Top > Search of Japanese Patents > DEVIATION PREVENTIVE GUARD OF CROSSTIE AND CROSSTIE WITH DEVIATION PREVENTIVE GUARD

DEVIATION PREVENTIVE GUARD OF CROSSTIE AND CROSSTIE WITH DEVIATION PREVENTIVE GUARD

Patent code P07A010886
File No. /NO33546
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-253551
Publication number P2007-063910A
Patent number P4549262
Date of filing Sep 1, 2005
Date of publication of application Mar 15, 2007
Date of registration Jul 16, 2010
Inventor
  • (In Japanese)涌井 一
  • (In Japanese)松本 信之
  • (In Japanese)曽我部 正道
  • (In Japanese)中條 友義
  • (In Japanese)飯泉 章
  • (In Japanese)宮本 基行
Applicant
  • (In Japanese)財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社安部日鋼工業
Title DEVIATION PREVENTIVE GUARD OF CROSSTIE AND CROSSTIE WITH DEVIATION PREVENTIVE GUARD
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a deviation preventive guard of a crosstie which allows the crosstie to be laid on a ballast roadbed or a concrete base without causing a trouble by suppressing an increase in the rigidity of the crosstie caused by the provision of the deviation preventive guard, also to provide the crosstie with a deviation preventive guard.

SOLUTION: The crosstie with the deviation preventive guard comprises a ladder crosstie body 1 and the deviation preventive guard 2 provided at the crosstie body 1 along the outside of a rail 8 laid on the crosstie body 1. The deviation preventive guard 2 has slits 2a formed at predetermined intervals in the longitudinal direction of the rail 8 and a PC steel material 4 continuously inserted into the guard 2 in the longitudinal direction of the rail 8. An elastic joint member 3 is filled into each slit 2a. The crosstie body 1 comprises a plurality of longitudinal beams 1a, 1a which extend in parallel and a plurality of tie beams 1c laid between the longitudinal beams 1a, 1a.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


走行中の列車が地震などで脱線して対向列車と衝突したり、高架橋から転落するといった事態になれば、多くの負傷者がでて大惨事になることは容易に想像できることであり、新潟県中越地震における上越新幹線の列車脱線を契機に、走行中の列車の安全性が大きな課題になっている。



従来、列車の脱線を防止する方法として、マクラギに当該マクラギの上に敷設されたレールの内側または外側に沿って逸脱防止ガードを取り付ける方法が知られており、上越新幹線の列車脱線事故を受けて、特に注目されてきている。

【特許文献1】特開2004-324245号公報

【特許文献2】特開2004-324287号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、特に逸脱防止ガードの付設によるマクラギの剛性増大を抑え、マクラギをバラスト道床やコンクリート路盤に直接支障なく敷設できるようにした逸脱防止ガード付きラダーマクラギに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
平行に伸び、それぞれにレールが敷設された2本の縦梁と、当該縦梁間に設置された複数の繋ぎ梁とからなるラダーマクラギと、前記縦梁に前記レールの外側または内側に沿って前記レールの長手方向に連続して形成された逸脱防止ガードとからなり、前記逸脱防止ガードは前記レールの長手方向に所定間隔おきに形成された複数のスリットと、前記レールの長手方向に連続して挿通された線状部材と、前記各スリットに充填された弾性目地部材とを有し、前記線状部材は各スリットを貫通し、かつ前記線状部材の端部は引張力を吸収する弾性部材を介して定着されてなることを特徴とする逸脱防止ガード付きラダーマクラギ。

【請求項2】
 
線状部材はアンボンドPC鋼材であることを特徴とする請求項1記載の逸脱防止ガード付きラダーマクラギ。

【請求項3】
 
スリット内に露出したPC鋼材の露出部分にさや管を挿通するかグリースを塗着してなることを特徴とする請求項1または2記載の逸脱防止ガード付きラダーマクラギ。
Industrial division
  • Railway
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005253551thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close