Top > Search of Japanese Patents > FLUID ANALYZING METHOD AND FLUID ANALYZER

FLUID ANALYZING METHOD AND FLUID ANALYZER foreign

Patent code P07P005759
Posted date Sep 21, 2007
Application number P2006-053935
Publication number P2007-232540A
Patent number P4815591
Date of filing Feb 28, 2006
Date of publication of application Sep 13, 2007
Date of registration Sep 9, 2011
Inventor
  • (In Japanese)高橋 勉
  • (In Japanese)白樫 正高
  • (In Japanese)河野 稔弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学
Title FLUID ANALYZING METHOD AND FLUID ANALYZER foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fluid analyzing method which enables the easy analysis of normal line stress difference even with respect to a low viscosity fluid in addition to a high viscosity fluid, and a fluid analyzer.

SOLUTION: A shearing flow is applied to a non-Newtonian fluid 9 in the a side surface gap G by pushing a columnar bob 2 in a container 6 and then, the reaction force F received by the columnar bob 2 is measured and operational processing is executed according to a predetermined formula using the reaction force F and respective conditions input by a user to certainly calculate normal line stress difference even with respect to the non-Newtonian fluid 9 of low viscosity hardly formed into a solid shape. As a result, the analysis of the normal line stress difference can be easily performed even with respect to the non-Newtonian fluid 9 of low viscosity in addition to a non-Newtonian fluid of high viscosity.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、回転軸に取り付けられた円柱型ボブ(ロータ)を測定対象の流体に浸漬した後、回転軸を回転させると共にこのとき円柱型ボブが流体から受ける粘性抵抗力に基づいて流体の粘度を測定する回転粘度計が知られている(例えば、特許文献1参照)。

【特許文献1】特開平6-207898号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は流体解析方法及び流体解析装置に関し、例えば非ニュートン流体の解析に用いる粘度測定装置に適用して好適なものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
測定対象の流体が入った容器にボブを押し込んでゆき、前記容器内で前記流体に対してせん断流動を与える押し込みステップと、
前記ボブを前記流体に押し込んだときに該ボブが前記流体から受ける反力を測定する測定ステップと、
前記ボブの外郭寸法を基に前記流体が前記ボブを押し上げる力を算出し、該算出された押し上げ力と、前記反力と、前記ボブ及び前記容器の隙間の水平断面積とに基づいて法線応力差を算出する法線応力差算出ステップと
を備えたことを特徴とする流体解析方法。

【請求項2】
 
前記法線応力差算出ステップは、
前記反力から前記押し上げ力を減算することにより、前記ボブに作用する押し下げ力を求め、前記隙間の水平断面積で前記押し下げ力を除することにより前記法線応力差を算出する
ことを特徴とする請求項1記載の流体解析方法。

【請求項3】
 
前記法線応力差算出ステップは、
前記ボブを前記流体へ押し込むことによる増加浮力と、
前記ボブの底面部に作用する底面押し上げ抗力と、
前記隙間内で前記ボブに作用する粘性抵抗力とを合算することにより前記押し上げ力を算出する
ことを特徴とする請求項1又は2記載の流体解析方法。

【請求項4】
 
測定対象の流体が入った容器にボブを押し込んでゆき、前記容器内で前記流体に対してせん断流動を与える押し込み手段と、
前記ボブを前記流体に押し込んだときに該ボブが前記流体から受ける反力を測定する測定手段と、
前記ボブの外郭寸法を基に前記流体が前記ボブを押し上げる力を算出し、該算出された押し上げ力と、前記反力と、前記ボブ及び前記容器の隙間の水平断面積とに基づいて法線応力差を算出する法線応力差算出手段と
を備えたことを特徴とする流体解析装置。

【請求項5】
 
前記法線応力差算出手段は、
前記反力から前記押し上げ力を減算することにより、前記ボブに作用する押し下げ力を求め、前記隙間の水平断面積で前記押し下げ力を除することにより前記法線応力差を算出する
ことを特徴とする請求項4記載の流体解析装置。

【請求項6】
 
前記法線応力差算出手段は、
前記ボブを前記流体へ押し込むことによる増加浮力と、
前記ボブの底面部に作用する底面押し上げ抗力と、
前記隙間内で前記ボブに作用する粘性抵抗力とを合算することにより前記押し上げ力を算出する
ことを特徴とする請求項4又は5記載の流体解析装置。
Industrial division
  • Measurement
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006053935thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close