Top > Search of Japanese Patents > ORGANIC LUMINESCENT MATERIAL

ORGANIC LUMINESCENT MATERIAL commons

Patent code P07P004756
File No. NU-0083
Posted date Sep 21, 2007
Application number P2006-052614
Publication number P2007-231090A
Patent number P4660767
Date of filing Feb 28, 2006
Date of publication of application Sep 13, 2007
Date of registration Jan 14, 2011
Inventor
  • (In Japanese)山口 茂弘
  • (In Japanese)犬飼 裕子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title ORGANIC LUMINESCENT MATERIAL commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new organic luminescent material having high quantum yield in a solid state.
SOLUTION: The organic luminescent material consisting essentially of a compound represented by formula (1) (wherein, Ar1 is benzene which may be substituted; Ar2 and Ar3 are each an aryl group, a heterocyclic group or the like; R1 to R6 are each H, an alkyl group or the like) takes a nonplanar structure by the influence of sterically bulky silicon substituents: -SiR1R2R3 and -SiR4R5R6, and it is speculated that perturbation is added to a transition moment and an emission wavelength by changing the π-conjugation style. A good result has been obtained when the fluorescent quantum yield ϕ has been measured by forming the organic luminescent material into a solid. As a result, the organic fluorescent material exhibits highly efficient fluorescence even in the solid state, and is suitable as the light-emitting material (a light-emitting layer of an organic EL element, an organic laser, a chemical sensor or the like).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、発光性材料として有機電界発光素子(以下、有機EL素子という)や有機レーザ、化学センサなどに利用可能な優れた有機化合物を開発しようとする試みがなされている。このような有機化合物として、基本骨格中にケイ素が導入されたπ共役化合物が種々知られている。例えば、特許文献1には、新規な有機発光性材料として、シロール環を基本骨格に導入した多環縮環型π共役有機材料が山口らにより報告されている。
【特許文献1】
特開2005-154410号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、新規な有機発光性材料に関し、詳しくはベンゼン又は置換ベンゼンに2つのケイ素置換基がパラ位に導入された化合物を主体とする新規な有機発光性材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ベンゼン又は置換ベンゼンに2つのケイ素置換基がパラ位に導入された、下記式(1)で表される化合物を含有する、有機発光性材料。
【化1】
 


(式(1)中、Ar1は、ベンゼン又は置換ベンゼンであり、
Ar2及びAr3は、それぞれ独立に、アリール基、置換アリール基、オリゴアリール基、置換オリゴアリール基、1価の複素環基、1価の置換複素環基、1価のオリゴ複素環基及び1価の置換オリゴ複素環基からなる群より選ばれた1種であり、
R1~R6は、それぞれ独立に、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アルキルチオ基、アリール基、置換アリール基、1価の複素環基、1価の置換複素環基、アリールオキシ基、アリールチオ基、アリールアルキル基、アリールアルコキシ基、アリールアルキルチオ基、アリールアルケニル基、アリールアルキニル基、アリル基、アミノ基、置換アミノ基、シリル基、置換シリル基、シリルオキシ基、置換シリルオキシ基、アリールスルフォニルオキシ基、アルキルスルフォニルオキシ基及びハロゲン原子からなる群より選ばれた1種である。)

【請求項2】
 
Ar2及びAr3は、フェニル基、置換フェニル基及び硫黄原子又は窒素原子をヘテロ原子とする1価の複素環基からなる群より選ばれた1種である、請求項1に記載の有機発光性材料。

【請求項3】
 
R1~R6は、炭素数1~12のアルキル基又はフェニル基である、請求項1又は2に記載の有機発光性材料。

【請求項4】
 
固体状態で用いる、請求項1~3のいずれかに記載の有機発光性材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

17321_12SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close