Top > Search of Japanese Patents > BINAPHTHYL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

BINAPHTHYL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P07A010537
File No. P05-23
Posted date Sep 14, 2007
Application number P2005-262628
Publication number P2007-077022A
Patent number P4982732
Date of filing Sep 9, 2005
Date of publication of application Mar 29, 2007
Date of registration May 11, 2012
Inventor
  • (In Japanese)嶋田 豊司
  • (In Japanese)垣内 喜代三
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
Title BINAPHTHYL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a binaphthyl derivative capable of readily carrying out refining and separation, having relatively high activity to cross-coupling reaction and having excellent asymmetric induction ability and to provide a method for producing the derivative.
SOLUTION: An iodized binaphthyl derivative is represented by general formula (A) [wherein R1 and R2 are each independently an iodine atom or a hydrogen atom (with the proviso that R1 and R2 are not simultaneously a hydrogen atom); R3 and R4 are each independently -P(=O)(R5)2 or -P(R5)2 (R5 is a phenyl group which may have a substituent)]. The method for producing the iodized binaphthyl derivative comprises reacting 2,2'-bis(diphenylphosphino)-1,1'-binaphthyls or oxide derivatives thereof with bis(pyridine)iodonium tetrafluoroborate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


2,2’-ビス(ジフェニルホスフィノ)-1,1’-ビナフチル(略称BINAP)は野依らにより開発された触媒的不斉合成のための不斉配位子である。BINAPは優れた不斉誘起能を有するため、多くの不斉合成に用いられている。しかしながら、BINAPを骨格に持つBINAP誘導体はBINAPからの誘導化が困難なため、その開発は遅れている。



例えば、BINAP誘導体の一例として、ブロモ化BINAPが報告されているが、ブロモ化BINAPとしてモノブロモ体およびジブロモ体が生成し、それらの精製・分離が困難であった。しかも、ブロモ化BINAPはクロスカップリング反応に対する活性が低く、各種誘導体への展開が制限されていた。またブロモ化のためのブロモ化剤は毒性が高く、液体であるため、取扱いが煩雑であった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はビナフチル誘導体およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一般式(A);
【化1】
 


[式中、R1およびR2はそれぞれ独立してヨウ素原子または水素原子である(但し、R1およびR2は同時に水素原子ではない);R3およびR4はそれぞれ独立して-P(=O)(R52または-P(R52(R5炭素数1~3のアルキル基から選択される置換基を有しても良いフェニル基を示す)である]で表されるヨウ素化ビナフチル誘導体。

【請求項2】
 
R1またはR2の一方がヨウ素原子であり、他方が水素原子である請求項1に記載のヨウ素化ビナフチル誘導体。

【請求項3】
 
請求項1に記載のヨウ素化ビナフチル誘導体の製造方法であって、
2,2’-ビス(ジフェニルホスフィノ)-1,1’-ビナフチル類を酸化してオキシド誘導体を得る工程;および
オキシド誘導体をトリフルオロメタンスルホン酸の存在下、ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボレートと反応させて、一般式(A)におけるR1およびR2がそれぞれ独立してヨウ素原子または水素原子であり(但し、R1およびR2は同時に水素原子ではない)、かつR3およびR4が-P(=O)(R52であるヨウ素化ビナフチル誘導体を得る工程;
を含み、
一般式(A)におけるR1およびR2がそれぞれ独立してヨウ素原子または水素原子であり(但し、R1およびR2は同時に水素原子ではない)、かつR3およびR4が-P(R52であるか、または一方が-P(R52であって他方が-P(=O)(R52であるヨウ素化ビナフチル誘導体を製造するときは、
前工程で得られたヨウ素化ビナフチル誘導体を還元する工程;
をさらに含むヨウ素化ビナフチル誘導体の製造方法。

【請求項4】
 
一般式(B);
【化2】
 


[式中、R11およびR12はそれぞれ独立して水素原子、またはハロゲン原子、炭素数1~6のアルコキシ基、トリメチルシリル基、トリエチルシリル基および-COOR16(R16は水素原子または炭素数1~6のアルキル基である)で表される酸型またはエステル型カルボキシル基から選択される置換基を有する、炭素数2~8のアルケニル基、炭素数2~6のアルキニル基もしくは炭素数6~16のアリール基である(但し、R11およびR12は同時に水素原子ではない);R13およびR14はそれぞれ独立して-P(=O)(R152または-P(R152(R15炭素数1~3のアルキル基から選択される置換基を有しても良いフェニル基を示す)である]で表されるビナフチル誘導体。

【請求項5】
 
R11およびR12がそれぞれ独立して水素原子、またはフッ素原子、メトキシ基、トリメチルシリル基および-COOEtから選択される置換基を有する、ビニル基、エチニル基もしくはフェニル基(但し、R11およびR12は同時に水素原子ではない)である請求項4に記載のビナフチル誘導体。

【請求項6】
 
クロスカップリング反応に使用されることを特徴とする請求項1または2に記載のヨウ素化ビナフチル誘導体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

17307_22SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close