Top > Search of Japanese Patents > TUNNEL CONSTRUCTION METHOD

TUNNEL CONSTRUCTION METHOD

Patent code P07A010748
File No. /NO33505
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-057975
Publication number P2006-241800A
Patent number P4537229
Date of filing Mar 2, 2005
Date of publication of application Sep 14, 2006
Date of registration Jun 25, 2010
Inventor
  • (In Japanese)飯田 廣臣
  • (In Japanese)野々村 政一
  • (In Japanese)佐々木 幹夫
  • (In Japanese)小山 幸則
  • (In Japanese)小野 隆利
  • (In Japanese)小西 真治
  • (In Japanese)川嶋 潤二
  • (In Japanese)千代 啓三
  • (In Japanese)木戸 義和
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • (In Japanese)財団法人地域地盤環境研究所
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社熊谷組
Title TUNNEL CONSTRUCTION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that concrete consumption required for the construction of lining concrete is increased because the lining concrete has to be thickened in a conventional ECL construction method.
SOLUTION: In this tunnel construction method, a tunnel is formed as follows: digging is performed by excavating natural ground 20 by means of a shield machine 1; and primary lining concrete 90 is constructed by pouring freshly mixed concrete 80 between an inner peripheral surface 33 of an excavated hole 21 and an inner form 30 provided in the rear of the shield machine 1. The concrete 90 is constructed in such a manner that the thickness of the concrete 90 is set at 100 mm or more, equivalent to ≥1% and <5% of the inside diameter dimension of the tunnel to be constructed. After the concrete 90 is constructed by a predetermined length, the stability of the natural ground 20 corresponding to a section of the concrete 90 after construction is checked.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、シールド掘進機で地山を掘削して掘進するとともに掘削孔の内周面とシールド掘進機の後部に設けた内型枠との間に生コンクリートを流し込んで一次覆工コンクリートを構築してトンネルを形成するトンネル施工方法、いわゆる、ECL工法が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開平8-28190号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明はシールド掘進機で地山を掘削して掘進するとともに一次覆工コンクリートを構築してトンネルを形成するトンネル施工方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シールド掘進機で地山を掘削して掘進するとともに掘削孔の内周面とシールド掘進機の後部に設けた内型枠との間に生コンクリートを流し込んで一次覆工コンクリートを構築してトンネルを形成するトンネル施工方法において、
100mm以上でかつ施工予定のトンネルの内径寸法の1%以上5%未満の厚さの一次覆工コンクリートを構築した後に内型枠を取り外して一次覆工コンクリートの変形が収束したことを測量により確認した後、当該変形の収束した一次覆工コンクリートの内側に二次覆工コンクリートを構築したことを特徴とするトンネル施工方法。

【請求項2】
 
定の長さ分の一次覆工コンクリートを構築した後に内型枠を取り外して一次覆工コンクリートの変形が収束したことを測量により確認したことを特徴とする請求項1に記載のトンネル施工方法。

【請求項3】
 
次覆工コンクリートの内側にシートを設置して、シートの内側に二次覆工コンクリートを構築したことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のトンネル施工方法。

【請求項4】
 
削孔の内周面とシールド掘進機の後部に設けた内型枠との間のコンクリート充填空間に生コンクリートを供給するコンクリートポンプを設け、コンクリート充填空間に供給される生コンクリートとして高流動性生コンクリートを用いたことを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれかに記載のトンネル施工方法。

【請求項5】
 
掘削孔の内周面とシールド掘進機の後部に設けた内型枠との間のコンクリート充填空間に生コンクリートを供給する複数のコンクリートポンプを設けるとともに、コンクリート充填空間に生コンクリートを流し込むためのコンクリート打設口をコンクリートポンプの数と同数以上設け、1つ1つのコンクリートポンプを管でそれぞれ異なる1以上のコンクリート打設口に繋ぎ、この複数のコンクリート打設口を介してコンクリート充填空間に生コンクリートを流し込んだことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれかに記載のトンネル施工方法。

【請求項6】
 
掘削孔の内周面とシールド掘進機の後部に設けた内型枠との間のコンクリート充填空間に充填された生コンクリートの圧力をコンクリート充填空間内に設置された計測機で計測し、これによりコンクリート充填空間に充填された生コンクリートの圧力を所定圧に調整したことを特徴とする請求項1ないし請求項5のいずれかに記載のトンネル施工方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005057975thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close