Top > Search of Japanese Patents > INSULIN SECRETION-INDUCING AGENT, INSULIN SECRETION-INDUCING COMPOSITION AND METHOD FOR PRODUCING THE COMPOSITION AND VIRUS VECTOR FOR GENE THERAPY

INSULIN SECRETION-INDUCING AGENT, INSULIN SECRETION-INDUCING COMPOSITION AND METHOD FOR PRODUCING THE COMPOSITION AND VIRUS VECTOR FOR GENE THERAPY

Patent code P07P004971
File No. T80
Posted date Aug 31, 2007
Application number P2006-029965
Publication number P2007-209214A
Patent number P4520951
Date of filing Feb 7, 2006
Date of publication of application Aug 23, 2007
Date of registration May 28, 2010
Inventor
  • (In Japanese)豊島 秀男
  • (In Japanese)横尾 友隆
  • (In Japanese)山田 信博
Applicant
  • (In Japanese)学校法人埼玉医科大学
Title INSULIN SECRETION-INDUCING AGENT, INSULIN SECRETION-INDUCING COMPOSITION AND METHOD FOR PRODUCING THE COMPOSITION AND VIRUS VECTOR FOR GENE THERAPY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an insulin secretion-inducing agent and insulin secretion-inducing composition and to provide a method for producing the composition and to provide a virus vector for gene therapy.
SOLUTION: The insulin secretion-inducing agent comprises a polypeptide having an amino acid sequence encoded by a well-known DNA, etc., as a DNA encoding a film protein Tm4sf20 (Transmembrane 4L six family member 20) and its fragment as active ingredients.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


今日本人のライフスタイルの欧米化により、糖尿病、高脂血症、高血圧や肥満といった生活習慣病がクローズアップされている。このような中で消化管は食事中の栄養分を吸収するだけでなく消化管ホルモンを産生する内分泌器官として注目されており、胃で産生されるグレリンの他、消化管から分泌されるグルカゴン様ペプチド-1(Glucagon-like peptide-1:GLP-1)や胃酸分泌抑制ポリペプチド(Gastric inhibitory polypeptide:GIP)などが既にクローニングされている。グレリンは摂食亢進作用を持ちエネルギー代謝と関連がある。GLP-1やGIPはインクレチンとして食事負荷により膵臓に働きインスリン分泌を誘導する。また、GIPは脂肪にも発現しておりGIPレセプターのノックアウトマウスは痩せる事からも肥満との関連も示唆されている。このように、消化管ホルモンはエネルギー代謝や摂食行動などに関わっており、生活習慣病においてその成因の新しいメカニズムの解明につながってきている。しかしながら、消化管ホルモンの全容は未だ明らかにされておらず、不明な部分も多い。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、糖尿病をはじめとする種々の代謝性疾患の治療に有効なインスリン分泌誘導剤及びインスリン分泌誘導組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
次の(a)~(c)の少なくともいずれか1つを有効成分とするインスリン分泌誘導剤;
(a)配列番号1又は配列番号4に記載の塩基配列からなるDNAによりコードされるアミノ酸配列からなるポリペプチド、
(b)配列番号1又は配列番号4に記載の塩基配列からなるDNAによりコードされるアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が置換、欠失及び/又は付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、インスリン分泌誘導作用を持つポリペプチド、
(c)インスリン分泌誘導作用を持つ(a)又は(b)のポリペプチドのフラグメント。

【請求項2】
 
配列番号4に記載の塩基配列からなるDNAによりコードされるアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が置換、欠失及び/又は付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、インスリン分泌誘導作用を持つポリペプチドが配列番号7に記載の塩基配列からなるDNAによりコードされるアミノ酸配列からなるポリペプチドである請求項1記載のインスリン分泌誘導剤。

【請求項3】
 
次の(d)~(f)の少なくともいずれか1つを有効成分とするインスリン分泌誘導剤;
(d)配列番号3又は配列番号6に記載のアミノ酸配列からなるポリペプチド、
(e)配列番号3又は配列番号6に記載のアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が置換、欠失及び/又は付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、インスリン分泌誘導作用を持つポリペプチド、
(f)インスリン分泌誘導作用を持つ(d)又は(e)のポリペプチドのフラグメント。

【請求項4】
 
配列番号6に記載のアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が置換、欠失及び/又は付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、インスリン分泌誘導作用を持つポリペプチドが配列番号9に記載のアミノ酸配列からなるポリペプチドである請求項3記載のインスリン分泌誘導剤。

【請求項5】
 
インスリン分泌誘導作用を持つポリペプチドのフラグメントが配列番号10に記載のアミノ酸配列を少なくとも含むポリペプチドである請求項3記載のインスリン分泌誘導剤。

【請求項6】
 
インスリン分泌誘導作用を持つポリペプチドのフラグメントが配列番号11に記載のアミノ酸配列を少なくとも含むポリペプチドである請求項3記載のインスリン分泌誘導剤。

【請求項7】
 
インスリン分泌誘導作用を持つポリペプチドのフラグメントが配列番号12に記載のアミノ酸配列を少なくとも含むポリペプチドである請求項3記載のインスリン分泌誘導剤。

【請求項8】
 
配列番号3に記載のアミノ酸配列からなるポリペプチド、配列番号6に記載のアミノ酸配列からなるポリペプチド、配列番号9に記載のアミノ酸配列からなるポリペプチド、配列番号10に記載のアミノ酸配列を少なくとも含むポリペプチド、配列番号11に記載のアミノ酸配列を少なくとも含むポリペプチド、配列番号12に記載のアミノ酸配列を少なくとも含むポリペプチド、の少なくともいずれか1つを有効成分として含有するインスリン分泌誘導組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006029965thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close