Top > Search of Japanese Patents > WHOLE-BODY ANIMAL EXPOSURE APPARATUS FOR BIOLOGICAL RADIO WAVE INFLUENCE TEST

WHOLE-BODY ANIMAL EXPOSURE APPARATUS FOR BIOLOGICAL RADIO WAVE INFLUENCE TEST

Patent code P07A010576
Posted date Sep 28, 2007
Application number P2005-354083
Publication number P2007-158972A
Patent number P4696241
Date of filing Dec 7, 2005
Date of publication of application Jun 21, 2007
Date of registration Mar 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)王 建青
  • (In Japanese)藤原 修
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title WHOLE-BODY ANIMAL EXPOSURE APPARATUS FOR BIOLOGICAL RADIO WAVE INFLUENCE TEST
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a whole-body animal exposure apparatus capable of performing exposure to radio waves with various polarized waves.
SOLUTION: A radio wave exposure apparatus of the present invention has an orthogonal dipole structure wherein two 3/2 wavelength dipole antennas are disposed horizontally and orthogonally. An exposure antenna with a phase difference between orthogonal antennas at 90° is disposed within an exposure box, and radio waves of circularly polarized waves are formed by the exposure antenna and an animal is exposed thereto.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年の携帯電話や無線LAN(Local Area Network)に代表される移動通信の爆発的な普及に伴い,それらの基地局の設置が急増し,基地局からの電波が引き起こすであろう人体影響への関心が公共の間で高まっている.世界保健機関 (WHO) は,微弱電波による人体影響の科学的な根拠はないとしながらも,日常生活空間における基地局からの永続的な電波曝露については必ずしも十分な知見が得られているとはいえず,更なる研究の推進と同時に長期的な電波曝露に対する動物実験の必要性を指摘している.このような電波に対する動物の曝露装置に関しては,従来,共振導波管構造やTEM (Transverse ElectroMagnetic)セル構造のものが設計され,動物実験に提供されている.
【非特許文献1】
藤田雅則,王 建青,藤原 修,和氣加奈子,渡辺聡一,“電波影響試験用小動物全身曝露装置の基礎検討,”電子情報通信学会技術研究報告,EMCJ2005,2005.12.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、電波の生体影響試験用動物全身曝露装置に関するものである.

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
3/2波長ダイポールアンテナを2本水平に直交配置する直交ダイポール構造で、直交アンテナ間の位相差を90°とする曝露用アンテナを曝露箱内に配し、該曝露用アンテナにより円偏波の電波を形成し,これに動物を曝露することを特徴とする電波曝露装置.

【請求項2】
 
請求項1の曝露用アンテナの上方約1/4波長の位置に金属反射板を配した曝露箱を備えることを特徴とする請求項1記載の電波曝露装置.

【請求項3】
 
請求項1又は2の曝露箱の壁及び底面に平面型電波吸収材を配したことを特徴とする請求項1又は2記載の電波曝露装置.
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005354083thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close