Top > Search of Japanese Patents > JOINT STRUCTURE AND MANUFACTURING METHOD FOR GLUED INSULATED JOINT RAIL

JOINT STRUCTURE AND MANUFACTURING METHOD FOR GLUED INSULATED JOINT RAIL

Patent code P07A010848
File No. /NO31192
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-177392
Publication number P2006-348631A
Patent number P4526446
Date of filing Jun 17, 2005
Date of publication of application Dec 28, 2006
Date of registration Jun 11, 2010
Inventor
  • (In Japanese)若月 修
  • (In Japanese)阿部 則次
  • (In Japanese)片岡 宏夫
  • (In Japanese)大塚 孝
  • (In Japanese)小佐野 浩一
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title JOINT STRUCTURE AND MANUFACTURING METHOD FOR GLUED INSULATED JOINT RAIL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a joint structure of a glued insulated joint rail, which can prevent the occurrence of poor insulation at low cost by simple work, and a manufacturing method for the joint structure, and a manufacturing method for the glued insulated joint rail.
SOLUTION: An adhesive material 12 is a member for being infilled into a gap between rails 2 and 3 and through-holes 2d, 3d, 4a and 5a of joint plates 4 and 5, and a tube 6. The adhesive material 12 is formed, for example, by heating and curing an adhesive sheet 12a of a molding intermediate material (prepreg) which is obtained by impregnating a nonwoven fabric of glass paper with a resin. The adhesive material 12 starts to be melted when heated in the state of being sandwiched between an adhesive material 11 and the joint plates 4 and 5, and intrudes into a gap between inner peripheral parts of the through-holes 2d, 3d, 4a and 5a and an outer peripheral part of the tube 6, so as to be infilled into the gap. Thus, the adhesive 12 can prevent rainwater from intruding into the gap, and can reduce the occurrence of the poor insulation between the rails 2 and 3 and a joint plate bolt 7.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


図7は、従来の接着絶縁レールの継目構造の断面図である。
図7に示す車輪Wは、レール102と回転接触する鉄道用部材であり、レール102のレール頭部102aと接触して摩擦抵抗を受ける踏面W1と、脱輪を防止するために車輪Wの外周に連続して形成されたフランジ面W2とを備えている。従来の接着絶縁レールの継目構造101は、図7に示すようにレール102の継目部分の両側に継目板104,105を接着して、この継目部分を電気的に絶縁し接続している(例えば、特許文献1参照)。このような従来の継目構造101では、図7に示すように、レール102の腹部側面102gに絶縁性の接着材111によって継目板104,105が接着されており、レール102及び継目板104,105の貫通孔102d,104a,105aに絶縁性のチューブ106を挿入するとともにこのチューブ106に継目板ボルト107を挿入し平座金109を装着してナット108で締結し組み立てられる。



【特許文献1】
特開平9-111702号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、レールの継目部分の両側に継目板を絶縁性の接着材によって接着し、この継目部分を電気的に絶縁し接続する接着絶縁レールの継目構造とその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
レールの継目部分の両側に継目板を絶縁性の接着材によって接着して、この継目部分を電気的に絶縁し接続する接着絶縁レールの継目構造であって、
前記接着材は、前記レールと前記継目板との間に成形用中間素材である接着シートを挟み込み加熱硬化させて形成されており、
前記レール及び前記継目板に形成された貫通孔とこの貫通孔に挿入されるチューブとの間の隙間に絶縁性樹脂が充填されており、
前記絶縁性樹脂は、前記継目板の外側から充填されるコーキング材であること、
を特徴とする接着絶縁レールの継目構造。

【請求項2】
 
レールの継目部分の両側に継目板を絶縁性の接着材によって接着して、この継目部分を電気的に絶縁し接続する接着絶縁レールの製造方法であって、
前記レールと前記継目板との間に成形用中間素材である接着シートを挟み込み加熱硬化させて、このレールとこの継目板とを接着する接着工程と、
前記レール及び前記継目板に形成された貫通孔とこの貫通孔に挿入されるチューブとの間の隙間に絶縁性樹脂を充填する充填工程を含み、
前記充填工程は、前記貫通孔と前記チューブとの間の隙間に前記継目板の外側からコーキング材を充填する工程であること、
を特徴とする接着絶縁レールの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005177392thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close