Top > Search of Japanese Patents > ELECTRIC DISCHARGE MACHINING METHOD AND ELECTRIC DISCHARGING MACHINING APPARATUS

ELECTRIC DISCHARGE MACHINING METHOD AND ELECTRIC DISCHARGING MACHINING APPARATUS

Patent code P07A010304
Posted date Aug 24, 2007
Application number P2005-331253
Publication number P2007-038391A
Patent number P5124762
Date of filing Nov 16, 2005
Date of publication of application Feb 15, 2007
Date of registration Nov 9, 2012
Priority data
  • P2005-199015 (Jul 7, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)早川 伸哉
  • (In Japanese)須藤 優美香
  • (In Japanese)大宮 健司
  • (In Japanese)中村 隆
  • (In Japanese)糸魚川 文広
Applicant
  • Nagoya Institute of Technology
Title ELECTRIC DISCHARGE MACHINING METHOD AND ELECTRIC DISCHARGING MACHINING APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electric discharge machining method, reducing the finishing time for minimizing the surface roughness of a machined surface in electric discharge machining.
SOLUTION: In this electric discharge machining method, bubbles generated due to vaporization and separation of a working fluid in submerged discharge are captured in a container fitted to one of a tool electrode, a workpiece and an electric discharge machining apparatus, so that bubbles are stored in the container, or and gas such as inert gas and nitrogen is supplied to the container, whereby the liquid level in the container is lowered to cause the transition from the submerged machining state to air machining.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、放電加工では通常は油や水などの加工液中でパルス放電を発生させることで除去加工が行われる.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、放電加工方法及び放電加工装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
放電加工において液中加工の状態から気中加工の状態へ加工を継続したまま徐々に移行させることを特徴とする放電加工方法。

【請求項2】
 
液中放電によって加工液が気化・分解して生じる気泡を工具電極、工作物及び放電加工装置のいずれかに取り付けた容器により捕集し、当該容器内に気泡が溜まることによって当該容器内の液面が低下することで液中加工から気中加工へ移行させることを特徴とする請求項1記載の放電加工方法。

【請求項3】
 
具電極、工作物及び放電加工装置のいずれかに取り付けた捕集容器に不活性ガスや窒素などの気体を供給して当該容器内の液面を低下させることで液中加工から気中加工へ移行させることを特徴とする請求項1記載の放電加工方法。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のいずれか1つに記載の放電加工方法を実施するのに用いる放電加工装置であって、工具電極を工作物と対向させて加工液中に設置し、当該工具電極、工作物及び放電加工装置のいずれかがガスを捕集するための容器を備え、前記容器の下縁が放電面より下に位置していることを特徴とする放電加工装置。

【請求項5】
 
請求項4の放電加工装置において、ガスを捕集するための容器内に外部から不活性ガスや窒素などの気体を供給する装置を備えたことを特徴とする請求項4記載の放電加工装置。

【請求項6】
 
加工槽内の加工液中に工具電極を工作物と対向させて設置し、当該加工槽内の加工液を排出して液面を低下させることで液中加工から気中加工へ移行させることを特徴とする請求項1記載の放電加工方法

【請求項7】
 
工液が純水であることを特徴とする請求項3又は6記載の放電加工方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005331253thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close