Top > Search of Japanese Patents > ELECTRON EMISSION ELECTRODE, ITS MANUFACTURING METHOD, AND DISPLAY DEVICE

ELECTRON EMISSION ELECTRODE, ITS MANUFACTURING METHOD, AND DISPLAY DEVICE commons

Patent code P07A010582
File No. NI0400066
Posted date Oct 4, 2007
Application number P2004-344522
Publication number P2006-156111A
Patent number P4102882
Date of filing Nov 29, 2004
Date of publication of application Jun 15, 2006
Date of registration Apr 4, 2008
Inventor
  • (In Japanese)新井 進
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title ELECTRON EMISSION ELECTRODE, ITS MANUFACTURING METHOD, AND DISPLAY DEVICE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electron emitting electrode which enables a highly clear display, and a display device using it.
SOLUTION: This is the electron emitting electrode which has a protrusion 6 erected and installed on a conductive substrate 7 and in which the protrusion is a composite of a metal 11 and a conductive fiber 12 arranged in the longitudinal direction of its protrusion 6.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


液晶ディスプレイ(Liquid Crystal Display: LCD)に替わる次世代ディスプレイの一つの候補として、電界放出型ディスプレイ(Field Emission Display: FED)が注目されている。電界放出とは、固体表面に強い電界をかけたときに、電子を閉じこめている固体表面のポテンシャル障壁が低くなり、固体表面から電子が放出される現象をいう。かかる現象を利用する電界放出表示素子としては、従来から、先端を鋭く尖らせたシリコンあるいはモリブデンといったマイクロエミッタが知られている。しかし、導電性ファイバであるカーボンナノチューブ(Carbon Nano-Tube: CNT)は、ナノレベルの径を有し、高アスペクト比、高電流密度、高靱性、発達した黒鉛構造に起因する高耐熱性および高化学的安定性を持つことから、前述の金属性のマイクロエミッタよりも優れた電界放出表示素子として期待されている。



CNTをFEDに使用するには、ディスプレイに対して、できるだけ垂直になるようにCNTを配向させるのが好ましい。CNTを垂直に配向させる方法としては、例えば、CNTと磁性粒子と結合剤との混合物を回路基板上に塗布してから磁場を印加し、回路基板に垂直に立たせる方法が知られている(特許文献1参照。)。また、CNTを含む懸濁液をフィルターを通して樹脂で固め、回路基板上に立てる方法も知られている。



【特許文献1】
特開2004-234865(特許請求の範囲)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、電界をかけて先端から電子を放出する電子放出電極および表示装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
導通基板上に立設する突起物を有し、
その突起物は、円柱若しくは多角の形状を有すると共に、金属と、その突起物の長さ方向に配向するカーボンナノチューブとのめっき複合体であり、
その突起物が円柱である場合にはその頂面の径を、三角柱である場合にはその頂面の最も長い辺を、四角以上の多角柱である場合にはその頂面の最長の対角線をカーボンナノチューブの平均長さの1/√2以下とし、上記カーボンナノチューブが上記突起物において、上記導通基板に対して45度以上の角度で垂直方向に配向していることを特徴とする電子放出電極。

【請求項2】
 
前記突起物の頂面は、前記金属を除去して前記カーボンナノチューブの一部を露出した形態であることを特徴とする請求項1に記載の電子放出電極。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の電子放出電極を用いて、これと対向するディスプレイ上に表示を行う表示装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004344522thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close