Top > Search of Japanese Patents > BIPHENYL DERIVATIVE OLIGOMER AND LIQUID CRYSTAL

BIPHENYL DERIVATIVE OLIGOMER AND LIQUID CRYSTAL commons

Patent code P07A010661
Posted date Oct 4, 2007
Application number P2002-239760
Publication number P2004-075623A
Patent number P4192231
Date of filing Aug 20, 2002
Date of publication of application Mar 11, 2004
Date of registration Oct 3, 2008
Inventor
  • (In Japanese)板原 俊夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title BIPHENYL DERIVATIVE OLIGOMER AND LIQUID CRYSTAL commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a pure and multimeric liquid crystal oligomer having physical properties different from those of commonly used low molecular liquid crystals.
SOLUTION: The biphenyl derivative oligomer is represented by formula I [wherein (p) is 1, 2 or 3; (q) is 0, 1 or 2; (n), (m) and (k) are each 3-12]. The liquid crystal oligomer has characteristic physical properties different from those of general low molecular weight liquid crystals and the liquid crystal oligomer has a large enthalpy change at a transparent point and keeps a liquid crystal structure as it is when the oligomer changes from the liquid crystal to a solid state. The characteristics of the oligomer are extremely useful from the viewpoint capable of controlling the structure in the solid state by operating the liquid crystal structure having fluidity.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


4-シアノ-4’-ヒドロキシビフェニルのアルキル置換体は重要な低分子液晶である(液晶辞典、日本学術振興会、液晶部会、1994、培風館、p252、付表2-5;以下先行技術1という)。4-シアノ-4’-ヒドロキシビフェニルを式IVの化合物と反応させて、4-シアノ-4’-ヒドロキシビフェニルをメチレン鎖で連結した液晶二量体の合成が知られている(J. W. Emsley, G. R. Luckhurst, G. N. Shilstone, およびI. Sage, Mol. Cryst. Liq. Cryst. 1984, 102, pp223-233; 以下先行技術2という)。



先行技術2の4-シアノ-4’-ヒドロキシビフェニルをメチレン鎖で連結した液晶二量体の間に4、4’-ジヒドロキシビフェニルや4、4’-ジヒドロキシアゾベンゼンなどの液晶化合物1つを挿入した液晶三量体の合成が知られている(Furuya, K. AsahiおよびA. Abe, PolymerJ., 1986, 18, pp779-782; T. Ikeda, T. Miyamoto, S. Kurihara, M. TsukadaおよびS. Tezuka, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 1990, 182B, pp357-371; C. T. ImurieおよびG. R. Kuckhurst, J. Mater. Chem., 1998, 8, pp1339-1343;以下先行技術3という)。さらに先行技術2の液晶二量体の間に液晶化合物としてアゾメチン構造を2つ挿入した液晶四量体の合成が知られている(C. T. Imurie, D. Stewart, C. Remy, D. W. ChristieおよびR. Harding, J. Mater. Chem., 1999, 9,pp2321-2335;以下先行技術4という)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、新規化合物に関する。より詳しくは、新規なビフェニル誘導体オリゴマーおよびその製法、これらを用いた液晶、新規な物性を有する液晶に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式I
【化1】
 


(式中、p=1、2,3; q=0,1,2; n,m,k=3~12)
で示されるビフェニル誘導体オリゴマー。

【請求項2】
 
式II
【化2】
 


(式中、q=1、2、3; n=3~12)
で示されるビフェニル誘導体オリゴマー。

【請求項3】
 
式III
【化3】
 


(式中、p=1、2; n,m=3~12; X=ハロゲン)
で示されるビフェニル誘導体オリゴマー。

【請求項4】
 
請求項1から請求項3のいずれか1項に記載のビフェニル誘導体オリゴマーを少なくとも一つ含む液晶。

【請求項5】
 
4-シアノ-4’-ヒドロキシビフェニルに式IV
【化4】
 


(式中、n=3~12; Xはハロゲン原子)
を反応させ式Vの化合物を合成し、
【化5】
 


(式中、n=3~12; Xはハロゲン原子)
次いで、式Vの化合物と4’-ヒドロキシ-4-ビフェニルカルボン酸を反応させ式IIの化合物および式Iの化合物を合成し、
式IIの化合物と式IVの化合物とを反応させ式IIIの化合物および式Iの化合物を合成し、
必要があれば式IIの化合物と式IIIの化合物または式IIの化合物と式Vの化合物とを反応させて得られる請求項1に記載の式Iの化合物を製造する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close