Top > Search of Japanese Patents > SOUNDPROOF STRUCTURE OF RAIL

SOUNDPROOF STRUCTURE OF RAIL

Patent code P07A010913
File No. /NO33558
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-309678
Publication number P2007-120018A
Patent number P4695487
Date of filing Oct 25, 2005
Date of publication of application May 17, 2007
Date of registration Mar 4, 2011
Inventor
  • (In Japanese)半坂 征則
  • (In Japanese)間々田 祥吾
  • (In Japanese)鈴木 実
  • (In Japanese)澤田 淳也
  • (In Japanese)釣田 英利
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)ニチアス株式会社
Title SOUNDPROOF STRUCTURE OF RAIL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a soundproof structure of a rail capable of fixing a soundproof member on a supporting body for supporting the rail firmly.
SOLUTION: A fixing member 7 is a member for fixing the soundproof member 4 on the supporting body 1 detachably and is provided with a tightening bolt 7b, a tightening nut 7c, a washer 7d, and an insulation member 7e. The soundproof members 4 are mounted on the left and right sides of the rail R and the insulation member 7e is nipped in between a fixing part 6a of a hard elastic member 6 and the supporting body 1. Next, the washer 7d is mounted on the tightening bolt 7b, and the tightening nut 7c is mounted and tightened on the tightening bolt 7b. As a result, the soundproof member 4 is firmly fixed on the supporting body 1 by the fixing member 7 while an upper face and a side face of a bottom part R2 of the rail and a belly part R3 of the rail are covered with the soundproof member 4. Mounting work of the soundproof member 4 becomes simple to improve construction property.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来のレールの防音構造(従来技術1)は、ゴム又は合成樹脂とモルタルとの混合物からなるモルタル系制振材をレール腹部に接着している(例えば、特許文献1参照)。この従来技術1では、レール上を車両が通過するときにこのレールから発生する振動をモルタル系制振材によって抑制し、レールからの騒音を低減している。



従来のレールの防音構造(従来技術2)は、鉛などの制振性を有する一対の防音材と、この一対の防音材をそれぞれ保持する一対の金物と、この一対の金物をそれぞれ締め付ける一対の締め付けねじなどを備えている(例えば、特許文献2参照)。この従来技術2では、レール腹部の両側面にそれぞれ防音材を配置し、締め付けねじを締め付けることによって金物を防音材に押し付けて、レール腹部の両側面にそれぞれ防音材を固定している。



従来のレールの防音構造(従来技術3)は、磁性粉を含有する高分子粘弾性体層と、この高分子粘弾性体層を拘束する拘束板とが積層された分割構造の磁性複合型制振材によってレールを被覆している(例えば、特許文献3参照)。この従来技術3では、高分子粘弾性体層がレールに密着するように、レールの左右から磁性複合型制振材をそれぞれ装着しており、この磁性複合型制振材によってレールを被覆してレールの振動によって発生する騒音を低減させている。



【特許文献1】
特開昭52-109206号公報



【特許文献2】
特開平10-152801号公報



【特許文献3】
特開平10-159896号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、レールの振動により発生する騒音を低減するレールの防音構造に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
レールの振動によって発生する騒音を低減するレールの防音構造であって、
前記レールから発生する騒音を低減する防音材をこのレールを支持する支持体に着脱自在に固定する固定部材を備え、
前記防音材は、前記レールと接触する側に前記騒音を吸収する軟質弾性材を有し、前記レールと接触する側とは反対側に前記振動を抑制する硬質弾性材を有し、
前記軟質弾性材は、吸音機能を有する粘弾性材であるEPDMの発泡体であり、
前記硬質弾性材は、前記軟質弾性材よりも剛性が高く制振機能を有する制振鋼板であること、
を特徴とするレールの防音構造。

【請求項2】
 
請求項1に記載のレールの防音構造において、
前記固定部材は、前記支持体が前記レールを長さ方向に連続して支持するまくらぎであるときに、前記防音材をこのまくらぎに着脱自在に固定すること、
を特徴とするレールの防音構造。

【請求項3】
 
請求項1に記載のレールの防音構造において、
前記固定部材は、前記支持体が前記レールを長さ方向に所定の間隔をあけて支持するまくらぎであるときに、前記防音材をこのまくらぎに着脱自在に固定すること、
を特徴とするレールの防音構造。

【請求項4】
 
請求項1に記載のレールの防音構造において、
前記固定部材は、前記支持体が軌道スラブであるときに、前記防音材をこの軌道スラブに着脱自在に固定すること、
を特徴とするレールの防音構造。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005309678thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close