun 27, 2008
Inventor
  • (In Japanese)浅尾 俊樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title AQUACULTURE METHOD OF ROOT CROPS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an aquaculture method by which the aquaculture of root crops can be carried out under a condition for enlarging the roots of the root crops.
SOLUTION: The aquaculture method of the root crops comprises culturing the root crops by soaking the tip parts of the roots without soaking the parts of the roots except the tip parts.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


天然土壌を利用せずに植物を生育させる水耕栽培は、数多く知られている。天然土壌では、厳寒期での間引きや除草などの作業を、手作業で行なわれなければならないため、作業負担が大きく、生産者の高齢化や後継者不足も問題となっている。一方、水耕栽培は、水耕栽培で起こる土壌病害虫の防除、連作障害の回避、耕耘及び除草作業の省略が可能であるという利点を有する。水耕栽培においては地上部の管理と地下部の管理が重要である。主に地上部としては、光、温度、湿度、空気の流れの管理、地下部としては、栄養素濃度、水素イオン濃度(PH)、電気伝導度(EC)、培養液温の管理がなされている。培養液中の溶存酸素量は管理されておらず、ポンプで培養液を循環させる時、空気を巻き込むような方法が取られ、培養液中の溶存酸素量を高める方法が一部採用されている(特開2002‐291358号公報)。



特開2002‐291358

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、根菜類の水耕栽培法に関し、特に、根の先端部分を培養液に浸しつつ行なう水耕栽培法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
津田カブの水耕栽培法において、根の先端部分以外の部分を培養液よりも比重が小さい材料に固定し、当該材料を培養液上に浮かべることによって、根の先端部分を培養液に浸しつつ、根の先端以外の部分を培養液に浸さずに培養し、前記培養液が25~75%の濃度に設定した園試処方第1例の培養液であって、かつカリウム量が等量となるように園試処方第1例の硝酸カリウムの代わりに塩化カリウムを用いることによって硝酸態窒素量を減少させた培養液であることを特徴とする津田カブの水耕栽培方法。

【請求項2】
 
前記培養液より比重が小さい材料が、発泡スチロール板であることを特徴とする請求項1に記載の津田カブの水耕栽培方法。

【請求項3】
 
前記培養液より比重が小さい材料の厚さが、20~30mmの範囲であることを特徴とする請求項1又は2に記載の津田カブの水耕栽培方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close