Top > Search of Japanese Patents > TUNNEL LINING CONCRETE EXFOLIATION PREVENTING METHOD AND ITS STRUCTURE

TUNNEL LINING CONCRETE EXFOLIATION PREVENTING METHOD AND ITS STRUCTURE

Patent code P07A010783
File No. /NO33513
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-093968
Publication number P2006-274630A
Patent number P4494267
Date of filing Mar 29, 2005
Date of publication of application Oct 12, 2006
Date of registration Apr 16, 2010
Inventor
  • (In Japanese)小島 芳之
  • (In Japanese)野城 一栄
  • (In Japanese)栗林 健一
  • (In Japanese)田辺 将樹
  • (In Japanese)仲山 貴司
  • (In Japanese)小西 真治
  • (In Japanese)江口 和雄
  • (In Japanese)若菜 和之
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)ショーボンド建設株式会社
Title TUNNEL LINING CONCRETE EXFOLIATION PREVENTING METHOD AND ITS STRUCTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tunnel lining concrete exfoliation preventing method and its structure for suppressing the impediment amount of an inner void cross section without increasing the thickness (rigidity) of exfoliation preventing members in the case of preventing exfoliation of large exfoliation lumps, and preventing exfoliation of even exfoliation lumps of different sizes by one method.
SOLUTION: In the tunnel lining concrete exfoliation preventing method, the exfoliation preventing members 17-20 connected through shackles 13-16 to a support plate 12 fixed by an anchor 11 are arranged on the lining concrete 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


本願発明者らは、崩落に対する健全度と外力に対する力学的健全度を一括して判定し、精度の高いトンネルの健全度診断システムを既に提案している(下記特許文献1)。
従来、トンネルの覆工コンクリートの剥落防止工法としては、以下に示すようなものがあった。
図6は従来のトンネルの覆工コンクリートの剥落防止工法を示す全体断面図である。



この図において、101は覆工コンクリート、102は大規模な崩落の可能性がある部分、103は剥落の塊、104は崩落防止材の主材、105は剥落防止設置範囲(例)である。
【特許文献1】
特願2004-012616号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、トンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)覆工コンクリートにアンカーで固定される支持プレートと、
(b)該支持プレート上に固定されるシャックルと、
(c)該シャックルに固定され、前記覆工コンクリート表面に配置される剥落防止材とを具備することを特徴とするトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体。

【請求項2】
 
請求項1記載のトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体において、前記アンカーの四方に配置される4個のシャックルを具備することを特徴とするトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載のトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体において、前記剥落防止材が鋼材、高弾性プレキャスト材、又は繊維材であることを特徴とするトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体。

【請求項4】
 
請求項12又は3記載のトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体において、前記覆工コンクリートと前記支持プレートの間にネット材を具備することを特徴とするトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体。

【請求項5】
 
請求項123又は4記載のトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体において、前記覆工コンクリートと前記支持プレートの間に不燃性防水シートを具備することを特徴とするトンネルの覆工コンクリートの剥落防止構造体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005093968thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close