Top > Search of Japanese Patents > SOLVENT FOR SLIGHTLY SOLUBLE POLYSACCHARIDES AND COMPOSITION COMPRISING THE SOLVENT AND THE POLYSACCHARIDES

SOLVENT FOR SLIGHTLY SOLUBLE POLYSACCHARIDES AND COMPOSITION COMPRISING THE SOLVENT AND THE POLYSACCHARIDES

Patent code P07A010358
Posted date Aug 31, 2007
Application number P2004-326165
Publication number P2006-137677A
Patent number P4951750
Date of filing Nov 10, 2004
Date of publication of application Jun 1, 2006
Date of registration Mar 23, 2012
Inventor
  • (In Japanese)大野 弘幸
  • (In Japanese)深谷 幸信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title SOLVENT FOR SLIGHTLY SOLUBLE POLYSACCHARIDES AND COMPOSITION COMPRISING THE SOLVENT AND THE POLYSACCHARIDES
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a solvent for slightly soluble polysaccharides, which has excellent solubility for the polysaccharides such as cellulose and chitin, gives low loads to environments, and does not accompany a danger, when handled, and to provide a composition comprising the solvent and the polysaccharides.
SOLUTION: This solvent for the slightly soluble polysaccharides comprises a highly polar halogen-free ionic liquid, and the composition comprising the solvent and the slightly soluble polysaccharide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


天然界で合成される多糖類(天然多糖類)は、再生型の天然高分子資源として、古くから様々な利用が検討されてきた。天然多糖類には、アルギン酸ナトリウム、アラビアゴム等の水可溶性の多糖類もあるが、キチン・キトサンや綿花などの主成分であるセルロース等の難溶性多糖類は、その分子内・分子間に存在する強固な水素結合により、熱可塑性を示さず,水や一般的な有機溶剤にも不溶である。



難溶性多糖類の例としてセルロースを挙げ、その溶媒についてまとめると、1857年にセルロースを溶解する銅アンモニウム溶液が発見されて以来、現在までに100以上のセルロース溶解溶媒が報告されている。それらの溶媒はほとんどが単一成分の溶媒でなく、特定の比率で混合された多成分系溶媒であり、例えば、DMSO/二酸化硫黄/アミン(特許文献1)、DMSO/パラホルムアミド(特許文献2)、DMF/四酸化二窒素(非特許文献1)、DMF/塩化ニトロシル(非特許文献2)、DMF/クロラール/ピリジン(非特許文献3)等が知られている。



現在のところ、これらの多成分系溶媒を用いて工業的にセルロースの応用がなされている。また、単一成分で使用できる溶媒として、N-メチルモルホリン-N-オキシド(特許文献3及び4)や、ヒドラジン(非特許文献4)等も知られている。しかしながら、これらの公知の溶媒は、毒性の高いものや、爆発性に富むものが多く、その取り扱いには注意が必要である。また、セルロースを誘導体化して溶解させる方法も知られているが、天然状態での溶解ではないので、その利用は限定される。



近年、工業化には至っていないものの、学術レベルにおいて、1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムクロライド等のハロゲン系オニウム塩がセルロースを溶解すること、セルロースの誘導体化を起こさずに天然状態で溶解が可能となることから、溶解後にセルロースの化学修飾をこのイオン液体中で行うことができることが報告されている(非特許文献5)。しかしながら、これらのイオン液体は、環境に好ましくないハロゲンを含み、且つ、セルロースを溶解させるには、100℃以上の高温加熱とマイクロウェーブ等の物理的処理を必要とする。また、これらセルロースを溶解するイオン液体であっても、セルロースよりも難溶なキチンを溶解するには至っていない。



【特許文献1】
特公昭44-2592号公報
【特許文献2】
英国特許第1309234号明細書
【非特許文献1】
W. F. Folwer ; J. Am. Chem. Soc., 69, 1639 (1947)
【非特許文献2】
中尾、山崎;19回高分子討論会予稿集、1143(1970)
【非特許文献3】
K. H. Meyer ; Monatsch., 81, 151 (1950)
【特許文献3】
特公昭46-1854号公報
【特許文献4】
特公昭47-13529号公報
【非特許文献4】
M. Litt ; Cellu. Div. Preprints. Mtg. NY (1976)
【非特許文献5】
R. P. Swatloski et.al., J. Am. Chem. Soc., 124, 4974 (2002)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、難溶性多糖類の溶解剤および該溶解剤と多糖類を含有してなる組成物に関する。より詳細には、イオン液体の極性がKamlet-Taftβ値で1.02から1.08である非ハロゲン系イオン液体からなるセルロース、キチン等の難溶性多糖類の溶解剤および当該溶解剤とセルロース、キチン等の難溶 性多糖類とを含有してなる組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ブチルメチルイミダゾリウムホルメイト、ブチルメチルイミダゾリウムアセテート、アリルメチルイミダゾリウムホルメイト、プロピルメチルイミダゾリウムホルメイトより選ばれるイオン液体又はプロピルメチルイミダゾリウムホルメイトとエチルメチルイミダゾリウムホルメイトよりなる多成分系イオン液体からなる、セルロース又はキチンの溶解剤。

【請求項2】
 
ブチルメチルイミダゾリウムホルメイト、ブチルメチルイミダゾリウムアセテート、アリルメチルイミダゾリウムホルメイト、プロピルメチルイミダゾリウムホルメイトより選ばれるイオン液体又はプロピルメチルイミダゾリウムホルメイトとエチルメチルイミダゾリウムホルメイトよりなる多成分系イオン液体にセルロース又はキチンを溶解し含有してなることを特徴とする組成物。

【請求項3】
 
前記組成物中のセルロース又はキチンの含有量が1乃至5質量%である請求項2記載の組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

17071_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close