Top > Search of Japanese Patents > TUNNEL LINING CONCRETE INNER SURFACE REINFORCING METHOD AND ITS STRUCTURE

TUNNEL LINING CONCRETE INNER SURFACE REINFORCING METHOD AND ITS STRUCTURE

Patent code P07A010782
File No. /NO33512
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-093953
Publication number P2006-274629A
Patent number P4536565
Date of filing Mar 29, 2005
Date of publication of application Oct 12, 2006
Date of registration Jun 25, 2010
Inventor
  • (In Japanese)小島 芳之
  • (In Japanese)野城 一栄
  • (In Japanese)栗林 健一
  • (In Japanese)小野 隆利
  • (In Japanese)仲山 貴司
  • (In Japanese)小西 真治
  • (In Japanese)樋野 勝巳
  • (In Japanese)岸本 達也
  • (In Japanese)篠宮 弘州
  • (In Japanese)石川 善大
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)ショーボンド建設株式会社
  • (In Japanese)株式会社 復建エンジニヤリング
Title TUNNEL LINING CONCRETE INNER SURFACE REINFORCING METHOD AND ITS STRUCTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tunnel lining concrete inner surface reinforcing method and its structure having a remarkable effect in improving strength and toughness causing no brittle breaking even when tunnel lining concrete receives rock pressure, and having excellent inspection performance after reinforcement.
SOLUTION: The tunnel lining concrete inner surface reinforcing structure is constituted by disposing an inner surface reinforcing member with lacking parts on the tunnel lining concrete.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


トンネル覆工コンクリートは、周辺地山に支持されるため、その剛性は大きいが、さらに大きな地圧が作用しても、複数のひび割れを分散して生じさせるなど、変形を許容するように、靭性に富んだ構造体であることが望ましい。
【特許文献1】
なし

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、トンネル覆工コンクリートの内面補強構造物に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
トンネル覆工コンクリートの内面補強構造物であって、トンネル覆工コンクリートの表面に目地が列状に連続するようにして縦横に並べて張り付けられる複数の内面補強部材と、該複数の内面補強部材に形成される欠損部とを具備することを特徴とするトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物。

【請求項2】
 
請求項1記載のトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物において、前記欠損部は開口であり、該開口を露出させて前記内面補強部材設置後の前記トンネル覆工コンクリートの状態を直接目視にて点検できるように構成したことを特徴とするトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物。

【請求項3】
 
請求項1記載のトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物において、前記欠損部は十字状の切り欠き部であることを特徴とするトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物。

【請求項4】
 
請求項1記載のトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物において、前記欠損部は前記内面補強部材それぞれの両側に形成される楕円弧形状の切り欠き部であることを特徴とするトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物。

【請求項5】
 
請求項1記載のトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物において、前記欠損部は前記内面補強部材それぞれに1個形成される縦長楕円形状の切り欠き部であることを特徴とするトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物。

【請求項6】
 
請求項1記載のトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物において、前記欠損部は前記内面補強部材それぞれに2個形成される横長楕円形状の切り欠き部であることを特徴とするトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物。

【請求項7】
 
請求項2記載のトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物において、前記開口に前記トンネル覆工コンクリートの破片の落下を防止する補強材を具備することを特徴とするトンネル覆工コンクリートの内面補強構造物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005093953thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close