Top > Search of Japanese Patents > INTERFERENCE ELIMINATION SYSTEM AND DEVICE BY MAXIMUM CORRELATION VALUE PATTERN DETECTION

INTERFERENCE ELIMINATION SYSTEM AND DEVICE BY MAXIMUM CORRELATION VALUE PATTERN DETECTION meetings

Patent code P07P004861
File No. TOYO-06002P
Posted date Sep 7, 2007
Application number P2006-040616
Publication number P2007-221525A
Patent number P4862151
Date of filing Feb 17, 2006
Date of publication of application Aug 30, 2007
Date of registration Nov 18, 2011
Inventor
  • (In Japanese)横山 光雄
  • (In Japanese)ランガ ヘッティアーラッチ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人豊橋技術科学大学
Title INTERFERENCE ELIMINATION SYSTEM AND DEVICE BY MAXIMUM CORRELATION VALUE PATTERN DETECTION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an interference signal eliminating method for achieving performance improvement by eliminating the need of prior information for reception, simplifying a device and shortening a processing time in communication using a spread code system such as a spread spectrum multiple access (SSMA) system and a code division multiple access (CDMA) system.
SOLUTION: A synchronous circuit that can grasp spread codes and receiving levels of the whole signals during synchronous communication is used to prepare all combination patterns of an interference signal corresponding to data change. Since a combination patten in which a received signal coincides with an interference signal obtains the largest correlation value in the case of obtaining the correlation of a combination pattern between a received signal and an interference signal, the maximum correlation value is detected to thereby determine a signal obtained in the combination of the maximum correlation value as an interference signal. The determined interference signal is subtracted from the received signal to thereby eliminate interference. According to the invention, a receiver is simplified and the improvement of communication quality and the improvement of communication capacity are simultaneously attained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


SSMA、または、CDMAと呼ばれている通信システムでは、同一帯域内で複数の信号が共存して通信しあう。特定の通信相手の識別は、スペクトルを拡散する符号による相関受信により行われる。



その際、同時通信局数が多いと、他局との相互相関雑音が増え、通信品質を劣化させる。満足する品質を保証するには、同時通信局数を減らさなければならない。この相互相関雑音を減じる技術として干渉除去技術が必要となっている。(非特許文献1参照)
【非特許文献1】
S.Moshavi, “Multi-user detection for DS-CDMA communications,” IEEE Commun. Mag.,Vol. 34, No. 10, pp. 124-136, Oct. 1996.

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、スペクトル拡散多元接続(以下、SSMA)、または、符号分割多元接続(以下、CDMA)と呼ばれている、通信システムでの干渉除去技術に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
通信している信号のうち、希望局以外の拡散符号のあらゆる組合せを作成し、この組合せの合成パターンと受信信号との相関値を計算し、その値が最大となるパターンに対応する組合せを干渉信号と判定することを特徴とする通信システムにおける干渉信号判定方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載の干渉信号判定方法を使用する干渉信号除去方法であって、前記干渉信号を前記受信信号から引き算することにより干渉信号を除去することを特徴とする通信システムにおける干渉信号除去方法。

【請求項3】
 
受信信号から通信中の拡散符号の種類および信号レベルを取得するPN同期システム装置と、除去すべき干渉信号を判定するための基本除去装置と、受信信号から干渉信号を引き算する手段とを備え、前記基本除去装置は、前記PN同期システム装置から得られる干渉信号の拡散符号に基づき作成された組合せによる非希望信号マトリックスを蓄積する多元マトリックステーブルと、前記非希望信号マトリックスを構成する組合せの合成パターンと受信信号との相関値を計算し、その値が最大となるパターンを検出する最大相関検出器とを備えることを特徴とする干渉信号除去装置。

【請求項4】
 
請求項3に記載の干渉信号除去装置を使用する通信装置であって、前記干渉信号除去装置は、アンテナを備えた受信機に備えられていることを特徴とする受信装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006040616thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close