Top > Search of Japanese Patents > CODE DIVISION MULTIPLEXING MOBILE COMMUNICATION SYSTEM, TERMINAL STATION, AND BASE STATION

CODE DIVISION MULTIPLEXING MOBILE COMMUNICATION SYSTEM, TERMINAL STATION, AND BASE STATION

Patent code P07A010510
File No. P03-23
Posted date Sep 14, 2007
Application number P2004-062641
Publication number P2005-252837A
Patent number P3837570
Date of filing Mar 5, 2004
Date of publication of application Sep 15, 2005
Date of registration Aug 11, 2006
Inventor
  • (In Japanese)原 孝雄
  • (In Japanese)谷川 尚也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
Title CODE DIVISION MULTIPLEXING MOBILE COMMUNICATION SYSTEM, TERMINAL STATION, AND BASE STATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a code division multiplexing mobile communication system, terminal station, and base station for improving an uplink spreading code, in a system where the problem occurs that a much longer time is required for synchronizing a PN code since the distribution of a reception phase of the spreading PN code is also enlarged if the distance between the base station and the terminal station becomes long in a CDMA system.
SOLUTION: A composite code of Fig(a) composed of three element codes X, Y and Z each having a prime length in an uplink is used as a synchronizing code, and Fig(b) is used as a spreading code. Furthermore, a signal transmission level in a portion relating to the synchronizing code is made higher than a signal level in a portion relating to the spreading code.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、符号分割多重化(CDMA)移動通信方式におけるアップリンク(端末局から基地局への上り)の信号拡散方式には大別して2つあり、1つはチャネルごとに相関の少ない別々の符号を割り当てる方式であり、チャネル数だけの符号を必要とする。



もう1つは、地上系移動通信方式のアップリンクの信号拡散方式で、ロングコードと呼ばれる非常に長い1つの同じ擬似雑音(pseudo noise:PN)符号(本明細書ではすべてM系列を示す)をすべてのチャネルに割り当てて使う方式がある。これは、PN符号の自己相関特性が同相のとき以外は非常に小さい性質を利用し、端末局からの受信波の位相が互いに異なるようにして信号分離(チャンネライゼーション)を行うものである。この方式は、全チャネルに割り当てる符号が1つで済むことを特徴としている。受信側では、各チャネルごとにPN符号のフレーム同期を取る必要があるが、地上系移動通信システムのようにセルが小さいときは、距離の差によるPN符号の受信位相差も少なく、位相既知の共通チャネルを用いることにより、同期位相の推定が容易である。このため、PN符号の同期時間は短くて済む。例えば、チップレート3.84Mcpsでセルの直径が3kmとすると、受信信号の距離による位相不確定誤差は、予め決められた位相誤差を除くと40チップ以内である。



しかし、CDMA方式を低トラヒック地域などの大セルシステムに用いる場合や、衛星通信(静止又は周回衛星)などに利用する場合は、基地局と端末間の距離の分布が格段に大きくなり、その結果、拡散PN符合の受信位相の分布も大きくなる。例えば、周回衛星ではその差は数百キロメートルにもなり、静止衛星では衛星のドリフトを考慮すると受信波の位相は予知できなくなる。さらに、通常の地上移動通信においても、将来高速化した場合、位相誤差チップ数は増大する。したがって、このようなケースでは、PN符号の同期のためには全周期又は相当な部分に渡る位相の一致不一致の確認が必要となり、従来方式では、その同期に長大な時間を要するという問題が発生する。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、符号分割多重化移動通信方式及と端末局及び基地局に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アップリンクにおいて、長さが互いに素の3つの要素符号X、Y及びZから構成された複合符号
【数1】
 



を同期符号として使用し、
【数2】
 



を拡散符号として使用することを特徴とする符号分割多重化移動通信方式。

【請求項2】
 
請求項1に記載の符号分割多重化移動通信方式において、前記同期符号に関する部分の信号送信レベルを、前記拡散符号に関する部分の信号送信レベルより高くすることを特徴とする符号分割多重化移動通信方式。

【請求項3】
 
請求項1に記載の符号分割多重化移動通信方式の端末局であって、長さが互いに素の3つの要素符号X、Y及びZを発生する手段と、複合符号〔数1〕を形成する手段と、複合符号〔数2〕を形成する手段とを具え、アップリンクにおいて、複合符号Wを同期符号として使用し、複合符号W’を拡散符号として使用することを特徴とする端末局。

【請求項4】
 
請求項3に記載の端末局において、前記同期符号に関する部分の信号送信レベルを、前記拡散符号に関する部分の信号送信レベルより高くすることを特徴とする端末局。

【請求項5】
 
請求項1に記載の符号分割多重化移動通信方式の基地局であって、長さが互いに素の3つの要素符号X、Y及びZを発生する手段と、複合符号〔数1〕を形成する手段と、複合符号〔数2〕を形成する手段とを具え、アップリンクにおいて、前記複合符号の一方を同期符号として使用し、他方を拡散符号として使用し、前記2つの複合符号間の切り替えをこれらの間の相関値の変化によって検出する手段をさらに具えることを特徴とする基地局。

【請求項6】
 
請求項5に記載の基地局において、前記同期符号に関する部分の信号送信レベルが、前記拡散符号に関する部分の信号送信レベルより高いことを特徴とする基地局。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004062641thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close