Top > Search of Japanese Patents > MAGNETIC PARTICULATE, ITS MANUFACTURING METHOD, MAGNET USING THEM, AND ITS MANUFACTURING METHOD

MAGNETIC PARTICULATE, ITS MANUFACTURING METHOD, MAGNET USING THEM, AND ITS MANUFACTURING METHOD

Patent code P07A010233
File No. 245-610
Posted date Aug 16, 2007
Application number P2005-320707
Publication number P2007-129079A
Patent number P4820988
Date of filing Nov 4, 2005
Date of publication of application May 24, 2007
Date of registration Sep 16, 2011
Inventor
  • (In Japanese)小川 一文
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 香川大学
Title MAGNETIC PARTICULATE, ITS MANUFACTURING METHOD, MAGNET USING THEM, AND ITS MANUFACTURING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that, in conventional magnets obtained by sintering magnetic particulates, the sintering is made at high temperature to deteriorate the magnetic characteristics of the magnetic particulates hindering the yielding of high performance magnets; and that, in plastic magnets where magnetic particulates are dispersed and solidified in a resin, the resin serves as a binder and, therefore, makes it impossible to ensure magnets that are excellent in magnetization strength although they have elasticity.
SOLUTION: The magnet is constituted in a way that the magnetic particulates with first reactivity and magnetic particulates with second reactivity are mixed and put in a mold for pressurization and heating reaction thereof. Consequently, the magnetic particulates covered with a first organic thin film, and the magnetic particulates covered with a second organic thin film, are mixed and covalently bonded to each other via the organic thin films and are further solidified and molded.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、磁性微粒子を焼結した磁石や、樹脂中に磁性微粒子分散固化したプラスチック磁石が数多く知られている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、磁性微粒子とその製造方法およびそれらを用いた磁石とその製造方法に関するものである。さらに詳しくは、表面を安定化させるか、表面に熱反応性または光反応性、あるいはラジカル反応性またはイオン反応性を付与した磁性微粒子とその製造方法およびそれらを用いて作製した磁石とその製造方法に関するものである。



本発明において、「磁性微粒子」には、磁性金属微粒子や磁性金属酸化物微粒子が含まれる。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一端に第1の反応性の官能基を含み、他端でSiを介して表面に共有結合した第1の有機薄膜で被われた第1の反応性磁性微粒子
一端に前記第1の反応性の官能基と反応して共有結合を形成する第2の反応性の官能基を含み、他端でSiを介して表面に共有結合した第2の有機薄膜で被われた第2の反応性磁性微粒子が混合され、互いに前記第1の反応性の官能基と前記第2の反応性の官能基との反応により形成された共有結合を介して共有結合して成形されていることを特徴とする磁石。

【請求項2】
 
前記第1および第2の反応性の官能基の一方がエポキシ基、他方がイミノ基あることを特徴とする請求項1記載の磁石。

【請求項3】
 
前記第1および第2の有機薄膜が共に単分子膜で構成されていることを特徴とする請求項1または2記載の磁石。

【請求項4】
 
直鎖アルキレン基の一端に第1の反応性の官能基を含み、他端にアルコキシシリル基を含む第1のアルコキシシラン化合物とシラノール縮合触媒と非水系の有機溶媒を混合して作成した化学吸着液中に磁性微粒子を分散させ、一端に前記第1の反応性の官能基を含み、他端でSiを介して表面に共有結合した第1の有機薄膜で被われた第1の反応性磁性微粒子を製造する工程と、
直鎖アルキレン基の一端に前記第1の反応性の官能基と反応して共有結合を形成する第2の反応性の官能基を含み、他端にアルコキシシリル基を含む第2のアルコキシシラン化合物とシラノール縮合触媒と非水系の有機溶媒を混合して作成した化学吸着液中に磁性微粒子を分散させ、一端に前記第2の反応性の官能基を含み、他端でSiを介して表面に共有結合した第2の有機薄膜で被われた第2の反応性磁性微粒子を製造する工程と、
前記第1の反応性磁性微粒子前記第2の反応性磁性微粒子を混合し鋳型に入れて、磁場中で加圧加温し、前記第1の反応性の官能基と前記第2の反応性の官能基とを反応させ、共有結合を形成させる工程を含むことを特徴とする磁石の製造方法。

【請求項5】
 
前記第1の反応性磁性微粒子と前記第2の反応性磁性微粒子を鋳型に入れる際、磁場中で超音波を印加しながら行うことを特徴とする請求項4記載の磁石の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005320707thum.jpg
State of application right Registered
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close