Top > Search of Japanese Patents > SPIKE TRIMMING DEVICE

SPIKE TRIMMING DEVICE

Patent code P07A010618
Posted date Oct 4, 2007
Application number P2005-267539
Publication number P2007-075014A
Patent number P4631017
Date of filing Sep 14, 2005
Date of publication of application Mar 29, 2007
Date of registration Nov 26, 2010
Inventor
  • (In Japanese)薬師寺 博
  • (In Japanese)東 暁史
  • (In Japanese)上野 俊人
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title SPIKE TRIMMING DEVICE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a spike trimming device capable of easily performing cut of a plurality of spikelets of a spike, greatly reducing working hours and free from damaging cobs during spikelet cutting work.

SOLUTION: This spike trimming device 10 removes other spikelets from a spike 1 in which has a plurality of spikelets 3, 3... projecting from one cob 2 leaving prescribed small spikes. The device has a pair of arms 11 and 12 which can approach and separate from each other and in which at least partial area of the opposed end faces can makes contact with each other, a notch part which is partially formed in a region where the opposed end faces make contact with each other, guide members 16 and 17 which are arranged in a standing condition along the inner periphery of the notch part, and cut blades 18 and 19 which are formed at least on one edge of the guide members. At least one of the pair of the arms preferably has positioning members 22 and 23 for fitting the opposed end faces.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


例えば、ブドウの栽培管理のうち、有核および無核栽培ともに花穂整形(または切り込み)は必須作業である。現在、例えばブドウの主要品種となっている「巨峰」系4倍体ブドウでは、花振るい防止や種なしブドウの需要拡大に伴い、花穂整形の重要性は益々増加している。ブドウの花穂整形とは、花振るいの防止や果房の形を整えるために行い、花穂の大きな品種や岐肩(副穂)のある房では欠かせない作業である。



一般に、花穂整形ではハサミを使用し、一花穂につき10~20回ハサミを小刻みに使用して小穂を切り取る。ほとんどが棚栽培であるため、花穂整形時には腕を長時間上げた状態でハサミを使用し続けなければならない。一部の農家では、省力・軽労化法(労力軽減対策)として指で小穂をそぎ落とすことで対応している。



しかし、花穂整形は開花期の短期間内に多数の花穂に対して実施する必要があるため、ブドウ栽培の中でも重労働の一つであり、規模拡大のネックになっている。そのため、簡便な操作で、短時間に効率良く花穂整形できる器具や装置等の開発が望まれている。



従来、この種の花穂整形を行なう器具としては、例えば、特許文献1に記載のブドウ花穂セットはさみがある。このセットはさみは、ブドウの花穂を、変形はさみと楕円形の穴を一体化させて、セット、花穂の形を整形する道具である。また、特許文献2には、2枚の切刃を枢軸で連結し、その切刃側に親指と人差指を各々挿入する指筒を設け、一つの切刃縁を円弧状に湾凸成した反り刃とし他の切刃縁を前記切刃縁に対応して円弧状に湾凹成した鋸刃としている青果採切器が記載されている。さらに、特許文献3には、指挟環に親指と人差し指に装着し、指を折り曲げて押圧部を押動することにより、果枝を切断する剪定鋏が記載されている。




【特許文献1】登録実用新案第3068123号公報

【特許文献2】実開昭61-165152号公報

【特許文献3】実開平1-079943号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、農業分野等で用いられる花穂整形器に係り、特に、ブドウ等の栽培時に花穂から不要な小穂を除去して整形する花穂整形器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
1本の穂軸から複数の小穂が突出して付いている花穂から、所定の小穂を残し他の小穂を除去する花穂整形器であって、
相互に接近離間が可能な一対のアームであって対向する端面同士の少なくとも一部に接触可能な領域を有する一対のアームと、
前記接触可能な領域の一部に形成された切欠き部と、
前記切欠き部の内周面に沿うようにして立設されているガイド部材と、
前記ガイド部材の少なくとも一方の先端に形成された切刃と、を少なくとも備えることを特徴とする花穂整形器。

【請求項2】
 
前記一対のアームの少なくとも一方は、該一対のアームの対向する前記端面同士を合わせるための位置決め部材を備えることを特徴とする請求項1に記載の花穂整形器。

【請求項3】
 
前記一対のアームは、各々指を挿入できる指リングを備えることを特徴とする請求項1または2に記載の花穂整形器。

【請求項4】
 
前記一対のアームは、該アームを相互に離間させるバネ部を備えていることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の花穂整形器。

【請求項5】
 
前記ガイド部材は、前記一対のアームの両側から前記端面方向に立設され、前記切刃は、前記ガイド部材の突出した両端部に形成されていることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の花穂整形器。
Industrial division
  • Agriculture, forestry
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005267539thum.jpg
State of application right Right is in force


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close