Top > Search of Japanese Patents > GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE, DNA ENCODING GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE, MICROORGANISM INTRODUCED WITH GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE IN EXPRESSIBLE FORM, METHOD FOR PRODUCING GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE AND TRANSGENIC PLANT

GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE, DNA ENCODING GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE, MICROORGANISM INTRODUCED WITH GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE IN EXPRESSIBLE FORM, METHOD FOR PRODUCING GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE AND TRANSGENIC PLANT meetings

Patent code P07A010221
File No. 19
Posted date Aug 8, 2007
Application number P2007-031487
Publication number P2007-117099A
Patent number P4019155
Date of filing Feb 13, 2007
Date of publication of application May 17, 2007
Date of registration Oct 5, 2007
Inventor
  • (In Japanese)赤間 一仁
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE, DNA ENCODING GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE, MICROORGANISM INTRODUCED WITH GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE IN EXPRESSIBLE FORM, METHOD FOR PRODUCING GLUTAMIC ACID DECARBOXYLASE AND TRANSGENIC PLANT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a glutamic acid decarboxylase (GAD) with high enzymatic activity.
SOLUTION: Disclosed are the following proteins exhibited in (A) and (B): (A) a protein comprising an amino acid sequence in which calmodulin-binding domain is deleted from the amino acid sequence of GAD derived from a rice plant; (B) a protein comprising an amino acid sequence in which one or several amino acids are substituted, deleted, inserted, added or inverted in the amino acid sequence in which the calmodulin-binding domain is deleted from the isoform of the amino acid sequence of the GAD and having a glutamic acid decarboxylase activity.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


非タンパク質性のアミノ酸の一種であるγ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric
Acid:GABA)は、血圧降下作用、肥満防止作用、精神安定作用、アルコール代謝促進作用といった人体に対するさまざまな有用な作用を発揮する物質として知られている。GABAは、グルタミン酸を脱炭酸することにより得られる。このとき、グルタミン酸脱炭酸酵素(Glutamic
Acid Decarboxylase:GAD)を用いることにより脱炭酸反応を効率よく行わせることが可能となる。



また、GABAはイネの細胞内にも含まれており、イネ細胞内のGADには少なくとも2種類のアイソフォームが知られている。米の中では他の部分と比較して胚芽の部分にGABAが多く含まれており、胚芽米や玄米や発芽米を食することにより、白米を食する以上に健康の保持増進が期待できる。



【非特許文献1】
Kazuhito Akama et al.,”Rice(Oryza sativa) contains a novel isoformof glutamate decarboxylase that lacks an authentic calmodulin-binding domain atthe C-terminus”,Biochimica et Biophysica Acta,1522(2001) p143-p150

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、グルタミン酸脱炭酸酵素、グルタミン酸脱酸素酵素をコードするDNA、グルタミン酸脱炭酸酵素が発現可能な形態で導入された微生物、グルタミン酸脱炭酸酵素の製造方法、および、トランスジェニック植物に関し、特に、酵素活性の高いグルタミン酸脱炭酸酵素、グルタミン酸脱酸素酵素をコードするDNA、グルタミン酸脱炭酸酵素が発現可能な形態で導入された微生物、グルタミン酸脱炭酸酵素の製造方法、および、γ-アミノ酪酸を豊富に含むトランスジェニック植物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記(E)又は(F)に示すタンパク質。
(E)配列番号6に記載のアミノ酸配列からなるタンパク質。
(F)配列番号6に記載のアミノ酸配列において、1若しくは数個のアミノ酸の置換、欠失、挿入、付加、又は逆位を含むアミノ酸配列からなり、かつ、グルタミン酸脱炭酸酵素活性を有するタンパク質。

【請求項2】
 
下記(E)又は(F)に示すタンパク質をコードするDNA。
(E)配列番号6に記載のアミノ酸配列からなるタンパク質。
(F)配列番号6に記載のアミノ酸配列において、1若しくは数個のアミノ酸の置換、欠失、挿入、付加、又は逆位を含むアミノ酸配列からなり、かつ、グルタミン酸脱炭酸酵素活性を有するタンパク質。

【請求項3】
 
請求項2に記載のDNAによりコードされるタンパク質が発現可能な形態で導入された微生物。

【請求項4】
 
請求項3に記載の微生物を培地で培養し、培養物中にグルタミン酸脱炭酸酵素を生成蓄積させ、該培養物よりグルタミン酸脱炭酸酵素を採取することを特徴とするグルタミン酸脱炭酸酵素の製造方法。

【請求項5】
 
請求項2に記載のDNAを有するトランスジェニック植物。

【請求項6】
 
イネ科に属する植物である請求項5に記載のトランスジェニック植物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007031487thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close