Top > Search of Japanese Patents > ANTIEARTHQUAKE REINFORCING METHOD FOR MASONRY WALL, AND MASONRY WALL REINFORCING MATERIAL USED FOR THE REINFORCING METHOD

ANTIEARTHQUAKE REINFORCING METHOD FOR MASONRY WALL, AND MASONRY WALL REINFORCING MATERIAL USED FOR THE REINFORCING METHOD

Patent code P07A010892
File No. /NO33553
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-262104
Publication number P2007-070980A
Patent number P4530378
Date of filing Sep 9, 2005
Date of publication of application Mar 22, 2007
Date of registration Jun 18, 2010
Inventor
  • (In Japanese)山本 彰
  • (In Japanese)鳥井原 誠
  • (In Japanese)山田 祐樹
  • (In Japanese)杉山 友康
  • (In Japanese)太田 直之
  • (In Japanese)布川 修
  • (In Japanese)岡田 勝也
Applicant
  • (In Japanese)株式会社大林組
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title ANTIEARTHQUAKE REINFORCING METHOD FOR MASONRY WALL, AND MASONRY WALL REINFORCING MATERIAL USED FOR THE REINFORCING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To integrate an ashlar and a cobblestone together with a grout for reinforcement.
SOLUTION: A masonry wall reinforcing material 1 comprises a hollow multihole pipe body 2 having a sharp front end, a male screw 3 formed on the base end side of the hollow multihole pipe body 2, a strike cap 4 which is screwed on the male screw 3, a connecting female screw member 6 which connects the male screw 3, which is stripped of the strike cap 4, to the front end of a grout hose 5, and a head cap 7 which is screwed on the male screw 3 stripped of the grout hose 5. On the peripheral surface of the hollow multihole pipe body 2, a flange-like contact part 11 is formed projectingly, with which the front end 12 of the strike cap 4 comes in contact. The flange-like contact part 11 is so shaped that the front end 12 of the strike cap 4 comes in contact with the flange-like contact part 11 when the strike cap 4 is screwed onto the male screw 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


斜度が急な法面の法尻(法面の下端)近くに列車の軌道を敷設したり道路を建設したりする場合、万一、崖崩れが起これば、その被害は甚大である。それゆえ、適切な法面保護工が必要不可欠となることは言うまでもない。



法面保護工としては、モルタルやコンクリートを吹き付ける法面吹付工、法枠工、法面緑化工、補強土工などがあり、いずれも斜度や土質性状等に応じて適宜選択され、広く使用されている。



ここで、補強土工の一つとして、裏ぐり石を背面に充填しながら間知石と呼ばれる組積材を積み上げる、いわゆる空積み擁壁があるが、かかる空積み擁壁は、組積材の背面にコンクリートを充填してなる練積み擁壁(重力式擁壁の一種)に比べ、一般的に耐震性に乏しい。



そこで、かかる空積み擁壁を耐震補強すべく、間知石同士が取り合う出隅部や間知石の中央にグラウト材注入孔を削孔し、該グラウト材注入孔に異形鉄筋等の補強材(芯材)を挿入した上、補強材とグラウト材注入孔との隙間にグラウトパイプを挿入してグラウト材を注入する耐震補強方法が知られている。



【特許文献1】
特開2005-9207
【特許文献2】
特開2005-9208
【特許文献3】
特開2005-9209

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、主として空積み擁壁を対象とした石積み壁の耐震補強方法及びそれに用いる石積み壁補強材に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
先鋭に形成された中空多孔管本体と、該中空多孔管本体の基端側に設けられた雄ネジ部と、該雄ネジ部に螺合される打撃用キャップと、該打撃用キャップを取り外した状態にて前記雄ネジ部とグラウトホースの先端とを互いに接続する接続用雌ネジ部材と、前記グラウトホースを取り外した状態にて前記雄ネジ部に螺合される頭部キャップとからなり、前記中空多孔管本体の中空空間と前記グラウトホースとを連通させる貫通孔を前記雄ネジ部に形成するとともに、前記打撃用キャップが前記雄ネジ部に螺合された状態にて該打撃用キャップの先端が当接する鍔状当接部を前記中空多孔管本体の周面に突設形成したことを特徴とする石積み壁補強材。

