Top > Search of Japanese Patents > STANCHION POLE

STANCHION POLE

Patent code P07A010875
File No. /NO33542
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-235951
Publication number P2007-050729A
Patent number P4541251
Date of filing Aug 16, 2005
Date of publication of application Mar 1, 2007
Date of registration Jul 2, 2010
Inventor
  • (In Japanese)内田 勝
  • (In Japanese)小倉 雅則
  • (In Japanese)青木 淳
  • (In Japanese)富岡 隆弘
  • (In Japanese)瀧上 唯夫
Applicant
  • (In Japanese)KYB株式会社
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title STANCHION POLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a stanchion pole capable of suppressing effectively the vibration of a roof strength member and a floor strength member of a railroad car.
SOLUTION: The stanchion pole having a rod member and a hydraulic draft gear installed at one end or in the middle of the rod member is interposed between the roof strength member and the floor strength member of the railroad car, in which the rigidity k1 of the working fluid of the hydraulic draft gear D and the rigidity k2 of the rod member 1 are set so as to meet the equivalent damping coefficient Ceq of the whole stanchion pole required to the vibrating frequency f in the relative vibration of the roof strength member L with the floor strength member F. Further the series rigidity k of the rigidity k1 of the working fluid and the rigidity k2 of the rod member 1 is made greater so as to reduce a drop of Ceq with respect to the damping coefficient C.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、鉄道の輸送力増強等の期待に応えるため鉄道車両は高速化の一途を辿っており、この鉄道車両の高速化に伴って車両の軽量化が図られている。



ここで車両の軽量化は、車両の高速化は勿論として消費電力を低減させる等、種々の利点があるが、特に車体を軽量化する場合には、車両における乗り心地の点では、車体を構成する屋根、壁、床の構造部材(本明細中、それぞれ「屋根強度部材」、「壁強度部材」、「床強度部材」という)の曲げ剛性が一般的に低下する傾向となるので、各強度部材の弾性振動が増加する。



そして、特に車両の軽量化による床強度部材の振動の増加は、乗客が敏感に知覚するところとなるので、車両における快適性を悪化させる一因となる。



そこで、上記各部材の振動を低減する方法として、乗客がつかまるための手摺や握り棒として利用されているスタンションポールと呼ばれる棒状体を、屋根強度部材と床強度部材との間に介装して上記振動を抑制しようとする提案がされている。この提案では、車体の屋根強度部材と床強度部材とをスタンションポールで連結し、車体の剛性を向上させることによって、屋根強度部材と床強度部材の各々の弾性振動を抑制して、車両における乗り心地悪化を改善することができる。



また、車体は一般的に前後方向に直方体形状として構成されているが、車両走行中に軌道高低狂い等によって車体が加振されると、前後方向に長い屋根強度部材と床強度部材は、波打つように撓み、入力される振動周波数によって、時には同位相で、時には位相差をもった振動モードで振動するが、スタンションポールに減衰作用を発揮するダンパ等を設けることにより、振動エネルギを吸収して、振動抑制効果を高めることによって、より一層の快適性の向上をも狙っている(たとえば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開2004-17842号公報(第4頁第14行目から第5頁第1行目まで、図1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鉄道車両の屋根強度部材と床強度部材との間に介装されて屋根強度部材と床強度部材との相対振動を抑制するスタンションポールの改良に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
棒状体と、棒状体の一端に配される流体圧緩衝器とを有し、鉄道車両の屋根強度部材と床強度部材との間に介装されるスタンションポールにおいて、流体圧緩衝器を屋根強度部材に直接連結し、棒状体を床強度部材に連結するとともに、スタンションポール全体の等価減衰係数Ceq、屋根強度部材と床強度部材との相対振動における振動周波数f、流体圧緩衝器の作動流体の剛性k1、棒状体の剛性k2が次の関係を満たすように設定されてなることを特徴とするスタンションポール。
【数1】
 



【請求項2】
 
スタンションポール全体の等価減衰係数Ceq、屋根強度部材と床強度部材との相対振動における振動周波数f、流体圧緩衝器の作動流体の剛性k1、棒状体の剛性k2が次の関係を満たすように流体圧緩衝器の作動流体の剛性k1および棒状体の剛性k2の一方または両方を設定してなることを特徴とする請求項1に記載のスタンションポール。
【数2】
 



【請求項3】
 
流体圧緩衝器の減衰係数Cは、棒状体と流体圧緩衝器の作動流体の直列剛性をkとすると、次の関係を満たすように設定されてなる請求項1または2に記載のスタンションポール。
【数3】
 



【請求項4】
 
流体圧緩衝器がシリンダとシリンダ内に摺動自在に挿入されるピストンとを備え、作動流体の剛性k1は、ピストン受圧面積とシリンダ内にピストンで区画される作動室の容積との比によって設定されることを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載のスタンションポール。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005235951thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close