Top > Search of Japanese Patents > VIBRATION CONTROL DEVICE OF VEHICLE

VIBRATION CONTROL DEVICE OF VEHICLE

Patent code P07A010925
File No. /NO31240
Posted date Oct 26, 2007
Application number P2005-334939
Publication number P2007-139100A
Patent number P4573756
Date of filing Nov 18, 2005
Date of publication of application Jun 7, 2007
Date of registration Aug 27, 2010
Inventor
  • (In Japanese)富岡 隆弘
  • (In Japanese)瀧上 唯夫
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title VIBRATION CONTROL DEVICE OF VEHICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vibration control device of a vehicle capable of reducing vibration having influence on ride comfort.
SOLUTION: Among vertically bending vibration of a car body caused by a wheel set unbalance and carriage pitching, a frequency being problematic from a viewpoint of the ride comfort is generally about 5 to 20 Hz. When such the wheel set unbalance and carriage pitching are caused, relatively small force is transmitted between the car body and a carriage. Thus, when excitation force acting on the vibration control device 5 is small, a vibration frequency by relative vibration of a rubber cylinder 9 and a pin 8 increases, and relative displacement of the rubber cylinder 9 and the pin 8 increases, and amplitude of the relative vibration of these also increases. As a result, a reduction quantity of a clearance part 10 reduces, and an adhesion degree between an inner peripheral part 9b and an outer peripheral part 8b reduces, and rigidity of shock absorbing rubber 6 reduces. Thus, vibration having a high vibration frequency and small amplitude is restrained from being transmitted between an outer cylinder 7 and the pin 8.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


鉄道車両は、車体と台車との間に駆動力及び制動力などの前後力を伝達するためのけん引装置を備えている。このけん引装置は、主としてまくら梁(ボルスタ)を省略したボルスタレス台車と車体とを結合する装置であり、従来のまくら梁の役目であった前後力の確実な伝達と良好な乗り心地とを確保できるように、上下、左右及び回転方向は柔結合となる性質が要求されている。また、鉄道車両は、ボルスタレス台車の台車ヨーイング運動を減衰させ、走行安定性を向上させるため、台車と車体の間に装備されるオイルダンパの一種であるヨーダンパを備えている。このヨーダンパは、ゴムばねとオイルダンパを直列に配置して使用するのが一般的である。



従来の鉄道車両の防振装置は、車体と台車とを連結するけん引リンク又はヨーダンパなどの連結部材に形成された筒状部と、この筒状部内に封入される鉛などの多数の粒状体と、この粒状体が通過可能な空間を有しこの筒状部の内部を仕切る仕切板とを備えている(例えば、特許文献1参照)。このような従来の鉄道車両の防振装置は、けん引リンクに発生した振動エネルギーを粒状体の運動エネルギーに変換し、粒状体同士の接触による摩擦制振や粒状体と仕切板とのすべり摩擦を生じさせてけん引リンクの振動を低減させている。この従来の鉄道車両の防振装置では、台車側で発生する前後方向の振動に起因する80~300Hz帯域の固定伝播振動を低減させて車内騒音を低減させている。



【特許文献1】
特開2002-067945号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、振動の伝達と衝撃を緩和する緩衝ゴムを有する車両の防振装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
振動の伝達と衝撃とを緩和する緩衝ゴムを有する車両の防振装置であって、
前記緩衝ゴムは、外筒の内周部とゴム筒の外周部とが一体となって接合し、ピンの外周部とこのゴム筒の内周部との間に間隙部が形成されており、
前記緩衝ゴムは、前記ゴム筒と前記ピンとの相対振動の振動周波数が低いときには、このゴム筒の内周部とこのピンの外周部との密着度が高くなって剛性が高くなり、前記ゴム筒と前記ピンとの相対振動の振動周波数が高いときには、このゴム筒の内周部とこのピンの外周部との密着度が低くなって剛性が低くなること、
を特徴とする車両の防振装置。

