Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DETERMINING SUCCEEDING CROPPING PLANT AND METHOD FOR CONTINUOUSLY CULTURING PLANT

METHOD FOR DETERMINING SUCCEEDING CROPPING PLANT AND METHOD FOR CONTINUOUSLY CULTURING PLANT

Patent code P07A010208
File No. 31
Posted date Aug 8, 2007
Application number P2003-423798
Publication number P2005-176748A
Patent number P4238320
Date of filing Dec 19, 2003
Date of publication of application Jul 7, 2005
Date of registration Jan 9, 2009
Inventor
  • (In Japanese)浅尾 俊樹
  • (In Japanese)元木 悟
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title METHOD FOR DETERMINING SUCCEEDING CROPPING PLANT AND METHOD FOR CONTINUOUSLY CULTURING PLANT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for determining succeeding cropping plants by which a plant suitable for succeeding cropping of a plant having possibility to release an allelopathic substance can simply be selected in a short period.
SOLUTION: The method for determining succeeding cropping plants comprises a plant-culturing step for carrying out hydroponics of a plant having possibility to release the an allelopathic substance, culture solution-collecting step for collecting the culture solution after carrying out hydroponics in a plant-culturing step, a culture solution-producing step for determination for adjusting a nourishment concentration of the culture solution collected in a culture solution-collecting step so as to become same nourishment concentration of unused culture solution and producing the culture solution for determination, a candidate plant-culturing step for carrying out hydroponics of a candidate plant which becomes a candidate for plant used for succeeding cropping by using the culture solution for determination and unused culture solution and a candidate plant-determining step for comparing a growth state of the candidate plant hydroponically cultured in the unused culture solution with growth state of the candidate plant hydroponically cultured in the culture solution for determination and determining whether the candidate plant is suitable for succeeding cropping or not.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


植物を同じ場所で栽培すると、種類によっては生育不良いわゆる連作障害を起こし、生産効率が低下してしまうものがある。連作障害の一因は、植物が放出したアレロパシー物質が自身に対する生育抑制物質として働き、自家中毒を起こすためである。この連作障害を回避するため、異なる種類の植物を栽培していく輪作が一般的に行われている。



また、輪作は、年間を通じて農地を利用することもできるので、土地の利用効率を向上させるために行われる場合もある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、野菜などの植物の輪作および連作の組合せを判定する方法に関し、特に、アレロパシー物質を放出する可能性のある植物の後作に適した植物を選定するのに水耕栽培を用いる後作植物判定方法、および、当該方法を適用した植物の連続栽培方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アレロパシー物質を放出する可能性のある植物の後作に適した植物を選定するための後作植物判定方法であって、
前記アレロパシー物質を放出する可能性のある植物を水耕栽培する植物栽培工程と、
前記植物栽培工程で水耕栽培した後の培養液を採取する培養液採取工程と、
前記培養液採取工程で採取した培養液の養分濃度を未使用の培養液の養分濃度と同じになるよう調整し、判定用培養液を生成する判定用培養液生成工程と、
後作に用いる植物の候補とする候補植物を、前記判定用培養液と前記未使用の培養液とを用いて水耕栽培する候補植物栽培工程と、
前記未使用の培養液で水耕栽培した前記候補植物の生育状態と前記判定用培養液で水耕栽培した前記候補植物の生育状態とを比較し、前記候補植物が後作に適した植物かどうかを判定する候補植物判定工程と、
を含んだことを特徴とする後作植物判定方法。

【請求項2】
 
アレロパシー物質を放出する可能性のある植物の後作に適した植物を選定するための後作植物判定方法であって、
前記アレロパシー物質を放出する可能性のある植物を水耕栽培する植物栽培工程と、
前記植物栽培工程で水耕栽培した後の培養液を採取する培養液採取工程と、
前記培養液採取工程で採取した培養液の養分濃度を未使用の培養液の養分濃度と同じになるよう調整し、判定用培養液を生成する判定用培養液生成工程と、
当該判定用培養液生成工程における養分濃度調整の前または後に、培養液を活性炭に接触させて、生育抑制物質として働くアレロパシー物質が活性炭により吸着されるかどうかを確認するための活性炭処理済判定用培養液を生成する活性炭処理済判定用培養液生成工程と、
後作に用いる植物の候補とする候補植物を、前記判定用培養液と前記活性炭処理済判定用培養液と前記未使用の培養液とを用いて水耕栽培する候補植物栽培工程と、
前記未使用の培養液で水耕栽培した前記候補植物の生育状態に対して、前記判定用培養液で水耕栽培した前記候補植物の生育状態と前記活性炭処理済判定用培養液で水耕栽培した前記候補植物の生育状態とを比較し、土壌或いは培養液に活性炭を添加すれば生育抑制が生じず前記候補植物が後作に適する植物となるかどうかを判定する候補植物判定工程と、
を含んだことを特徴とする後作植物判定方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載の後作植物判定方法を適用した植物の連続栽培方法であって、
前記植物栽培工程で水耕栽培された植物を前作に用い、
前記候補植物判定工程で後作に適していると判定された植物を後作に用いることを特徴とする植物の連続栽培方法。

【請求項4】
 
請求項2に記載の後作植物判定方法を適用した植物の連続栽培方法であって、
前記植物栽培工程で水耕栽培された植物を前作に用い、
後作に用いる土壌または培養液へ活性炭を添加して、前記候補植物判定工程で後作に適していると判定された植物を後作に用いることを特徴とする植物の連続栽培方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close