Top > Search of Japanese Patents > CARBON MATERIAL AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

CARBON MATERIAL AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

Patent code P07A010365
Posted date Aug 31, 2007
Application number P2005-060955
Publication number P2006-240937A
Patent number P4887483
Date of filing Mar 4, 2005
Date of publication of application Sep 14, 2006
Date of registration Dec 22, 2011
Inventor
  • (In Japanese)渡辺 敏行
  • (In Japanese)曽根 正人
  • (In Japanese)須賀 陽介
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title CARBON MATERIAL AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new carbon material and a method for manufacturing the same.
SOLUTION: The carbon material is obtained by linking polyhedral crystals having a diamond structure in a fiber shape. This carbon material can be manufactured by performing plasma discharge in carbon dioxide made supercritical and it can be used as a wear resistant material, a dispersion strengthened material, a hydrogen storage material, an electron beam emitter, a diamond semiconductor and other electronic materials.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、炭素材料は物性や構造が非常に多様性のある物質群を構成しており、古くからダイヤモンドやグラファイトが良く知られている。近年ではフラーレン、カーボンナノチューブなどの新しい炭素材料が発見され、その効率的な製造方法の開発と、応用分野の探索が進んでいる。



従来の炭素材料、及びその製造方法の例として、(特許文献1)には、カーボンナノチューブを10GPa以上に加圧し、1600℃以上に加熱することを特徴とするナノダイヤモンドの製造方法が開示されている。また、(特許文献2)には、=C=等の結合を含む炭素材料に対し、X線、マイクロ波及び超音波の少なくとも1種を照射することにより、反応させて、ダイヤモンド薄膜、微粒子状ダイヤモンド等を形成させることを特徴とする機能性炭素材料の製法が記載されている。
上記のような種々の炭素材料は、電気・電子・磁気分野、エネルギー分野、表面改質分野(耐摩耗性等)、プローブ・センサ分野、医療・診断分野など、広汎な分野への応用が将来へ向け期待されており、より優れた物性を持つ炭素材料の開発が強く望まれている。



【特許文献1】
特開2002-66302号公報(請求項5)
【特許文献2】
特開2000-109310号公報(請求項1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は炭素材料の技術分野に属する。さらに詳しくは、従来のフラーレンやカーボンナノチューブ等とは異なる新規な構造(ダイヤモンド構造)を有するナノ炭素材料、及びその製造方法に関する発明である。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ダイヤモンド構造を有する多面体の結晶が繊維状に連結してなり、前記多面体の結晶の径が30~150nmであることを特徴とする炭素材料。

【請求項2】
 
前記ダイヤモンド構造を有する多面体の結晶が連結して繊維状の物質を形成し、前記繊維状の物質の複数が網状に絡まっている請求項1に記載の炭素材料。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載の炭素材料の製造方法であって、超臨界状態にした二酸化炭素中でプラズマ放電を行う炭素材料の製造方法。

【請求項4】
 
請求項3に記載の製造方法において、プラズマ放電を行う電極として白金、金、亜鉛、亜鉛めっき鉄、又は真鍮から選ばれる金属製電極を用いることを特徴とする炭素材料の製造方法。

【請求項5】
 
請求項3又は4に記載の製造方法において、プラズマ放電を行う際に、高周波電源を用いて電力を印加することを特徴とする炭素材料の製造方法。

【請求項6】
 
請求項3又は4に記載の製造方法において、プラズマ放電を行う際に、直流電源を用いて電力を印加することを特徴とする炭素材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005060955thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close