Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXYIMINE COMPOUND

METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXYIMINE COMPOUND

Patent code P07P004708
File No. E076P65
Posted date Oct 11, 2007
Application number P2006-064791
Publication number P2007-238525A
Patent number P4647521
Date of filing Mar 9, 2006
Date of publication of application Sep 20, 2007
Date of registration Dec 17, 2010
Inventor
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)小泉 昌稔
  • (In Japanese)土幸 隆司
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE β-HYDROXYIMINE COMPOUND
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique for carrying out an addition reaction of an enecarbamate with an aldehyde in high diastereoselectivity and high enantioselectivity.
SOLUTION: A method for producing an optically active β-hydroxyimine compound comprises carrying out the addition reaction of the enecarbamate with the aldehyde in the presence of a compound represented by formula (I) (wherein, Ar represents an aryl group which may have a substituent; R6 sand R7 represent each independently a hydrogen atom or an alkyl group or an aryl group which may have a substituent; and R6 and R7 together may form the same ring) and a rhodium complex. In the method for production, the optically active β-hydroxyimine compound can be produced under the high diastereoselectivity and good enantioselectivity. An asymmetric reaction can be carried out under relatively mild conditions such that the reaction can be conducted at about 0°C reaction temperature.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ジアステレオ選択的かつエナンチオ選択的な炭素-炭素結合形成反応は、合成化学分野及び医薬化学分野において重要な反応の一つであり、これまで数多くの研究がなされてきた。そのような過程に於いて、置換シリルエノールエーテルをアルデヒドに求核反応させるアルドール反応が開発されて来たが、syn体生成物、anti体生成物それぞれを高ジアステレオ選択的に合成することは困難とされてきた(特許文献1、特許文献2)。



近年、キラルジイミン-銅触媒存在下における置換エンカルバメートを求核剤としたエチルグリオキシレートとの不斉反応において、Z体のエンカルバメートからsyn体の生成物が、E体のエンカルバメートからanti体の生成物が、それぞれ高ジアステレオ選択的かつ高エナンチオ選択的に得られることが見出された(非特許文献3)。



また近年、光学活性なP,N-配位子を用いた不斉反応が活発に検討され(非特許文献4)、本発明者らによっても、1-フェニルホスホラン-2-カルボン酸から誘導されるキラル配位子を用いた触媒的不斉合成反応が報告されている。(非特許文献5)
【非特許文献1】
Mikami, K.; Matsukawa S. J. Am. Chem. Soc., 116, 4077-4078 (1994).
【非特許文献2】
Evans, D. A.; Masse, C. E.; Wu, J. Org. Lett. 4, 3375-3378 (2002).
【非特許文献3】
Matsubara, R.; Vital, P.; Nakamura, Y.; Kiyohara, H.; Kobayashi, S. Tetrahedron, 60, 9769-9784 (2004).
【非特許文献4】
Tang, W.; Wang, W.; Zhang, X. Angew. Chem., Int. Ed. 42, 943 (2003).
【非特許文献5】
Sun, X.; Manabe, K.; Lam, W. W. ?L.; Shiraishi, N.; Kobayashi, J.; Shiro, M.; Utsumi, H.; Kobayashi, S. Chem. Eur. J., 11, 361-368 (2005).

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、不斉触媒を用いて選択的に光学活性なβ-ヒドロキシイミン化合物を製造する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下式(I)
【化1】
 


(式中、Arはアリール基を表し、R6及びR7はそれぞれ独立して水素原子又は置換基を有していてもよいアリール基を表し、前記置換基を有してもよいアリール基の置換基は、炭素数10以下のアルキル基、メトキシ基及びハロゲンからなる群より選択される置換基である。)
で表される化合物とロジウム錯体との存在下に、次式(III)
【化3】
 


(式中、R1及びR2は水素原子又は炭素数10以下のアルキル基を表し、R3及びR4は炭素数10以下のアリール基を表す)
で表されるエンカルバメートと次式(IV)
【化4】
 


(式中、R5はエステル基を示す)
で表されるアルデヒドの付加反応を行うことを特徴とする、光学活性なβ-ヒドロキシイミン化合物の製造方法。

【請求項2】
 
式(I)で表される化合物が、下式(II)で表される化合物である、請求項1に記載の製造方法。
【化2】
 



【請求項3】
 
アルデヒドがグリオキシル酸エステルである、請求項1に記載の製造方法。

【請求項4】
 
ロジウム錯体が、ビス(1,5-シクロオクタジエン)-μ,μ’-ジクロロ ジロジウムである、請求項1~3のいずれかに記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

17538_23SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close