Top > Search of Japanese Patents > QUANTIFICATION METHOD FOR FLUORINE IN COAL

QUANTIFICATION METHOD FOR FLUORINE IN COAL

Patent code P07A010692
Posted date Oct 4, 2007
Application number P2005-295476
Publication number P2007-101504A
Patent number P4660764
Date of filing Oct 7, 2005
Date of publication of application Apr 19, 2007
Date of registration Jan 14, 2011
Inventor
  • (In Japanese)大木 章
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title QUANTIFICATION METHOD FOR FLUORINE IN COAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple and accurate quantification method for fluorine in coal.
SOLUTION: A specimen 2 is placed in the center of filter paper 1. The sample consists of coal powder, a catalyst, and a cocatalyst, for example. Then, the filter paper 1 is folded in three in the longitudinal direction with a fuse part fixed. Then, the filter paper 1 is folded in three in the lateral direction. The filter paper 1 wrapping the sample 2 is inserted in a platinum basket 5, attached to a stopper part (glass plug) 4 of a combustion flask. After a small amount of absorber 7 is put inside an Erlenmeyer flask 6 of the combustion flask, the flask 6 is filled with oxygen. The fuse part 3 in the filter paper 1 is fired, the platinum basket 5, to which the filter paper 1 is fixed, is inserted into the Erlenmeyer flask 6, and the sample 2 is burnt in the inside. After the end of combustion, the combustion flask is tilted and shaken for two minutes, and then it is left standing for one hour so that fluorine generated by combustion is absorbed by the absorber 7. In this way, fluorine becomes soluble in a solution.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現在、石炭は世界の一次エネルギの約3割を占めている。特に電力生産に関しては、石炭火力発電への依存が大きい。更に、石炭の需要は増大しており、近年では、それまで使用されていない低品位炭(高灰分炭)も使用されるようになっている。しかし、石炭にはフッ素が含まれており、石炭の燃焼により放出されたフッ素を起因とする環境への影響が顕在化してきている。また、フッ素の含有量は、灰分量が多いほど高いため、低品位炭の使用量が増加するほど、汚染が広がりやすくなる。



このため、石炭に含まれるフッ素の量を正確に分析し、その分析結果に応じた対応を行うことが重要である。対応策としては、フッ素の含有量が少ない石炭と混ぜて燃焼させる混焼という技術があるが、この技術にも、正確なフッ素含有量が必要とされる。



石炭中のフッ素含有量を定量するためには、固体である石炭中からフッ素を回収し溶液化する必要がある。そして、この溶液化の方法として、pyrohydrolysis法(加水分解法)とよばれる方法が主流となっている。この方法は、例えば国際標準化機構(ISO:International Organization for Standardization)及びアメリカ材料試験協会(ASTM:American Society for Testing and Material)等でも採用されている。



しかしながら、pyrohydrolysis法には、処理の煩雑さ及び習熟の必要性等の問題点がある。また、定量に要する時間が比較的長い(3時間~4時間程度)という問題点もある。



また、石炭中の元素の分析に関する種々の提案もされているが、そのままフッ素の分析に適用できるものはない。



【特許文献1】
特開2003-177095号公報
【特許文献2】
特開平9-243523号公報
【特許文献3】
特開平9-243633号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、環境汚染の改善に好適な石炭中のフッ素の定量方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
石炭及び触媒を含む試料を酸素フラスコ燃焼法により燃焼させることにより、前記石炭中から発生したフッ素が溶解した溶液を得る工程と、
前記溶液中のフッ素濃度を測定する工程と、
を有し、
前記触媒は、少なくともWO3又はMoO3を含有することを特徴とする石炭中のフッ素の定量方法。

【請求項2】
 
前記触媒は、更にSnを含有することを特徴とする請求項1に記載の石炭中のフッ素の定量方法。

【請求項3】
 
前記フッ素濃度を測定する工程において、フッ素イオン選択性電極を用いることを特徴とする請求項1又は2に記載の石炭中のフッ素の定量方法。

【請求項4】
 
前記溶液を得る工程において、前記試料を3回以上燃焼させることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の石炭中のフッ素の定量方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005295476thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close