Top > Search of Japanese Patents > BASE-COURSE IMPROVING MATERIAL AND VISIBILITY IMPROVING METHOD THEREFOR

BASE-COURSE IMPROVING MATERIAL AND VISIBILITY IMPROVING METHOD THEREFOR

Patent code P07A010888
File No. /NO33547
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-258952
Publication number P2007-070889A
Patent number P4868386
Date of filing Sep 7, 2005
Date of publication of application Mar 22, 2007
Date of registration Nov 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)村本 勝己
  • (In Japanese)菊池 弘
  • (In Japanese)古和口 典明
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)クニミネ工業株式会社
Title BASE-COURSE IMPROVING MATERIAL AND VISIBILITY IMPROVING METHOD THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enhance the constructibility and accuracy of a base-course improving material in the improvement of a base course of a railroad and a road.
SOLUTION: In this base-course improving material 13 for use, a surface of a base material is colored in a fluorescent color (mainly in yellow-based, orange-based and red-based colors) different from that of base-course soil. This enables the material 13 to be clearly distinguished from the base-course soil, and enhances the constructibility and accuracy of the material 13. A food dye, a pigment, a paint, a dye and the like are used as a coloring agent. A method, in which a base material composed mainly of bentonite is coated with the coloring agent or in which the coloring agent is kneaded into the base material composed mainly of bentonite, is employed as a coloring method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


鉄道や道路においては、列車や自動車の交通荷重により、路盤の表面において、路盤土(路盤の泥土)が流動化して流出した跡に空洞が発生し、それが徐々に成長することにより、路盤変状が発生する場合がある。



そこで、こうして路盤変状が発生した場合には、ベントナイトを主剤とする路盤改良材を空洞に注入して充填することにより、路盤変状を補修する方法が考えられる。この方法では、路盤改良材の撒き出し総量よりも、いかに均等に路盤表面を被覆するかが、路盤表面の改良効果を高める上で重要となる。そのため、路盤改良材の撒き出し具合を目視で確認することにより、施工管理を行う必要がある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鉄道や道路の路盤改良などの技術分野に適用するに好適な、路盤改良材およびその視認性改良方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基材の表面を路盤土と異なる色に着色する着色工程が含まれ、
前記着色工程において、前記基材に食用色素からなる着色剤が練り込まれることを特徴とする、路盤改良材の視認性改良方法。

【請求項2】
 
前記基材は、ベントナイトを主剤とするものであることを特徴とする請求項1に記載の路盤改良材の視認性改良方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005258952thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close