Top > Search of Japanese Patents > siRNA SPECIFIC TO ANDROGEN RECEPTOR GENE

siRNA SPECIFIC TO ANDROGEN RECEPTOR GENE meetings

Patent code P07P004908
File No. 129-435
Posted date Sep 7, 2007
Application number P2006-039768
Publication number P2007-215481A
Patent number P4961549
Date of filing Feb 16, 2006
Date of publication of application Aug 30, 2007
Date of registration Apr 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)中城 公一
  • (In Japanese)浜川 裕之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人愛媛大学
Title siRNA SPECIFIC TO ANDROGEN RECEPTOR GENE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a clinically applicable siRNA (small interference RNA) targeting an AR (androgen receptor) gene.
SOLUTION: The double-stranded siRNA is a double-stranded siRNA that targets an AR gene and is a double-stranded siRNA of 21 bases comprising 19 base pairs and 2 base 3' terminal overhangs or a double-stranded siRNA of blunt end comprising 27 base pairs in which the sequence of the 19 base pairs is a specific sequence and the sequence of the 27 base pairs is a specific sequence. Mediating an AR gene-specific RNAi while avoiding an off-target effect and interferon response, the double-stranded siRNA is clinically applicable and is useful in the field of a therapy and a pharmaceutical composition using an AR as a target molecule, for example, in the field of a therapy and a pharmaceutical composition related to a cancer therapy including prostatic cancer.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

前立腺癌は、欧米では男性が罹患する最も頻度の高い癌である。日本においても、食生活の欧米化及び人口の高齢化に伴い、前立腺癌患者数が年々増加している。一般に前立腺癌細胞の増殖は、アンドロゲンにより刺激される。そのため、切除不能な進行前立腺癌の治療においては、アンドロゲンの産生及び機能を阻害するホルモン療法がしばしば行われる。その奏効率は、極めて高い。しかしながら、数年以内にアンドロゲン非依存性前立腺癌として再燃をきたす。したがって、前立腺癌治療においては、アンドロゲン非依存性癌の制御が最も重要な課題となる。

アンドロゲン依存性前立腺癌から非依存性癌への進行の詳細な分子メカニズムは明らかではないが、アンドロゲン受容体(AR)の関与が示唆されている。すなわち、アンドロゲン非依存性癌は、ARの変異あるいは増幅により、超低濃度のアンドロゲン、抗アンドロゲン剤、その他のステロイドホルモンなどに感受性を示すことが明らかにされている(特許文献1、非特許文献1~5参照)。また、数種類の増殖因子によるARの活性化も報告されている(非特許文献6参照)。そこで、AR拮抗剤などによる前立腺癌の治療が試みられている(特許文献2参照)。

RNA干渉(RNAinterference:RNAi)技術は、生命科学研究に頻繁に利用され、その有用性は広く確認されている。RNAiとは、二本鎖RNAによって、その配列特異的にmRNAが分解され、その結果遺伝子の発現が抑制される現象をいう。2001年に21塩基の低分子二本鎖RNAが哺乳動物細胞内でRNAiを媒介できることが報告されてより(非特許文献7参照)、siRNA(small interferece RNA)は、標的遺伝子の発現抑制方法として頻用されている。また、より高いRNAi効果を得るためのsiRNAの配列選択基準についても報告されている(非特許文献8参照)。RNAi技術は、医薬品への応用や、癌を含む種々の難治性疾患の治療への応用が期待されている。

しかしながら、siRNAを臨床応用する場合、インターフェロン応答の問題がある。すなわち、高濃度の合成siRNAを細胞内に導入したり、細胞内において高濃度にsiRNAを発現させたりすると、インターフェロン応答が誘導され非特異的な発現阻害や非特異的な細胞増殖阻害が起こる。現在では、10nM以上の合成siRNAを細胞内導入するとインターフェロン応答が誘導されることが知られている。

さらに、siRNAを臨床応用する場合、オフターゲット効果の問題がある。すなわち、siRNAは、標的遺伝子の発現を抑制できる優れた技術ではあるが、標的遺伝子以外の類似標的配列を有する遺伝子の発現も抑制してしまう場合があることが明らかにされている(非特許文献9参照)。

これまでに、AR遺伝子に特異的なsiRNAであって、上述したインターフェロン応答やオフターゲット効果などの問題を回避できる臨床応用可能なsiRNAは報告されていない。
【特許文献1】
特開2004-57180号公報
【特許文献2】
特開2003-252854号公報
【非特許文献1】
Taplin MEら、「Mutation of the androgen-receptor gene in metastatic androgen-independent prostate cancer.」 N Engl J Med 332: 1393-1398, 1995.
【非特許文献2】
Koivisto Pら、「Androgen receptor gene amplification: a possible molecular mechanism for androgen deprivation therapy failure in prostate cancer.」 Cancer Res 57: 314-319, 1997.
【非特許文献3】
Gregory CWら、「Androgen receptor stabilization in recurrent prostate cancer is associated with hypersensitivity to low androgen.」Cancer Res 61: 2892-2898, 2001.
【非特許文献4】
Zhao XYら、「Glucocorticoids can promote androgen-independent growth of prostate cancer cells through a mutated androgen receptor.」 Nat Med 6: 703-706, 2000.
【非特許文献5】
Tan Jら、「Dehydroepiandrosterone activates mutant androgen receptors expressed in the androgen-dependent human prostate cancer xenograft CWR22 and LNCaP cells.」 Mol Endocrinol 11: 450-459, 1997.
【非特許文献6】
Culig Zら、「Androgen receptor activation in prostatic tumor cell lines by insulin-like growth factor-I, keratinocyte growth factor, and epidermal growth factor.」 Cancer Res 54: 5474-5478, 1994.
【非特許文献7】
Elbashir SMら、「Duplexes of 21-nucleotide RNAs mediate RNA interference in cultured mammalian cells.」 Nature 411 (6836): 494-498, 2001.
【非特許文献8】
Reynolds Aら、「Rational siRNA design for RNA interference.」 Nat Biotechnol 22 (3): 326-330, 2004.
【非特許文献9】
Jackson ALら、「Expression profiling reveals off-target gene regulation by RNAi.」 Nat Biotechnol 21 (6): 635-637, 2003.

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アンドロゲン受容体(AR)遺伝子に特異的なsiRNAに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アンドロゲン受容体(AR)遺伝子を標的とする二本鎖siRNAであって、
19塩基対と2塩基の3’末端オーバーハングとからなる21塩基の二本鎖siRNA、又は、27塩基対からなるブラントエンドの二本鎖siRNAであり、
前記19塩基対の配列が、配列表の配列番号1から3のいずれかであり、
前記27塩基対の配列が、配列表の配列番号4又は5である二本鎖siRNA。

【請求項2】
 
前記3’末端オーバーハング部分の2塩基の配列が、TTである請求項1記載の二本鎖siRNA。

【請求項3】
 
AR特異的阻害剤であって、請求項1又は2に記載の二本鎖siRNAを含み、RNA干渉によりAR遺伝子の発現を特異的に阻害するAR特異的阻害剤。

【請求項4】
 
癌治療用の医薬組成物であって、請求項1又は2に記載の二本鎖siRNAを含む医薬組成物。

【請求項5】
 
さらに、アテロコラーゲンを含む請求項4記載の医薬組成物。

【請求項6】
 
前記癌が、前立腺癌である請求項4又は5に記載の医薬組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006039768thum.jpg
State of application right Registered
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close