【請求項2】
 
先鋭に形成された中空多孔管本体と、該中空多孔管本体の基端側に設けられ外周面に雄ネジが切られ内周面に雌ネジが切られた有底筒体及び該有底筒体の底部から同芯状に突設された雄ネジ部からなる複合ネジ部と、前記有底筒体の雌ネジに螺合される打撃用キャップと、前記打撃用キャップを取り外した状態にて前記雄ネジ部とグラウトホースの先端とを互いに接続する接続用雌ネジ部材と、前記グラウトホースを取り外した状態にて前記有底筒体の雄ネジに螺合される頭部キャップとからなり、前記中空多孔管本体の中空空間と前記グラウトホースとを連通させる貫通孔を前記有底筒体及び前記雄ネジ部にそれぞれ形成するとともに、前記打撃用キャップが前記雌ネジに螺合された状態にて該打撃用キャップの先端が前記有底筒体の底部に当接するように該有底筒体を形成したことを特徴とする石積み壁補強材。

【請求項3】
 
前記有底筒体の雄ネジに螺合される打撃保護用キャップを備えた請求項2記載の石積み壁補強材。

【請求項4】
 
前記噴出孔を、前記中空多孔管本体の材軸に沿って直線状に配置されるように該中空多孔管本体に形成した請求項1乃至請求項3のいずれか一記載の石積み壁補強材。

【請求項5】
 
前記噴出孔をそれらの孔径が先端から基端側にかけて順次小さくなるように形成した請求項1乃至請求項3のいずれか一記載の石積み壁補強材。

【請求項6】
 
石積み壁を構成する組積材を削孔して該組積材にグラウト材注入孔を形成し、中空多孔管本体が設けられた石積み壁補強材を該中空多孔管本体の先端部分から前記グラウト材注入孔に挿入し、前記中空多孔管本体の基端側に設けられた雄ネジ部に打撃用キャップを螺合し、前記組積材の背面に充填されている裏ぐり石を押しのけるようにしながら前記打撃用キャップを打撃面として前記石積み壁補強材を打ち込み、前記打撃用キャップを前記雄ネジ部から取り外して代わりに接続用雌ネジ部材を介して該雄ネジ部とグラウトホースの先端とを互いに接続し、グラウトホース及び雄ネジ部に形成された貫通孔を介してグラウト材を前記中空多孔管本体の中空空間に加圧注入して該中空多孔管本体に形成された噴出孔からグラウト材を周囲に噴出させ、前記雄ネジ部から前記接続用雌ネジ部材を取り外し、前記グラウト材が硬化した後、頭部プレートに形成されたパイプ挿通孔に前記雄ネジ部を挿通し、該雄ネジ部に頭部キャップを螺合し、前記頭部プレートが前記組積材にあてがわれた状態で前記頭部キャップを締め付けることを特徴とする石積み壁の耐震補強方法。

【請求項7】
 
石積み壁を構成する組積材を削孔して該組積材にグラウト材注入孔を形成し、中空多孔管本体が設けられた石積み壁補強材を該中空多孔管本体の先端部分から前記グラウト材注入孔に挿入し、前記中空多孔管本体の基端側に設けられた複合ネジ部を構成する有底筒体の内周面に切られた雌ネジに打撃用キャップを螺合するとともに前記有底筒体の外周面に切られた雄ネジに打撃保護用キャップを螺合し、前記組積材の背面に充填されている裏ぐり石を押しのけるようにしながら前記打撃用キャップを打撃面として前記石積み壁補強材を打ち込み、前記打撃用キャップを前記雌ネジから取り外し、前記有底筒体の底部から同芯状に突設された雄ネジ部とグラウトホースの先端とを接続用雌ネジ部材を介して互いに接続し、前記有底筒体の底部及び前記雄ネジ部に形成された貫通孔並びにグラウトホースを介してグラウト材を前記中空多孔管本体の中空空間に加圧注入して該中空多孔管本体に形成された噴出孔からグラウト材を周囲に噴出させ、前記雄ネジ部から前記接続用雌ネジ部材を取り外し、前記グラウト材が硬化した後、頭部プレートに形成されたパイプ挿通孔に前記複合ネジ部を挿通し、該複合ネジ部を構成する前記有底筒体の雄ネジに頭部キャップを螺合し、前記頭部プレートが前記組積材にあてがわれた状態で前記頭部キャップを締め付けることを特徴とする石積み壁の耐震補強方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005262104thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close