Top > Search of Japanese Patents > RAIL FASTENING DEVICE WITH RAIL OVERTURNING PREVENTING MEANS

RAIL FASTENING DEVICE WITH RAIL OVERTURNING PREVENTING MEANS

Patent code P07A010831
File No. /NO33536
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-141858
Publication number P2006-316553A
Patent number P4660269
Date of filing May 13, 2005
Date of publication of application Nov 24, 2006
Date of registration Jan 7, 2011
Inventor
  • (In Japanese)小倉 雅彦
  • (In Japanese)柳川 秀明
  • (In Japanese)鬼 憲治
  • (In Japanese)横田 直樹
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)鉄道機器株式会社
Title RAIL FASTENING DEVICE WITH RAIL OVERTURNING PREVENTING MEANS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a rail fastening device with a rail overturning preventing means which protects a fastening means of the rail overturning preventing means from being broken by wheels even if a vehicle derails, and prevents a rail from being knocked down by the derailed wheels.
SOLUTION: The rail fastening device 1 has a block-shaped fitting 3 protruding in the vicinity thereof for engaging with a rail leg 2. The block-shaped fitting 3 has a housing hole 30 formed therein into which an upper portion 40 of the fastening means 4 is sunk. Further an engaging block 5 is arranged in parallel with the block-shaped fitting 3 to engage with the same.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から図8、9で示すレール締結装置1が使用されている。これはタイプレートgにボルトbを植設し、このボルトbに板ばねcを介してナットd締めし、板ばねcの一端をレール脚部2に圧接するものである。なお図中、符号eは例えば軌道スラブのような固定物aに植設し、ナットfでタイプレートgを固定するためのTボルトである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は鉄道レールの締結装置に付随し、脱線した車輪によりレールが転倒しないようにしたものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
レール締結装置の近傍かつタイプレート上にレール脚部を係止するためのブロック状金具を載置し、前記ブロック状金具の上面の中央から有底無蓋の収容孔を穿設し、軌道スラブに植設されたTボルトを前記収容孔の底部に穿ったボルト貫通孔に貫通させ、前記Tボルトの上部を前記収容孔に通し、前記収容孔内でナット締めし、またレール側面方向から見て前記ブロック状金具の左右タイプレートに立設した1対の係合ブロックを並設し、レール側面方向から見て前記係合ブロックの内向面を前記ブロック状金具の左右側面に係止し、一方の前記係合ブロックを前記レール締結装置に隣設することを特徴とするレール転倒防止手段付きレール締結装置。

【請求項2】
 
ブロック状金具の内向面におけるレール脚部の係止手段の形状が、レール長手方向から見て常時は前記レール脚部の外端に隙間をおいた断面へ字状であることを特徴とする請求項1のレール転倒防止手段付きレール締結装置。

【請求項3】
 
レール側面方向から見てブロック状金具の左右側面を断面へ字状に形成し、レール側面方向から見て各係合ブロックの内向面を断面へ字状に形成し、前記各係合ブロックの内向面を前記ブロック状金具の左右側面に係止することを特徴とする請求項1のレール転倒防止手段付きレール締結装置。

【請求項4】
 
レール側面方向から見てブロック状金具の左右側面と、レール側面方向から見て各係合ブロックの内向面とを凹凸嵌合することを特徴とする請求項1のレール転倒防止手段付きレール締結装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005141858thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close