Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF MEASURING FORMALDEHYDE

METHOD OF MEASURING FORMALDEHYDE meetings

Patent code P07P004724
File No. TOYAMA-PG05S64JP
Posted date Sep 7, 2007
Application number P2006-042850
Publication number P2007-218866A
Patent number P4769940
Date of filing Feb 20, 2006
Date of publication of application Aug 30, 2007
Date of registration Jul 1, 2011
Inventor
  • (In Japanese)田口 茂
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title METHOD OF MEASURING FORMALDEHYDE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of measuring formaldehyde contained in city water or the like, capable of executing easily in various places, capable of retraining an expense and a time, and excellent in precision and objectivity.
SOLUTION: An initial process is executed to add MBTH to a water sample to generate an azine, to add thereafter an oxidant such as ferric chloride or the like to the water sample, and to generate an oxidized type MBTH of a cation and a blue cationic pigment by a reaction of one part of the oxidized type MBTH with the azine. An organic compound such as sodium tetra-phenyl borate serving as an anion in the water sample is added thereafter to change the oxidized type MBTH into a yellow ion aggregate of yellowish color and to change the blue cationic pigment into a blue ion aggregate of blue color respectively by hydrophobic interaction. The both ion aggregates are hydrophobic and float in the water sample to be easily filtrated by a membrane filter 3, and a concentration is determined by a color deposited on the membrane filter 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ホルムアルデヒドは、一個の炭素原子と一個の酸素原子と二個の水素原子とから構成される比較的簡単な構造で、様々な分子を重合する性質があり、保存薬や接着剤の原料として広く使用されている。しかし誤飲などで多量に摂取された場合、網膜を始めとする全身のタンパク質を変質させて、重大な健康被害を及ぼす恐れがあり、また近年はシックハウス症候群の原因物質にも挙げられている。このような要因から、平成16年4月1日から施行された改正水道法によって、ホルムアルデヒドは水道水1リットル当たり0.08mg以下という水道水質基準が追加された。また水道水以外の井戸水や工場排水などについても、周辺の生活環境を悪化させないよう、必要に応じて調査が行われている。



水中に含有しているホルムアルデヒドの濃度の測定は、ガスクロマトグラフ-質量分析計(GC/MS)などを用いた高精度な方法が確立しており、浄水場などで公式な測定に使用されている。また他にも、試薬を用いて光学的に判定を行なう方法として、MBTH法、クロモトロープ酸法、AHMT法などが開発されており、そのうちMBTH法については、下記特許文献が公開されている。この文献に記載されている技術は、アルデヒドの含有率が高い消毒液などを測定の対象としており、試験サンプル中に、3-メチル-2-ベンゾチアゾロンヒドラゾン(以下、MBTHと記載)を滴下して、酸化工程などを経て、試験サンプルの色の観察によりアルデヒドの存在を決定している。
【特許文献1】
特開2002-328122号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、上水道などから抽出された試料水に含有しているホルムアルデヒドの測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一定量だけ抽出された試料水に、一定量の3-メチル-2-ベンゾチアゾロンヒドラゾン(以下、MBTHと記載)を添加して、試料水に含有しているホルムアルデヒドをアジンに変換する第一工程と、
前記第一工程による反応が完了した後、一定量の酸化剤を添加して、試料水に残存しているMBTHを酸化型MBTHに変換する第二工程と、
前記アジンと前記酸化型MBTHとが結合することで、青色陽イオン色素が生成される第三工程と、
から構成される初期処理の後、
試料水に、一定量のテトラフェニルホウ酸ナトリウムを添加して、該テトラフェニルホウ酸ナトリウムから生成されたテトラフェニルホウ酸イオンと前記酸化型MBTHとの疎水性相互作用による黄色イオン会合体と、該テトラフェニルホウ酸イオンと前記青色陽イオン色素との疎水性相互作用による青色イオン会合体と、が生成される疎水化工程を実施して、
次に試料水をメンブランフィルター(3)によって濾過する濃縮工程を実施して、
最後に前記メンブランフィルター(3)に定着した色彩と、基準となる標準色列表(4)とを目視比較して濃度を判定することを特徴とするホルムアルデヒドの測定方法。

【請求項2】
 
前記メンブランフィルター(3)は、硝酸セルロースを主原料とするセルロース混合エステル製であることを特徴とする請求項1記載のホルムアルデヒドの測定方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006042850thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close