Top > Search of Japanese Patents > NEW FLUORESCENT COMPOUND AND FLUORESCENT LABELING AGENT

NEW FLUORESCENT COMPOUND AND FLUORESCENT LABELING AGENT meetings

Patent code P07P005124
File No. IP17-059
Posted date Aug 16, 2007
Application number P2006-021008
Publication number P2007-197406A
Patent number P4320404
Date of filing Jan 30, 2006
Date of publication of application Aug 9, 2007
Date of registration Jun 12, 2009
Inventor
  • (In Japanese)吉原 利忠
  • (In Japanese)山田 圭一
  • (In Japanese)大島 寿郎
  • (In Japanese)辻本 瞳
  • (In Japanese)片貝 良一
  • (In Japanese)飛田 成史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title NEW FLUORESCENT COMPOUND AND FLUORESCENT LABELING AGENT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new compound useful as a fluorescent labeling agent for labeling substances such as proteins, peptides, etc., with fluorescence.
SOLUTION: The compound is represented by general formula (I) [wherein R1 is independently a 1-5C alkyl group; n is 0 or 1; R is a 1-10C alkyl group or a group represented by the formula -CH2CH(NHR2)COOH (R2 is hydrogen or a protecting group of an amino group)].
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


生体内におけるタンパク質やペプチドの構造と機能を解明する上で,蛍光分光法は極めて高感度な分析手法として広く用いられている。現在では共焦点レーザー顕微鏡などの測定機器の進歩によって高い時間分解能・空間分解能をもった動的解析,可視化が可能である。しかし,天然のタンパク質,ペプチドに含まれる蛍光性アミノ酸残基であるトリプトファン,チロシン,フェニルアラニンは,吸収波長が紫外領域(約300nm以下)にあり,しかも蛍光波長領域も紫外部にあるため,タンパク質,ペプチドを可視化することはできない。そこで,クマリン,ローダミンなどの蛍光色素をタンパク質やペプチドの側鎖に導入する方法が開発されている(例えば、特許文献1参照)。しかし,この方法では,導入できるサイトが限定される,発色団が大きいためタンパク質本来の性質がゆがめられてしまう可能性がある,などの問題点を含んでいる。
そこで、タンパク質やペプチドを効率よく標識できる新規な蛍光標識物質の開発が望まれていた。
【特許文献1】
特許第3719979号明細書

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、タンパク質やペプチドなどの物質を蛍光標識するための蛍光標識剤などとして有用な新規化合物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(I)で表される化合物。
【化1】
 


R1は独立して炭素数1-5のアルキル基を示し、
nは0を示し、R-CH2CH(NHR2)COOHで表される基(R2は水素もしくはアミノ基の保護基を示す)を示すか、または
R1は独立して炭素数1-5のアルキル基を示し、
nは1を示し、Rは炭素数1-10のアルキル基または-CH2CH(NHR2)COOHで表される基(R2は水素もしくはアミノ基の保護基を示す)を示す。

【請求項2】
 
下記のいずれかである、請求項1に記載の化合物。
【化2】
 



【請求項3】
 
請求項1または2記載の化合物をタンパク質またはペプチドに導入する工程を含む、蛍光標識タンパク質または蛍光標識ペプチドの製造法。

【請求項4】
 
請求項1または2記載の化合物を含む、蛍光標識剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close