【請求項2】
 
振動の伝達と衝撃とを緩和する緩衝ゴムを有する車両の防振装置であって、
前記緩衝ゴムは、外筒の内周部とゴム筒の外周部とが一体となって接合し、ピンの外周部とこのゴム筒の内周部との間に間隙部が形成されており、
前記緩衝ゴムは、加振力を受けたときの前記ゴム筒と前記ピンとの相対変位が大きいときには、このゴム筒の内周部とこのピンの外周部との密着度が高くなって剛性が高くなり、加振力を受けたときの前記ゴム筒と前記ピンとの相対変位が小さいときには、このゴム筒の内周部とこのピンの外周部との密着度が低くなって剛性が低くなること、
を特徴とする車両の防振装置。

【請求項3】
 
振動の伝達と衝撃とを緩和する緩衝ゴムを有する車両の防振装置であって、
前記緩衝ゴムは、外筒の内周部とゴム筒の外周部とが一体となって接合し、ピンの外周部とこのゴム筒の内周部との間に間隙部が形成されており、
前記緩衝ゴムは、前記ゴム筒と前記ピンとの相対振動の振幅が大きいときには、このゴム筒の内周部とこのピンの外周部との密着度が高くなって剛性が高くなり、前記ゴム筒と前記ピンとの相対振動の振幅が小さいときには、このゴム筒の内周部とこのピンの外周部との密着度が低くなって剛性が低くなること、
を特徴とする車両の防振装置。

【請求項4】
 
請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載の車両の防振装置において、
前記ゴムの内周部又は前記ピンの外周部のいずれか一方には、突起状の抜け止め部が形成されていること、
を特徴とする車両の防振装置。

【請求項5】
 
振動の伝達と衝撃とを緩和する緩衝ゴムを有する車両の防振装置であって、
前記緩衝ゴムは、外筒の内周部とゴム筒の外周部とが一体となって接合し、ピンの外周部とこのゴム筒の内周部との間が接着されているとともに、このゴム筒に空隙部が形成されており、
前記緩衝ゴムは、前記ゴム筒と前記ピンとの相対振動の振動周波数が低いときには、前記空隙部の密着度が高くなって剛性が高くなり、前記ゴム筒と前記ピンとの相対振動の振動周波数が高いときには、前記空隙部の密着度が低くなって剛性が低くなること、
を特徴とする車両の防振装置。

【請求項6】
 
振動の伝達と衝撃とを緩和する緩衝ゴムを有する車両の防振装置であって、
前記緩衝ゴムは、外筒の内周部とゴム筒の外周部とが一体となって接合し、ピンの外周部とこのゴム筒の内周部との間が接着されているとともに、このゴム筒に空隙部が形成されており、
前記緩衝ゴムは、加振力を受けたときの前記ゴム筒と前記ピンとの相対変位が大きいときには、前記空隙部の密着度が高くなって剛性が高くなり、加振力を受けたときの前記ゴム筒と前記ピンとの相対変位が小さいときには、前記空隙部の密着度が低くなって剛性が低くなること、
を特徴とする車両の防振装置。

【請求項7】
 
振動の伝達と衝撃とを緩和する緩衝ゴムを有する車両の防振装置であって、
前記緩衝ゴムは、外筒の内周部とゴム筒の外周部とが一体となって接合し、ピンの外周部とこのゴム筒の内周部との間が接着されているとともに、このゴム筒に空隙部が形成されており、
前記緩衝ゴムは、前記ゴム筒と前記ピンとの相対振動の振幅が大きいときには、前記空隙部の密着度が高くなって剛性が高くなり、前記ゴム筒と前記ピンとの相対振動の振幅が小さいときには、前記空隙部の密着度が低くなって剛性が低くなること、
を特徴とする車両の防振装置。

【請求項8】
 
請求項1から請求項7までのいずれか1項に記載の車両の防振装置において、
前記緩衝ゴムは、前記車両が鉄道車両であるときにこの鉄道車両の車体と台車とを連結する連結部材に使用されること、
を特徴とする車両の防振装置。

【請求項9】
 
請求項8に記載の車両の防振装置において、
前記緩衝ゴムは、前記車体と前記台車とを連結するけん引装置及び/又はヨーダンパ装置に使用されること、
を特徴とする車両の防振装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005334939thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close