Top > Search of Japanese Patents > ACCELERATION EVALUATION DEVICE

ACCELERATION EVALUATION DEVICE

Patent code P07P004858
File No. TOYO-05051P
Posted date Aug 24, 2007
Application number P2006-024512
Publication number P2007-205844A
Patent number P4961548
Date of filing Feb 1, 2006
Date of publication of application Aug 16, 2007
Date of registration Apr 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)西村 一寛
  • (In Japanese)井上 光輝
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人豊橋技術科学大学
Title ACCELERATION EVALUATION DEVICE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a portable acceleration evaluation device that does not require a power supply for driving a sensor or the like, does not require an apparatus for determining data, eliminates constraints of the installation place, and does not require complicated work for mounting.

SOLUTION: A movable section 1 and fixed sections 2 and 5 are constituted by combining permanent magnets and soft magnetic materials in a certain space formed by a guide 6, the permanent magnets of the movable section and fixed sections are arranged so that the magnetic forces act repulsively, and the binding state is kept using a phenomenon where the movable section 1 approaches the fixed section 2 or magnetically attracts and binds to the fixed section 2 dependently on the magnitude of the applied acceleration. An electric circuit is arranged around the movable section, a mechanism of cutting the electric circuit according to the movement of the movable section is provided, and the movement of the movable section depending on the magnitude of the acceleration is utilized as an electric switch.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


既存の加速度センサを用いて、加速度や衝撃を検出することによって、 特許文献1の「防犯・防災システム」、特許文献2の「墜落検知センサー」、特許文献3の「盗難追跡及び緊急通報装置」、特許文献4の「車両用エアバック装置」、特許文献5の「車両事故通報システム」、特許文献6の「車両事故記録装置」などが利用されている。



また、地震発生時に電気回路を短絡させ、確実にブレーカーを遮断するものとして、特許文献7、もしくは、特許文献8の「感震短絡装置」、および、特許文献9の「振動を関知し漏電ブレーカを作動させる装置」が利用されている。地震発生から避難時間を考慮してタイマーを設けて作動する特許文献10の「主幹漏電ブレーカー用感震センサー」も利用されている。

【特許文献1】特開平11-31286号公報

【特許文献2】特開2000-283995号公報

【特許文献3】特開2003-36493号公報

【特許文献4】特開平10-71911号公報

【特許文献5】特開平8-287386号公報

【特許文献6】特開2001-55175号公報

【特許文献7】特開平10-122946号公報

【特許文献8】特開2002-83530号公報

【特許文献9】登録実用新案第3057397号公報

【特許文献10】特開2000-243211号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、加速度に反応して、設定値以上の大きさの加速度に対して、永久磁石と軟磁性体とが磁気的に吸着・結合することにより、加速度の大きさを評価する加速度評価装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
周囲のいずれにも固定されていない、永久磁石からなる可動部と該可動部が永久磁石の磁極面に直角な方向に直線状に自在に、その内部またはそれにより構成された空間を移動することが可能で、かつ可動部の移動が外部から目視可能なガイドと、該ガイドの一端は平板上の材料で封じられて底板として機能し、底板には当該ガイドを立てて固定・安定化させるための機構を備えており、該ガイドの内側で底板に固定されて配置された永久磁石と、該永久磁石の一方の磁極面に磁力によって吸着・一体化されている軟磁性体からなる固定部から構成され、該可動部の永久磁石と該固定部の永久磁石は、可動部と固定部の両方の永久磁石の構造中心軸が一本の直線に一致して、かつ同じ磁極の磁性面が対向して、さらに固定部の永久磁石に吸着する軟磁性体が可動部側に対向して配置されており、可動部と固定部は、互いの永久磁石の磁力の反発力により、該可動部がガイド内の該固定部の上部空間に浮上状態を維持する構造で、設定値以上の加速度が装置に作用したときに、加速度により可動部が移動して固定部側に近づき、固定部の軟磁性体の極性変化により、可動部と固定部が磁気的に吸着し、その吸着状態を保持することを特徴とする加速度評価装置

【請求項2】
 
固定部が設置されている端と対向するガイドの端に設けられた封止板に固定されて、同じ構成からなる固定部が配置されてなり、可動部は二組の固定部の中間に配置され、二組の固定部の永久磁石の可動部側磁極の極性は、対向する可動部の永久磁石の磁極と同じ極性を示すように配置されてなり、かつ、該可動部は両固定部からの磁力の反発力により、両固定部の間に存在している構造である事を特徴とする請求項1に記載の加速度評価装置

【請求項3】
 
可動部と固定部とガイドから構成された加速度評価装置を一ユニットとして、このユニットをX、Y、Zの3軸に直交するように配置して一体とした構成であることを特徴とする請求項2に記載の加速度評価装置
Industrial division
  • Measurement
  • Traffic, transportation
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006024512thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close