Top > Search of Japanese Patents > PANTOGRAPH LIFT MEASURING DEVICE

PANTOGRAPH LIFT MEASURING DEVICE

Patent code P07A010887
File No. /NO31218
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-256424
Publication number P2007-071578A
Patent number P4753669
Date of filing Sep 5, 2005
Date of publication of application Mar 22, 2007
Date of registration Jun 3, 2011
Inventor
  • (In Japanese)末木 健之
  • (In Japanese)西山 幸夫
  • (In Japanese)池田 充
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title PANTOGRAPH LIFT MEASURING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pantograph lift measuring device capable of measuring accurately a pantograph lift simultaneously with an aerodynamic sound without being influenced by air current.
SOLUTION: A damper device 14 is dismounted, and a connection part 17 is fixed to a lever part 6d of a main shaft 6, and a connection part 18 is fixed to a fixing part 13e of a frame 13, and a pantograph lift detection part 16 and the connection parts 17, 18 are mounted on a pantograph 1. When adjusting an interlocking amount between the connection parts 17, 18 and an interval adjusting part 18c, the attitude of the pantograph 1 is changed and the height of a collector head 3 is adjusted. Since the pantograph lift detection part 16 and the connection parts 17, 18 are covered with a windshield part 12, air current does not exert an influence thereon, and application of air force can be prevented, and generation of an aerodynamic sound can be prevented. Resultantly, since the pantograph lift detection part 16 is not influenced by the air current, the pantograph lift and a noise can be measured simultaneously accurately.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


風洞試験装置では、気流が流れる測定部に模型車両を設置して車両に作用する空気力や車両から発生する空力騒音を測定したり、測定部にパンタグラフを設置してパンタグラフ揚力や集電系の空力騒音などを測定したりしている(例えば、非特許文献1参照)。



【非特許文献1】
前田 達夫、近藤 善彦、RRR、財団法人研友社、2004年7月1日、第21頁

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、パンタグラフに作用するパンタグラフ揚力を測定するパンタグラフ揚力測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
パンタグラフに作用するパンタグラフ揚力を測定するパンタグラフ揚力測定装置であって、
前記パンタグラフの主軸のてこ部とこのパンタグラフの固定部との間に作用する荷重を検出し、前記パンタグラフ揚力を検出するパンタグラフ揚力検出部と、
前記てこ部と前記固定部との間に前記パンタグラフ揚力検出部を連結する連結部とを備え、
前記パンタグラフ揚力検出部及び前記連結部は、前記パンタグラフの風防部に覆われていること、
を特徴とするパンタグラフ揚力測定装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載のパンタグラフ揚力測定装置であって、
前記パンタグラフの集電舟の高さを所定の高さに調整するために、前記てこ部と前記固定部との間の間隔を調整する間隔調整部を備えること、
を特徴とするパンタグラフ揚力測定装置。

【請求項3】
 
請求項2に記載のパンタグラフ揚力測定装置において、
前記間隔調整部は、前記てこ部と前記固定部との間の間隔を調整するための駆動力を外部操作によって自動的に発生する駆動力発生部を備えること、
を特徴とするパンタグラフ揚力測定装置。

【請求項4】
 
請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載のパンタグラフ揚力測定装置において、
前記パンタグラフの集電舟の振動を検出する振動検出部の検出結果に基づいて、前記パンタグラフ揚力を演算するパンタグラフ揚力演算部の演算結果を補正する補正部を備えること、
を特徴とするパンタグラフ揚力測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005256424thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close