Top > Search of Japanese Patents > ORGANIC ELECTROLUMINESCENCE ELEMENT

ORGANIC ELECTROLUMINESCENCE ELEMENT

Patent code P07A010591
File No. NI0400097/NI0400098
Posted date Oct 4, 2007
Application number P2005-086962
Publication number P2006-269819A
Patent number P3903187
Date of filing Mar 24, 2005
Date of publication of application Oct 5, 2006
Date of registration Jan 19, 2007
Inventor
  • (In Japanese)市川 結
  • (In Japanese)小林 佳奈
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title ORGANIC ELECTROLUMINESCENCE ELEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an organic electroluminescence element which can emit light having a short peak wavelength of 380 nm or less.
SOLUTION: The organic electroluminescence element is composed of a transparent board, a transparent anode layer, a hole injection layer containing a metal phthalocyanine, a hole transport layer containing a carbazole compound, a light-emitting layer containing an organic light-emitting material showing a band gap of 3.55 eV or higher, and a cathode layer. The layers are laminated on the board in the increasing order.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


有機エレクトロルミネッセンス素子は、透明基板の表面に、透明陽電極層、発光層、そして陰電極層がこの順に積層された基本構成を有する。有機エレクトロルミネッセンス素子は、その陽電極層から正孔を、そして陰電極層から電子を発光層の内部に注入し、発光層の内部にて正孔と電子とを再結合させることにより励起子(エキシトン)を生成させ、この励起子が失活する際の光の放出(蛍光、燐光)により発光する発光素子である。発光層にて発生した光は、透明基板の側から発光素子の外部に取り出される。



発光層の内部にて再結合させる正孔と電子とのそれぞれを、発光層の内部に効率良く注入して、有機エレクトロルミネッセンス素子の発光効率を高くするために、発光層の陽電極層側の面に正孔輸送層を、そして陰電極層側の面に電子輸送層を付設することは知られている。また、陽電極層からの正孔の注入量を増加させるために、陽電極層の発光層側の面に正孔注入層を付設すること、そして陰電極層からの電子の注入量を増加させるために、陰電極層の発光層側の面に電子注入層を付設することは知られている。



有機エレクトロルミネッセンス素子は、発光層の材料の選定により発光色の設定が容易である。このため有機エレクトロルミネッセンス素子を用いたフルカラーディスプレイの開発が進められており、フルカラー表示に必要とされる青色で発光する有機エレクトロルミネッセンス素子の研究が盛んに行なわれている。



非特許文献1には、透明基板の表面に、透明陽電極層、第一の正孔輸送層、第二の正孔輸送層、発光層、そして陰電極層がこの順に積層された構成の青色で発光する有機エレクトロルミネッセンス素子が開示されている。



また、上記の透明陽電極層の材料としては錫ドープ酸化インジウムが用いられ、第一の正孔輸送層の材料としてはNPB(4,4’-ビス[N-(1-ナフチル-1-)-N-フェニル-アミノ]-ビフェニル)が用いられ、そして第二の正孔輸送層の材料としてはCPB(4,4’-ジカルバゾリル-1,1’-ビフェニル)が用いられている。



そして、この有機エレクトロルミネッセンス素子は、その各々の層の材料の選択により、透明陽電極層、第一の正孔輸送層、第二の正孔輸送層、そして発光層の最高被占分子軌道(HOMO)のエネルギーレベルが、それぞれ4.8eV、5.2eV、5.5eV、そして6.2eVのように次第に大きくなるように設計されている。このような設計により、各々の層の界面に大きなエネルギーの障壁が生じず、より多くの量の正孔を透明陽電極層から発光層に移動させ、この正孔を発光層の内部にて電子と再結合させて発光層を形成する有機発光材料を電流励起することができるため、この有機エレクトロルミネッセンス素子はピーク波長が430~460nmの青色の光を発生する。
【非特許文献1】
Y.T.Tao、他3名,「Dipyrazolopyridine derivatives as bright blue electroluminescent materials」,Applied Physics Letters,2000年8月14日,第77巻,第7号,p.933-935

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、短波長の光を発する有機エレクトロルミネッセンス素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
透明基板上に、透明陽電極層、金属フッ化フタロシアニンを含む正孔注入層、カルバゾール化合物を含む正孔輸送層、バンドギャップが3.55eV以上の有機発光材料を含む発光層、そして陰電極層をこの順に積層してなる有機エレクトロルミネッセンス素子。

【請求項2】
 
金属フッ化フタロシアニンの金属が、銅または亜鉛である請求項1に記載の有機エレクトロルミネッセンス素子。

【請求項3】
 
カルバゾール化合物が、4,4’-ジカルバゾリル-1,1’-ビフェニルもしくは1,3,5-トリカルバゾリルベンゼンである請求項1に記載の有機エレクトロルミネッセンス素子。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のうちのいずれかの項に記載の有機エレクトロルミネッセンス素子の基板の透明陽電極層側とは逆側の表面に光触媒薄膜を付設してなる気体中の有機化合物の分解処理装置。

【請求項5】
 
光触媒薄膜が二酸化チタン薄膜である請求項4に記載の分解処理装置。

【請求項6】
 
透明基板の表面に、蛍光色素を含む色変換層、透明陽電極層、金属フッ化フタロシアニンを含む正孔注入層、カルバゾール化合物を含む正孔輸送層、バンドギャップが3.55eV以上の有機発光材料を含む発光層、そして陰電極層がこの順に積層された発光性積層体を、該積層体の三個を一組として複数組配置してなり、各々の組の三個の積層体の色変換層の蛍光色素が互いに異なる発光波長を持つ有機エレクトロルミネッセンス表示装置。

【請求項7】
 
金属フッ化フタロシアニンの金属が、銅または亜鉛である請求項6に記載の有機エレクトロルミネッセンス表示装置。

【請求項8】
 
カルバゾール化合物が、4,4’-ジカルバゾリル-1,1’-ビフェニルもしくは1,3,5-トリカルバゾリルベンゼンである請求項6に記載の有機エレクトロルミネッセンス表示装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005086962thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close