Top > Search of Japanese Patents > SHOCK ABSORBING DEVICE FOR ROLLING STOCK

SHOCK ABSORBING DEVICE FOR ROLLING STOCK

Patent code P07A010906
File No. /NO33555
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-293215
Publication number P2007-099139A
Patent number P4413181
Date of filing Oct 6, 2005
Date of publication of application Apr 19, 2007
Date of registration Nov 27, 2009
Inventor
  • (In Japanese)早勢 剛
  • (In Japanese)深澤 香敏
  • (In Japanese)間 輝之
  • (In Japanese)上西 道雄
  • (In Japanese)西見 裕介
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)株式会社日本製鋼所
Title SHOCK ABSORBING DEVICE FOR ROLLING STOCK
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that enlargement of shock absorbing capacity is limited due to an insufficient stroke of a rubber type shock absorber and a viscosity type shock absorber as the viscosity type shock absorber is used as incorporated in a shock absorber frame as a member for compressing an elastic member.
SOLUTION: This device comprises the shock absorber frame 2, connected to one vehicle, and provided with a shock absorber frame partition part 2a, a cylinder part 6 formed at one end part of the shock absorber frame 2, a pair of follower plates 3 and 4 disposed on both sides of the shock absorber frame partition part 2a to be locked to follower plate lugs 30 and 31 on the other vehicle, the viscosity type shock absorber comprising a piston 5 inserted into a cylinder part 6, a throttling passage a communicating both sides of the piston 5 with each other, fluid 8 contained in the cylinder part 6, and a piston rod 5a of which tip projected from the cylinder part 6 is engaged with the follower plate 4 on one end part side to be capable of transmitting pushing force and pulling force, and the rubber type shock absorber comprising the elastic members 10a and 10b held between both surfaces of the shock absorber frame partition part 2a and the follower plates 3 and 4 in such a way that initial compression is provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の鉄道車両用緩衝装置として、特許文献1に記載されるダブル型緩衝器が知られている。この鉄道車両用緩衝装置は、一方の車両に連結される緩衝器枠と、緩衝器枠内に一体に形成され、中央内部にシリンダ部を形成するシリンダ部材と、シリンダ部材の両側にそれぞれ配置され、他方の車両の伴板守にそれぞれ係止する一対の伴板と、シリンダ部材を摺動自在に貫通させて配置され、シリンダ部に位置するピストンが該ピストンの両側を連通する絞り流路を形成すると共に、シリンダ部材から突出する端部がそれぞれ対応する伴板に当接するピストン棒と、シリンダ部材の両側面と各伴板との間にそれぞれ挟装されて初期圧縮が与えられる弾性体と、シリンダ部内に収容され、流動抵抗を有して絞り流路を流動する流動体とを有し、前記ピストン棒の少なくとも一方の先端部と伴板との間に間隙が形成され、弾性体が所定量の圧縮を受けた後に該間隙が消滅し、該ピストン棒の先端部が該伴板に当接することを特徴とするダブル型緩衝器である。



一対の弾性体は、ゴム状緩衝器を構成し、絞り流路を形成するシリンダ部材は、粘性緩衝器を構成している。



これは、緩衝器枠の前後にゴム状緩衝器を組み込むと共に、緩衝器枠の中間部の緩衝器枠仕切部として粘性緩衝器を組み込むものであり、通常走行時(常用荷重域)の自連力に対してはゴム状緩衝器が作用し、大きな衝撃に対してはゴム状緩衝器と粘性緩衝器とを併用して衝動を吸収緩衝する。
【特許文献1】
特開2000-127965

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鉄道車両用緩衝装置に関し、詳しくはゴム状緩衝器と粘性緩衝器とを備えて鉄道車両の前後衝動を吸収緩和する緩衝装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一方の端部に連結器(17)接続されるようになっている緩衝器枠(2)と、車両の伴板守(30、31)に係止されるようになっている一対の伴板(3、4)と、ゴム状緩衝器と、粘性緩衝器とから構成されている鉄道車両用緩衝器であって、
前記ゴム状緩衝器は、前記緩衝器枠(2)内に設けられている緩衝器枠仕切部(2a)と前記一対の伴板(3、4)のそれぞれの間に設けられている一対の弾性体(10a、10b)からなり、
前記粘性緩衝器は、前記緩衝器枠(2)の他方の端部に設けられているシリンダ(6)と、前記シリンダ(6)内に設けられているピストン(5)と、前記シリンダ(6)内に充填されている粘性流体(8)とからなり、前記ピストン(5)の外径は前記シリンダ(6)の内径よりも小さく、それによって前記ピストン(5)と前記シリンダ(6)の間に絞り流路(a)が形成され、
前記ピストン(5)に設けられているピストン棒(5a)の先端部(5aA)が、前記シリンダ(6)側に位置する伴板(4)に係合されていることを特徴とする鉄道車両用緩衝装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の緩衝装置において、前記ピストン棒(5a)の先端部(5aA)は、前記他方の伴板(4)に揺動自在に係合されていることを特徴とする鉄道車両用緩衝装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005293215thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close