Top > Search of Japanese Patents > ANTIMICROBIAL AGENT USING ZEOLITE

ANTIMICROBIAL AGENT USING ZEOLITE

Patent code P07A010564
Posted date Sep 28, 2007
Application number P2006-015841
Publication number P2007-197341A
Patent number P4644812
Date of filing Jan 25, 2006
Date of publication of application Aug 9, 2007
Date of registration Dec 17, 2010
Inventor
  • (In Japanese)増田 秀樹
  • (In Japanese)大畑 奈弓
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title ANTIMICROBIAL AGENT USING ZEOLITE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an antimicrobial agent which uses zeolite and is convenient.
SOLUTION: This antimicrobial agent comprises zeolite, an oxygen-activating metal complex encapsulated in the unit cells of the zeolite, and a photo-reductive metal complex held in the zeolite (preferably encapsulated in the unit cells of the zeolite). Preferably, the zeolite contains a metal (for example, one or more metals selected from silver, copper and zinc) belonging to the group 1 to 13 in the periodic table. The oxygen-activating metal complex includes a metal phthalocyanine complex and a metal salophen complex synthesized in a unit cell by ship-in-bottle method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般的な光触媒である二酸化チタンを抗菌剤に利用する技術が知られている。例えば特許文献1には、二酸化チタンを含む塗膜を基体に形成してなる光触媒体を用いた抗菌剤が記載されている。一方、特許文献2には、金属フタロシアニン誘導体等の金属錯体をゼオライト等の担体に保持させてなる消臭体が記載されている。この特許文献2には、また、かかる金属錯体が殺菌・滅菌作用や制菌作用を有するとの記述がある。



【特許文献1】
特開平11-169727号公報
【特許文献2】
特開平5-277167号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ゼオライトを用いた抗菌剤に関し、詳しくは、ゼオライトのユニットセルに酸素活性化金属錯体が内包された構成を備える抗菌剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
銀、銅および亜鉛からなる群から選択される一種または二種以上の金属を含むゼオライトと、
該ゼオライトのユニットセルに内包されている酸素活性化金属錯体と、
該ゼオライトに保持されている光還元性金属錯体と、
を有し、
ここで、前記酸素活性化金属錯体はコバルト錯体であり、前記光還元性金属錯体はルテニウム錯体である、ゼオライトを用いた抗菌剤。

【請求項2】
 
前記酸素活性化金属錯体は:
金属フタロシアニン錯体;
ビス(サリチリデン)-オルト-フェニレンジアミナト金属錯体;および、
環状テトラピロール化合物を配位子とする金属錯体;
からなる群から選択される一種または二種以上である、請求項1に記載の抗菌剤。

【請求項3】
 
前記酸素活性化金属錯体を構成する配位子が一または二以上のフッ素置換基を有する、請求項1または2に記載の抗菌剤。

【請求項4】
 
前記光還元性金属錯体は前記ゼオライトのユニットセルに内包されている、請求項1から3のいずれかに記載の抗菌剤。

【請求項5】
 
前記光還元性金属錯体は、ビピリジン骨格を有する少なくとも一つの化合物を配位子とするビピリジン金属錯体である、請求項1から4のいずれかに記載の抗菌剤。

【請求項6】
 
前記酸素活性化金属錯体1モルに対して前記光還元性金属錯体を0.1~10モルの割合で含む、請求項1から5のいずれかに記載の抗菌剤。

【請求項7】
 
前記ゼオライトはX型ゼオライトまたはY型ゼオライトである、請求項1から6のいずれかに記載の抗菌剤。

【請求項8】
 
前記ユニットセルの入口部よりもサイズの大きな前記酸素活性化金属錯体が該ユニットセルに内包されている、請求項1から7のいずれかに記載の抗菌剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

17354_01SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close