Top > Search of Japanese Patents > CATALYST FOR REMOVING ENVIRONMENTALLY BURDENSOME SUBSTANCE, AND METHOD OF PREPARING THE SAME

CATALYST FOR REMOVING ENVIRONMENTALLY BURDENSOME SUBSTANCE, AND METHOD OF PREPARING THE SAME commons

Patent code P07A010251
Posted date Aug 16, 2007
Application number P2005-337810
Publication number P2006-175429A
Patent number P4538635
Date of filing Nov 22, 2005
Date of publication of application Jul 6, 2006
Date of registration Jul 2, 2010
Priority data
  • P2004-339689 (Nov 24, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)奥村 英之
  • (In Japanese)石原 慶一
  • (In Japanese)山末 英嗣
  • (In Japanese)榎本 洋祐
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title CATALYST FOR REMOVING ENVIRONMENTALLY BURDENSOME SUBSTANCE, AND METHOD OF PREPARING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a catalyst for removing an environmentally burdensome substance, which can demonstrate excellent adsorption and decomposition capabilities without relying on a noble metal catalyst or requiring a high temperature for the catalytic reaction in the presence or absence of light, and a method of preparing the same.
SOLUTION: The catalyst for removing an environmentally burdensome substance is characterized by comprising silicon carbide. The method of preparing the above catalyst for removing an environmentally burdensome substance according to the present invention is characterized by comprising at least either a heat treatment process that applies heat treatment or a pulverizing process that applies pulverizing treatment thereto.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現在、重要な地球環境問題の一つとして、大気汚染を挙げることができる。そして、その代表的な環境汚染要因物質として、硫黄酸化物(SOX)、二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOX)、一酸化炭素、炭化水素、ホルムアルデヒド、VOC等がある。この中で窒素酸化物の分解方法としては、接触還元や接触分解が知られている。自動車のガソリンエンジンの分野では、白金-ロジウム-パラジウムを主体とし、還元剤として排気ガス中のHC,CO,H2を使用し、HCおよびCOと共にNOXを処理する3元触媒が知られている。



しかし、上記3元触媒は、ガソリンエンジンについて好適なものであり、かつ、所定の空燃比を満足しなければ有効に機能しない。従って、当該3元触媒では、その用途が限定されてしまう。また、白金を始めとした貴金属を使用するため、コストも高くなってしまう。



一方、脱硝触媒として、チタニア(TiO2)を担体とし、活性成分として五酸化バナ
ジウム(V2O5)、三酸化タングステン(WO3)等の金属酸化物等を少なくとも一つ担
持したものが使用されている(例えば、特許文献1参照)。しかし、当該触媒は、200℃以下の低温での活性が低く、常温での使用が困難であるという問題がある。



また、チタニア自体を窒素酸化物分解の活性成分として使用する光触媒では、例えば、トンネル内やパイプ、装置内部などの光のない暗所での使用は、紫外光の照射なしには不可能である。



以上から、高価な金属触媒によらないで、高温を必要とせず、また、光の有無を問わずに、良好な分解特性を発揮し得る窒素酸化物、硫黄酸化物、一酸化炭素、二酸化炭素、炭化水素、ホルムアルデヒド、VOCなどの環境負荷物質の吸着、分解用触媒は、未だ見出されていないといえる。



【特許文献1】
特開2001-79394号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ホルムアルデヒドを吸着・分解・除去するのに有用なホルムアルデヒドの除去触媒およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
炭化ケイ素を含有することを特徴とするホルムアルデヒドの除去触媒。

【請求項2】
 
前記炭化ケイ素が粉末である請求項1に記載のホルムアルデヒドの除去触媒。

【請求項3】
 
前記炭化ケイ素の粉末の平均粒径が0.005~100μmである請求項2に記載のホルムアルデヒドの除去触媒。

【請求項4】
 
前記炭化ケイ素が、担体上に担持されている請求項1~3のいずれか1項に記載のホルムアルデヒドの除去触媒。

【請求項5】
 
前記炭化ケイ素に熱処理および粉砕処理の少なくともいずれかの処理が施されてなる請求項1~4のいずれか1項に記載のホルムアルデヒドの除去触媒。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれか1項に記載のホルムアルデヒドの除去触媒の製造方法であって、少なくとも炭化ケイ素に熱処理を施す熱処理工程および炭化ケイ素に粉砕処理を施す粉砕工程のいずれかを含むことを特徴とするホルムアルデヒドの除去触媒の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

16910_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close