Top > Search of Japanese Patents > MAGNETIC LEVITATION SYSTEM USING MAGNETIC BLOCKING EFFECT OF SUPERCONDUCTOR

MAGNETIC LEVITATION SYSTEM USING MAGNETIC BLOCKING EFFECT OF SUPERCONDUCTOR

Patent code P07A010894
File No. /NO33551
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-265692
Publication number P2007-082308A
Patent number P4335190
Date of filing Sep 13, 2005
Date of publication of application Mar 29, 2007
Date of registration Jul 3, 2009
Inventor
  • (In Japanese)上條 弘貴
  • (In Japanese)▲高▼尾 智明
  • (In Japanese)鈴木 聡一郎
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)▲高▼尾 智明
Title MAGNETIC LEVITATION SYSTEM USING MAGNETIC BLOCKING EFFECT OF SUPERCONDUCTOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magnetic levitation system that is easy in the installation of a magnetic field generation source, and can obtain a levitation force necessary for stable floating.
SOLUTION: The magnetic levitation system comprises: a rail 1 composed of a ferromagnetic body supported by a construction; a superconductor 2 that is arranged below the rail 1 so as to oppose it; a ferromagnetic body 3 that is formed into a shape for wrapping around the side face and the lower part of the super conductor 2; and the magnetic field generation source 4 that is arranged at the lower part of the ferromagnetic body 3, crosses the rail 1, and perpendicularly opposes the superconductor 2. The superconductor 2, the ferromagnetic body 3 and the magnetic field generation source 4 are integrated to a movable body, and the superconductor 2, the ferromagnetic body 3 and the magnetic field generation source 4 integrally make the movable body magnetically levitate and move it to the long length rail 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


超電導体の磁気遮蔽効果を利用することにより、磁界発生源より発生した磁界を整形し、強磁性体レールとの間で安定的な吸引浮上を行う磁気浮上方式は、地上側構成物を強磁性体のみに簡略化できる利点があることから、現在まで様々な研究が行われている。



これらの研究の中では、より多くの浮上力を得るための一般的な手段として、磁界発生源から発生させる磁界を強くするという手段が非常によく用いられている。
【特許文献1】
特許第3280334号公報
【非特許文献1】
鈴木聡一郎、高尾智明、新納章太、山口昌克、上條弘貴、藤本浩之:「Y系バルクのシールド効果を用いた吸引浮上力特性」、平成16年電気学会全国大会、講演論文集5電気機器5-031

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、超電導体の磁気遮蔽効果を利用した磁気浮上方式に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)構造物によって支持される、強磁性体からなる長尺のレールと、
(b)該レールの下方に対向して配置され、前記レールの長尺方向に長い薄板状の超電導体と、
(c)該超電導体の側面および下方を包みこむ形状の強磁性体と、
(d)該強磁性体の下方に位置し、前記レールに直交する様に配置され、前記超電導体に垂直に対向する磁極を有する磁界発生源と、
(e)前記超電導体と前記強磁性体と前記磁界発生源とが一体的に固定される移動体とを備え、
(f)前記長尺のレールに対して前記超電導体と前記強磁性体と前記磁界発生源とが一体となって前記移動体を磁気浮上させて移動させるようにしたことを特徴とする移動体の磁気浮上方式。

【請求項2】
 
請求項1記載の移動体の磁気浮上方式において、前記長尺のレールの両側に、薄板状の超電導体と、該超電導体の側面および裏側を包みこむ形状の強磁性体と、該強磁性体の裏側に位置し、前記レールに直交する様に配置され、前記超電導体に垂直に対向する磁極を有する磁界発生源とを前記移動体に一体的に固定することを特徴とする移動体の磁気浮上方式。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の移動体の磁気浮上方式において、前記磁界発生源が永久磁石であることを特徴とする移動体の磁気浮上方式。

【請求項4】
 
請求項1又は2記載の移動体の磁気浮上方式において、前記磁界発生源が超電導バルク磁石であることを特徴とする移動体の磁気浮上方式。

【請求項5】
 
請求項1又は2記載の移動体の磁気浮上方式において、前記磁界発生源が電磁石であることを特徴とする移動体の磁気浮上方式。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005265692thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close