Top > Search of Japanese Patents > NOISE OSCILLATION REDUCING APPARATUS AND STAND-ALONE TYPE NOISE OSCILLATION REDUCING BODY

NOISE OSCILLATION REDUCING APPARATUS AND STAND-ALONE TYPE NOISE OSCILLATION REDUCING BODY

Patent code P07A010864
File No. /NO31201
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-222663
Publication number P2007-041111A
Patent number P4769043
Date of filing Aug 1, 2005
Date of publication of application Feb 15, 2007
Date of registration Jun 24, 2011
Inventor
  • (In Japanese)田川 直人
  • (In Japanese)山本 克也
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title NOISE OSCILLATION REDUCING APPARATUS AND STAND-ALONE TYPE NOISE OSCILLATION REDUCING BODY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To attain effective noise reduction by preventing propagation of oscillations via a control target board between noise oscillation reducing modules, and preventing integral oscillation of the noise reducing modules with the control target board.
SOLUTION: In the noise oscillation reducing apparatus in which two or more noise reducing modules (1) are arranged on the sound source side of the control target board (19), a plate (6) for sealing a space within each noise-reducing module is attached to each noise-reducing module so as to form into an independent type module (A), thereby propagation of oscillation among each noise reducing module via the control target board is shut off. The integral oscillation of the noise reducing modules with the control target board is prevented, by providing an air layer (12) sealed via a frame (11) between the control target board (10) and a set of the independent type modules (A).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


壁部を介して外側から内側に進入する騒音を低減する方法には、壁部を構成する外板と内装板の間の空間に吸音材や制振材を配置するパッシブ吸音技術と、外板から内装板に伝わる騒音を検出して、その検出に応じて騒音を打ち消すための音を、音出力面を内装板に向けて配置された平面スピーカに出力させるようにしたアクティブ・ノイズ・コントロール技術(ANC技術)とがある。
パッシブ吸音技術は、高周波領域の騒音には効果があるが、低周波領域の騒音には効果が低い、吸音効果を上げるには質量則により壁厚が厚くなる、などの難点がある。これに対して、アクティブ・ノイズ・コントロール技術によれば、上記難点が解消されることから、最近は、アクティブ・ノイズ・コントロール技術の研究開発が盛んに行われている(例えば、特許文献1及び2参照。)
【特許文献1】
特開2004-216971号公報
【特許文献2】
特開2005-3777号公報



ところで、騒音を打ち消すための音を発生させるためのアクチュエータである平面スピーカとして、カード型圧電スピーカを用いる場合は、その圧電スピーカの面積は最大で50mm×50mm程度であるため、検出部と平面スピーカと制御部とからなるアクティブ・ノイズ・コントロール装置を壁の外板と内装板の間の空間に配置することを容易にするため、検出部と平面スピーカと制御部とをモジュール枠内に一まとまりに組み立ててモジュール構造(すなわち騒音低減モジュール)とすることが、特許文献1(段落番号0013~0017)に開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、壁部を介して外側から内側に進入する騒音(又は振動。以下、同じ。)を低減する装置、特に騒音低減モジュールを用いるものに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アクティブ・ノイズ・コントロール技術により騒音を低減させる騒音低減モジュールを制御対象板の音源側に複数個配置してなる騒音振動低減装置において、
前記騒音低減モジュールを、そのモジュール枠の前記制御対象板側に開放する空間を密閉する第1の密閉板を各騒音低減モジュール単位に取付けて独立型モジュールとすることにより、各騒音低減モジュール間での制御対象板を介しての振動伝搬を遮断するとともに、
前記制御対象板の音源側に配置された複数個の独立型モジュールの周囲と前記制御対象板との間に密閉された空気層を設けたことを特徴とする騒音振動低減装置。

【請求項2】
 
アクティブ・ノイズ・コントロール技術により騒音を低減させる騒音低減モジュールを、そのモジュール枠の前記制御対象板側に開放する空間を密閉する第1の密閉板を各騒音低減モジュール単位に取付けて独立型モジュールとすることにより、各騒音低減モジュール間での制御対象板を介しての振動伝搬を遮断するとともに、
前記制御対象板の音源側に配置された複数個の独立型モジュールの周囲にフレームを取り付けて、その複数個の独立型モジュールの制御対象板側に開放する空間を形成し、その空間を密閉する第2の密閉板を取り付けるとともに、前記フレームと前記第2の密閉板との間に密閉された空気層を設けてなる独立型騒音振動低減装置。

【請求項3】
 
アクティブ・ノイズ・コントロール技術により騒音を低減させる騒音低減モジュールを制御対象板の音源側に複数個配置してなる騒音振動低減装置において、
前記制御対象板は大面積を有するものであり、
その大面積の制御対象板に、請求項2記載の独立型騒音振動低減装置を複数個取り付け、
各独立型騒音低減装置と制御対象板との間に密閉された空気層を設けた、
ことを特徴とする騒音振動低減装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005222663thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close